介護事務の離職率はどれくらいなのか

医療の現場、そして介護の現場はおそらく皆さんが思っている通りのイメージで、過酷な為離職率が比較的に高くなってしまいます。

ここではその中でも離職率が高いといわれている、介護事務の離職率について詳しくまとめています。

介護事務だけなら離職率は低いが

介護事務はとても大変な仕事だと思う人もいるはずですが、その場合は介護職員のことをイメージしているのです。介護事務はヘルパーとは違いますので、お年寄りの世話などをすることもなく、普通の企業の事務職とそれほど大差はないのです。

ですので体力も必要とはされないので、離職率もそれほど高くもなく、むしろ低いのです。しかし、介護事務の仕事というのは給与はそれほど高い仕事ではありませんので、就職しても転職を考える人も少なくはないのが実態です。

では介護職員はというと、こちらは大変な仕事です。離職率が他の業種と比較して高いことがしばしば問題とされています。人と接することが嫌いではない人でも、身体が不自由な人、精神的に問題がある人と接することは決して楽なことではなく、むしろ大変な職業なのです。

そのため身体を壊す人もいますし、心も疲れるのです。それなのにお給与は決して高くはありませんので、離職率が高いのは仕方のないことなのです。その結果、介護職員は人手不足の状態があるのですが、これは社会的な問題です。

いつかは誰もがお世話になるかも知れないですので、他人事ではなく、皆で真剣にこの問題について考える必要があるのです。

介護事務は基本的に土日は休み

介護事務の仕事は事務職なので、基本土曜・日曜日はお休みのところが多いです。その理由は介護施設と関連する他の器官である、病院介護福祉施設・役所などが休みで、担当者が不在のため連絡がつかないからです。ですからそれに合わせてる方が効率よく施設を運営することが出来るからです。

とは言え介護事務の主な仕事は介護保険請求事務で、月末にその月の介護サービスをまとめて算出をして、月初めにレセプトの作成や点検を行うというパターンを毎月繰り返しています。ですからその月末・月初めに業務が集中ししているので、休日を返上して介護報酬請求業務を行うところが多いのです。

特に年末年始や5月のゴールデンウイークには介護報酬請求業務の一番忙しい時期に重なるため、ゆっくりと休むのは難しい施設が多いのです。この辺が一般の事務職員とは違うところなのです。しかし計画的に普段から仕事をこなしていれば、連休を取ることはさほど難しくないようです。

しかし施設によって介護事務職員はケアマネージャーや介護福祉士と兼任してしている施設もあるので、土日が休みとは一概には言えません。ただ事務の仕事が休みであって、福祉の仕事には土曜・日曜などは関係がないからです。

役に立つ習慣で介護事務の仕事

仕事を続ける為の努力が必要ですし、役に立つ習慣を取り入れると毎日を健康に過ごせますから、介護事務を続ける為の健康が財産になるので、健康維持を楽しく維持出来る役に立つ知識を活用します。

体力も必要な介護事務は、体力維持が欠かせ無い習慣になりますし、休日は億劫であっても動く事がリフレッシュに繋がるので、前向きに活動出来る為の維持が重要です。

介護事務の仕事も体調の悪化は影響が大きいですから、長期化する体調の変化は迷惑を掛けますし、不摂生が原因であれば問題は特定されるので、事前に問題の発生となるリスクを減らす事が大切です。

運動は疲れる事が避けられませんし、得られる物が小さければ長続きしませんから、目標と共に報酬を決める事も役に立つ方法なので、充実した介護事務を続ける為の工夫を大切にします。

夜更かしを避ける事も基本的な事ですし、体調に合わせた睡眠時間や習慣が介護事務の仕事と共に大切なので、無理なく続けられる為の計画が重要であり、体の変化を記録する習慣も役に立つ方法です。

介護事務としてだけではなく、人間として考えた場合も重要な事ですから、健康であれば疲れやストレスに対抗出来ますから、充実した毎日を実現する事が可能になります。

夜勤を見据えた介護事務の就職

能力には個人差がありますし、慣れない仕事はストレスになりますから、夜勤がある仕事は体力が重要なので、長期的に続けられる素質が重要です。

介護事務も仕事によっては夜勤が発生しますから、生活のリズムは乱れる可能性がありますし、健康的な生活を続ける為には高い意識が重要なので、健康を守る為の体調管理が介護事務で必要になります。

夜勤は必要とされる仕事の方法ですし、職業によっては避ける事が難しいので、就職前に確認して覚悟を決める必要がありますから、納得して介護事務の仕事を得る事が大切です。

体調を崩してしまうと仕事が出来ませんから、重要な仕事を任せられるチャンスを失いますし、継続して経験を積み重ねる事が出来なくなると、介護事務の仕事で収入を増加させる事が難しくなります。

仕事は夜勤に限らず負担が大きくなる事は珍しくありませんから、出来る範囲で状態を保ち仕事に臨む事が重要で、前日の状態が夜勤に影響する事はありますし、夜更かしや睡眠不足は翌日に響きます。

介護事務で求められる人材も、仕事が順調に行える人材ですし、体調管理と計画性が欠かせませんから、持てる能力と経験を発揮出来る事が介護事務の現場に必要な人材になります。

介護事務の必要性について

これからますます加速する高齢化社会於いて、介護福祉のサービスが絶対不可欠です。需要に応じた供給を満たすべく、ますます多くの介護サービスを提供する事業所が増えていく事が予想されます。

こうした介護サービスの多くは介護保険を使って提供されるのですが、この介護保険の請求業務はそれなりの知識が無いと出来ない専門的な仕事になります。介護サービスの事業所が増えれば増えるだけ、介護事務のできる人材の需要と必要性が高まるのです。

介護事務は年齢に関係なく働ける仕事でもあり、また結婚や出産で仕事を離れても復職もしやすいですので、女性にも大変人気のある職業となっています。

人気の介護事務の仕事に就くにはどうしたらよいかと言うと、資格は持っていなくとも就職する事は決して不可能ではありません。ただ、一般的にはそれなりの知識やスキルが無いと採用してもらう事はまずあり得ないでしょう。

今では短期で資格取得ができるスクールや通信教育なども多いので、こうしたスクールや教材を利用して資格を取得しておく事が有利といえます。資格の取得さえあれば、経験が無くとも採用率は大幅にアップするのです。

身につけるべき、介護保険やその他の知識はかなり多いですが、これらの知識は単に資格取得の為だけでなく、幅広い介護の業界の現状や動向を知る上でも必要性が高いと言えます。介護事務の仕事に留まらず、より幅広く活躍できる可能性も広がるのです。