介護事務と医療事務はどう違うのか

介護や医療の現場で活躍する職業には様々な種類がありますが、非常に似た職業も多いのが実情です。

その中でも特に間違えやすい、介護事務と医療事務の違いについてまとめています。

介護事務と医療事務の違いは

介護事務とは、主に介護事業の運営に必要な介護報酬請求業務、いわゆるレセプト作成を担う仕事です。そのほかの事務作業全般のほかに、受付や電話応対、ヘルパーさんのシフト管理や備品管理とチェックなど事務以外の作業もあります。

職場は在宅介護サービスを行う民間企業や老人保健施設、特別養護老人ホーム、訪問介護ステーションなど介護に携わる仕事場です。医療事務とは、同じくレセプト作成がメインの仕事ですが、レセプト書類の内容が医師が診療した診療報酬の請求である、という違いがあります。

また、レセプト業務のほかに、患者の応対などの接客業も担っているところは介護事務と似ています。職場は病院や歯科医院など医療に携わる仕事場です。

介護事務も医療事務も年齢に関係なく働くことのできる職種で、女性に人気があります。勤務形態も正社員だけでなく、アルバイトやパートなど幅広いです。特に介護事務は超高齢化社会で需要も大きいと言えます。働くうえで資格は必ずしも必要ではありませんが、民間企業が認定する資格が存在します。

専門機関の講座を受講したり、通信教育で学ぶことができます。資格取得は就職に有利に働き、自分の自信やスキルアップにもつながります。

医療事務と介護事務の違いはどんなところか

医療事務の仕事は、受付や会計などの病院の窓口として患者と接するのが仕事になります。事務の仕事として、レセプトを作成する仕事があります。

介護事務の仕事は、介護現場での事務が仕事になります。医療事務と同じく受付や会計などの窓口業務やレセプト作成なが基本の仕事です。この二つの仕事の違いは、一つに働く場所の違いがあります。医療事務は病院で働き、介護事務は介護施設で働きます。

二つ目の違いは、介護事務に介護保険制度があるところです。介護費用の九割は、税金や保険料でまかなわれています。そして、残りの一割が利用者の自己負担です。この計算を正しく行い、介護報酬の請求を行っているのが介護事務の特徴です。この計算を行っている立場として、事業所や介護施設の運営にも深く関わる仕事です。

医療事務と介護事務の大きな違いとしては、この二点となります。介護事務の方が多少特別な知識が必要のため、資格を取るのが難しくなります。どちらの仕事も意識しておくことは、報酬請求の事務を正確に行うことが大事になります。

患者や利用者の窓口としてしっかりコミュニケーションを取り、不快な思いをさせない気配りが必要になってきます。どちらの仕事もこの先は、増えていく一方なので安定して働くことができます。

介護事務と医療事務の給料の比較

近年介護事務と、医療事務が注目を集めていますが給料はそれほど大差はないようです。介護事務の場合は施設や地域によって多少ばらつきがあります。また雇用体制、勤務時間によっても給料体制は違います。

正社員の場合は月収16~20万前後で年収にすれば250~300万です。これは一般的な事務員に比べて専門性があるため、少し高めになっています。またパートや、派遣の場合は時勤務時間、勤務日数によって違いますが、時給の相場は850円からとなっています。

しかし多くの介護施設ではケアマネージャー・介護福祉士が介護事務を兼任している場合あるので、その場合の年収は、介護福祉士年収350万前後、ケアマネージャー400万前後と同額になっています。また施設によっては手当てがつく場合もあります。

一方医療事務の場合は正社員の場合には高卒と大卒で給料の面に違いがあります。また歯科医院か一般的な病院かによっても変わってきます。正社員の場合には高卒で月収15万前後、大卒で18万前後となっており、決して高いとは言えません。また派遣やパートでも時給850円からとなっています。

ただ医療事務の場合には長く勤務すると、勤務年数によって給料はステップアップします。

楽をしては結果を残せない介護事務

仕事は量が増えると必要な時間も増加しますし、簡単な仕事は誰もが求めますから、楽をする目的で簡単な方に集中すると、介護事務の仕事に偏りが発生します。楽な仕事で収入が得られれば、誰にとっても簡単な仕事になるので、資格は不要で専門性は低下しますし、介護事務の重要性も失われます。

介護事務は重要な仕事なので、楽な仕事は多くありませんから、それぞれの仕事を終わらせる事が介護事務の役割ですし、集中して取り組み時間を最小限に抑える事が大切です。仕事以外の事に意識が向いたり、集中出来ない環境での仕事は前に進みませんし、楽をしたいと考えていても仕事は終わりませんから、時間短縮の工夫を行う事が楽な結果を導く近道です。

無駄な労力は介護事務でも発生しますから、効率を高めて介護事務の無駄を省く事が役立ち、難しい作業は単純化が効果的な方法なので、分割して作業を進める事が役立ちます。

役割を分担して進める事も大切なので、得意な内容を割り振る事も責任者に求められますし、協力して進める事が出来れば全体の効率はアップしますから、それぞれの努力と共に全体の管理を行う立場の能力が問われ、能力が十分であれば効果的な仕事の実現に繋がります。

目標を持って介護事務の就職

目標が無ければ努力を続ける事は難しく、ストレスが溜まる介護事務は継続が大切ですから、長期の目標と短期的な通過点を決める事によって、毎日の介護事務を仕事として続ける事が出来ます。

収入が得られる事で仕事に価値はありますし、生活を安定させるための労働なので、小さな不満が有っても言う事は難しいですから、大切な事は目標を見失わずに介護事務で能力を高める事です。

能力を高めて更に必要とされる様になれば、仕事のチャンスは増加して任せられる事が多くなりますから、責任は増加して負担も増しますが、目標に向かって前進する事が大切です。介護事務の仕事だけではなく、範囲を拡大して介護事務の経験は活かせますし、より条件の良い仕事に転職する事も実現するので、諦めずに目標を目指し続けます。

努力次第で結果は生まれますし、介護事務の仕事で成長の機会はあるので、役立つ仕事を優先的に行う事が出来れば、価値を高めて魅力ある人材になります。

出来る事を一つずつ増やす事も大切なので、資格を学び学習すると成長になりますから、出来る事が増えると自信に繋がりますし、成長を実感して次に向かう事が出来る様になり、更に高い所へ向かう事が可能になります。