介護事務は未経験でも就職可能なのか

医療、介護の現場で働く仕事の場合、専門職であるイメージが強く、未経験で働くのは厳しいと考えている人も多いのではないでしょうか。

その中で、介護事務は資格が必ずしも必要ではない資格ですが、未経験での就職は可能なのでしょうか。

介護事務は未経験でも就職可能です

介護事務の仕事は未経験でも就職する事が可能です。介護事務管理士という資格が存在しますが、その資格が無ければ働く事が出来ないという訳ではありません。

しかし、介護業界には専門的な用語も多数ありますし、一般的な事務との違いもありますので、介護事務管理士の資格を持っている事で採用する側も雇用しやすいので、介護事務の就職先を探している方はこの資格を持っていた方が有利でしょう。

介護事務の仕事が未経験の方は実際の仕事内容が事務仕事だけだと勘違いをしている方がいらっしゃいますが、就職先によっては事務仕事以外の仕事も行う事があります。介護請求業務という事務仕事がメインの仕事になりますが、その他にヘルパーさんの勤務管理や来客の応対や雑用など、事務仕事以外にも様々な仕事をする事もあります。

どの様な仕事をするのかは、就職先によって違いますが、面接時に具体的な仕事内容を確認しておく事はとても大切な事です。特に未経験の場合、介護業界の事も全く解らない状態で就職するので、介護業界では当たり前だと思われている事も自分にとっては当たり前でないこともあります。

特に就業時間や残業の有無などについては各施設によって大きく違いがありますので、事前に確認しておく事をおすすめします。

未経験でもやる気がある志望動機ならできる介護事務

専業主婦にとって、再就職はそう簡単ではありません。ブランクや、家庭の事情など、複雑に絡み合っているので、憧れの職業だからと簡単に仕事には就けません。

周りを取り巻く環境をよく考えてから就職活動しないと、成功するものも失敗に終わります。家事と仕事を両立するには、働きやすい仕事が一番です。人材が豊富に求められる業界で、しかも、柔軟に時間配分ができる仕事がおすすめです。

そこで、注目なのが、福祉や介護の仕事です。激務で、人材流出が多い業界のイメージですが、決してそんなことはありません。今後益々人材不足が叫ばれる業界なので、人材確保に躍起です。

介護業界は、即戦力になって、やりがいのある仕事です。せっかく仕事をするなら、資格をとってから仕事に就きませんか。資格さえあれば介護が未経験でも採用の可能性が高まります。これから、資格の勉強をするなら、介護事務の資格はいかがでしょう。

介護事業所の元を支える仕事です。周りのスタッフが働きやすいように気配りが必要なので、未経験でも、主婦感覚が活かせます。志望動機は、自分を活かせる仕事や、やりがいがある仕事をしたいなどの志望動機で十分です。

介護事務は、通信でも取得可能な資格です。年齢に関係なく活かせる資格なので、資格を探しているなら介護事務がお勧めです。

履歴書を書いて介護事務の求職

履歴書は社会人にとって必須の知識ですし、無駄なく必要な情報を書き込む必要があるので、介護事務の仕事も求人情報は限られますから、同じ内容で複数の履歴書を書く必要性が出て来ます。

介護事務の仕事も正直である事が大切ですから、履歴書は間違いの無い事は大切なので、文字や内容の違いを把握する必要がありますし、嘘を含めない事が介護事務の仕事に繋がります。

面接を行うスタッフの視点から考える事によって、介護事務で求められる人材の人物像が理解出来ますし、履歴書の書き方からも人の特徴が分かる切っ掛けになりますから、読む人を考えた履歴書の構築が面接で効果を発揮します。

受け答えも介護事務の人材として欠かせず、コミュニケーションが能力の一つとして評価されますから、親しみ易さや質問の捉え方も参考になりますし、面接で分析される要素になります。

積極的に求人の情報を入手したり、応募を行い介護事務の仕事に挑戦する事は、前向きな行動として評価されますが、失敗を繰り返しても学ばなければ仕事に結び付きませんし、間違いを正す事が実現に繋がります。

