介護事務の資格を取得するために講座に通う

介護事務は資格がなければ働くことが出来ないという訳ではありませんが、やはり資格取得者の方が優遇されます。

ここでは介護事務の資格を取得するために講座に通うことについてまとめています。

介護事務の資格を通学や通信講座でとろう

4人に1人が高齢者という超高齢化社会の中で、介護業界のニーズはとても大きくなっています。介護に携わる職種のひとつに、介護事務があります。介護事務はの仕事は、介護報酬の請求書類を作成するレセプト業務をメインに、ケアマネージャーの施設運営のサポートややヘルパーのシフト管理、受付、電話対応の他事務作業全般を担っています。

職場は老人保健施設や訪問介護ステーション、デイサービスセンターなど多岐にわたります。介護事務の仕事は年齢に関係なく働くことができ、正社員からパートやアルバイトまで勤務形態が幅広いことで女性には人気の職種です。働くうえでの資格は必ずしも必要ではありません。しかし介護の知識をもつことは、現場での様々なニーズに対応できます。

民間企業が認定する資格試験の勉強は、専門機関の講座を受講したり、通信教育講座で行うことができます。通学で学ぶなら、疑問をすぐ解決できたり、同じ目標を持った仲間とモチベーションを上げることができるところがメリットです。

通信教育で学ぶなら、自分の都合のいい時間に勉強ができ、通学より費用が安くすむことがメリットといえます。どちらも資格取得のために効率よく短期間で学べるような講座になっているので、自分に合った講座を選ぶことをおすすめします。

通学や通信講座で受講可能な介護事務の資格

4人に1人が高齢者といわれる超高齢化社会の現代では、介護業界のニーズが高まっています。老人ホームやデイサービス、訪問看護ステーションなど介護事業サービスも多岐にわたっています。
介護職の中に介護事務という職業があります。

介護事務は、介護事業を運営する際の事務作業全般を行う仕事です。その中でもレセプト作成が主な仕事です。

レセプトとは、介護サービスを利用した人に報酬を請求する書類のことです。この書類作成には専門的な知識が必要です。介護事務になるには必ずしも資格が必要ではありませんが、民間団体が認める認定資格を取得している人は、介護報酬請求業務の確かなスキルを持っていることの証明になります。

資格取得には、専門機関の通学講座や通信講座の利用がおすすめです。認定資格はいくつか存在し、最短3日間の通学で受講できるものや、テキストを見ながら在宅で受験できるものもあります。わかりやすいテキストで、短時間のうちに効率よく勉強できます。

介護サービスの利用者が増えているということは、レセプト作成の知識がある人が多く必要になってくるということなので、資格取得は就職や転職の際に有利です。家事や育児と両立しやすい職業として女性に人気もありますので、資格取得はおすすめです。

介護事務の仕事と短期講座について

介護事務は介護施設において事務作業を行う職業のことを言います。介護施設といっても老人保健施設や、老人福祉施設、有料老人ホームなどたくさんの種類があります。そのため、介護事務は多くの職場で必要になる仕事です。これからも高齢者は増えていくことになるため、需要はさらに大きくなっていくことが予想されます。

介護事務の仕事に資格は必要ありませんが、専門的な知識が求められることも多いため、事前に勉強しておくほうがいいですし、就職の際にも有利になります。資格は民間資格のため複数の資格があります。もっとも簡単に取得する方法は通信講座の短期講座を利用する方法です。

短期講座を利用すると4ヶ月程度の期間で介護事務に必要な知識を学ぶことが可能です。専門性が必要なこととしては介護報酬請求業務が上げられます。いわゆるレセプトの作成というもので、介護保険サービスを提供したものに関して国に金額を請求する作業になります。

レセプトの作成には正確性が必要になります。書類に不備がある場合には診療報酬がもらえない場合があるからです。その点では責任が重い仕事ということが出来ます。しかし、業務内容は繰り返し行っていくことで覚えることが出来るので不安になりすぎずに働いてみることが大事です。

介護事務の通学講座について

介護事務は今までは医療事務と比べると求人数が少ない傾向にあり、資格をとったとしても就業面でなかなか活かすことができないのではないかといわれてきました。しかし、近年平均寿命の上昇や高齢者の増加により高齢社会が進みにつれ、介護デイサービスを提供する企業や介護施設の需要が高まるにつれ、スタッフの人手不足という現象が起こっています。

介護事務資格を取るなら今がベストです。介護事務講座は従来の通学講座や通信講座の他、インターネットを使用した新しい講座も登場しています。通学する時間がとれない場合に、通信講座やweb講座は重宝しますが、通学講座には直接講師の方から授業を受けることになるので、わからないことはその場で質問して解決できるなどのメリットも存在します。

受講期間は一か月半と短いので教室に通わなくてはならないといっても負担に感じることは少ないでしょう。通学講座は医療事務の通信講座などで有名なニチイなどで開講されています。難易度の高いレセプトや介護保険の学習の仕方などのアドバイスも受けることが出来ます。

もし、仕事や学校のスケジュールや家庭の事情で教室に通うのが難しい場合は通信やweb講座に鞍替えできるのも便利ですね。

日本医療事務協会の介護事務の通信・通学講座

日本医療事務協会の介護事務講座には、通信講座と通学講座の二つのコースが用意されています。通学講座では介護事務を現場で生かせるスキルを短時間で学べるようになっています。現場で活かせる専門スキル「必要な介護保険の概要」「請求事務(居宅)・(施設)」のレセプト作成を3日間(18時間)をしっかりと学べます。

授業では講義と実習を繰り返すことにより基礎から応用まで学べます。また請求事務のノウハウを様々なモデルケースを通して実践的な技術が身につくように、工夫されています。

講座修了後には「介護報酬請求事務技能試験」に挑戦しています。試験では教科書を見ながら行うので、暗記の必要がないため80パーセントという高い合格率を出しています。

通信講座の標準学習期間は約ひと月で、初心者にもわかりやすいようポイントがまとまられ短時間で介護事務が学べるようになっています。また専任講師が教材作成から課題の添削・質疑応答まで行っているので。一人一人のレベルに合わせて学習が進められるようになっています。

また自宅が試験会場となっており、試験も毎月実施されています。こちらも通学講座と同様80パーセント台という高い合格率を出しています。このように日本医療事務協会では、通信でも通学でも短期間で介護事務の資格が取れるよう工夫されていますし、高い合格率を出しています。