書類の間違いだけでは無くて、面接の捉え方が原因になる事はありますし、指摘される機会がない事が就職を決定できない可能性として存在します。

履歴書の審査と志望動機で介護事務の面接を受ける

面接の履歴書審査は基本的な情報の把握として行われますし、履歴書を参考に質問が考えられますから、介護事務で欠かせない人物の特徴を知る事に役立つので、面接官にとって欠かせない情報源の一つです。

介護事務の仕事に対する志望動機も、質問としては一般的ですから、求人に応募する場合は備える事が必要ですし、的確な回答を行える事は評価でプラスに働きます。

志望動機が面接官に響く内容であれば、介護事務で共に働ける人材かを評価する事に繋がりますし、履歴書の情報に不足がなければ前向きな採用が考えられますから、相手の心理を活かした志望動機が就職に役立ちます。

受け答えの行い方次第で、印象は大きく変わる可能性があるので、質問の内容を良く理解する事が介護事務の面接でも同様であり、履歴書の内容が完璧であっても志望動機が不採用に結び付く事はあります。

小さな判断ミスが大きな問題に繋がりますし、仕事の現場ではミスを減らす事が大切ですから、履歴書に限らず面接で心掛ける必要があるので、仕事の責任が大きい程面接の厳しさが高まります。

介護事務は簡単な仕事ではありませんから、間違いを起こさない事が重要なので、審査基準は厳しくなりますし、慣れない場面での受け答えが相手に印象を与える事に注意します。

介護事務の業務内容は多岐にわたります

介護事務の業務内容は主に介護に関する事務残飯になりますが、主な仕事は介護報酬請求事務になります。現行の介護保険制度では国や自治体が9割・利用者が1割負担っており、実際に行われたサービスの利用に基づいて、国や自治体、利用者の負担額の計算を行います。

介護報酬は金額や内容は地域によって異なり、また介護サービスの種類や回数によっても金額が違うので、制度を正しく理解して請求業務を行うことになるのです。

他にも介護事務の業務内容は施設の新規利用者の受付・電話の応対・サービスや手続きの説明、利用者からのサービス利用料の受領といった受付・会計業務、または帳簿の管理、売り上げの計上・予算の編成などの経理事務も任される場合もあるのです。

またヘルパーの勤怠管理や、給料の計算、連絡調整といったスタッフの管理、ケアマネージャーのサポートも重要な業務の一つです。

そして介護用品や備品の購入管理。国や自治体、他の事業者、医療機関などの関係機関の連絡調整、各書類の取りまとめといった庶務作業も行います。さらに利用者に代わり、自治体に要介護者の認定手続きを代行する場合もあります。

このように介護事務の業務内容は多岐にわたり、特にシステムが複雑な介護報酬請求事務に関しては専門の知識が必要とされています。

日々の現場で介護事務の仕事を覚える

仕事を覚える事は簡単ではないので、直ぐに一流のプロを実現する事は出来ませんから、毎日の経験が積み重ねになりますし、日々の仕事から成長する事が介護事務の現場で求められます。

介護事務はそれぞれの働きが仕事に必要ですし、現場は責任を持って役割を果たしますから、経験者は責任の重さが違うので、緊張感を持って介護事務の業務が行われます。

現場の状況を把握する事も、介護事務のスタッフに求められますし、正しく把握してフォローする事も大切ですから、チームワークに参加出来る人材としての成長が必要です。困ったスタッフを助ける事が出来れば、応用力がある人材として評価されるので、現場で役立つ仲間と認められますし、介護事務の仕事で重要な仕事が任される様になります。

就職の直後は小さな仕事が主な内容ですから、急に責任が重くなる事はありませんが、積み重ねと積極的に学ぶ姿勢を持つ事によって、任せられる仕事の重みが増加します。

人手が足りない介護事務であれば、仕事の割り振りは限られたスタッフに行われるので、新人であっても数の増加や重みが増す可能性はありますし、対応出来る能力があると判断された結果ですから、集中して対応する事で乗り切ると成長出来ます。