介護事務の資格の種類と難しさについて

介護の現場は非常に人員不足であり、どんな職業であっても需要が高まっています。

その中でも介護事務は特に求められている職業なのですが、ここでは介護事務の資格の種類と難しさについてまとめています。

介護事務の資格取得について

事務仕事の人気は男女ともにかなり高いものであると言われています。しかし、一概に事務仕事と言ってもかなり多くの数が有りそれぞれ性質が異なるものなので、近年特に需要が高まってきていると言われている介護事務の資格取得について記します。

まず、その職に就くためには資格試験を突破しなければならず、またその試験も決して簡単なものではないとされています。よっぽど要領のいい人なら一ヶ月足らずで合格してしまう人もいるかもしれません。しかし、多くの人はそれを取得までの勉強時間は2~6ヶ月ほどであるとされています。

もちろん、受験を繰り返しても取得することができず、何年も受験している人も多いです。ですので、もし受験を考えていて、確実にかつ最短に取得したいと考えているのならば、独学はできるだけ避け何らかの講座を受講することをお勧め致します。

この場合、大手で有名な資格講座であり、かつ介護事務の講座であればなんでも言っていいでしょう。小さな、あまり有名ではない会社の講座を受講することは、口コミも少なく本当に正しい情報なのか判断することが難しいので避けておくことが無難です。

たしかに介護事務という資格は簡単な資格ではありませんが、しっかりとすべての範囲を勉強し頭に入れて、試験の傾向をつかむことができたのならば、決して難しい試験ではありませんので、興味があるのならば受験してみることをお勧め致します。

介護事務は国家資格ではなく民間の資格です

高齢者の介護の問題はこれからの将来、とても重要な社会的な課題となっていきます。そのため、将来的に介護に関係する職種のニーズはどんどんと高まっていくことが予想されます。介護を専門に行う資格にはいくつかの種類がありますが、介護事務もまた介護を行っていくうえでとても大事な資格となっています。

介護関係の資格の多くは国家資格であり、それを取得するためには特定の受験資格を満たしている必要がありますが、介護事務の場合、特定の受験資格というものはありません。介護事務の資格は国家資格ではないからです。そのため、資格の取得をするためには多少の努力は必要ですが、無理をすることなく場合によっては独学でも資格の取得を目指すことができます。

介護の問題としてとても大きいのが高齢者の介護にかかる費用のことですが、この費用の何割かを国が負担してくれる制度として介護保険の制度があります。この介護保険はその手続きが非常に複雑なことから、専門的な知識を持った人材が不足しています。

そのため、多くの介護の現場では介護保険に関しての知識を持った人材が求められています。介護事務の資格は各民間団体ごとにそれぞれ個別の資格として認定しているため、自分にあった団体の資格の取得を目指すようにしましょう。

介護事務の資格の種類について

一口に介護事務といっても、様々な種類があります。主な種類は「ケアクラーク」「介護事務管理士」「介護事務実務士」「介護保険事務管理士」などです。

ケアクラークは「日本医療教育財団」が試験を実施して認定を行っている資格で、公的な扱いとなっています。試験は年6回行われ、合格することで取得が出来ます。受験資格は得になく、難易度もそれほど高くないので、比較的短時間で取得できる資格の一つです。

介護事務管理士は「技能認定振興協会」が認定しているもので、学科と実技で合格すると取得できます。こちらも受験資格はないので、独学での取得も可能となっています。介護事務実務士はNPO法人「医療福祉情報実務能力協会」が認定するものです。

同協会の実施する試験に合格するか、または指定校で所定のカリキュラムを習得することで取れることになっています。介護保険事務管理士は一般財団法人「日本病院管理教育協会」が認定するものです。

取得するためには同協会の教育指定校に入学し、介護保険に必要な専門知識を学び単位を修得したうえで、年2回行われる認定試験に合格し、教会に対して資格の認定申請をすることによって、取得することが出来ます。このように介護事務にも講座を受けるものから、大学や専門学校へ通学して取るものまで様々です。

介護事務の資格の勉強は本などを参考に

介護事務とは、介護サービスにかかる費用の請求業務が主な仕事です。2000年の4月に介護保険が導入され、介護サービスの費用は本人が1割負担して、残りの9割は自治体や国が負担します。この9割を自治体や国に請求するのですが、その為の請求書を作成する事が主な仕事です。

事務所の売り上げや経費の計算、ヘルパーさんの勤務管理などの事務処理全般を行います。介護事務の仕事は、裏方として活躍出来る仕事であり、介護請求と言う重要な役割もあるので、やりがいのある仕事です。ケアクラークや介護事務管理士、介護事務実務士という資格があります。

仕事場としては、介護訪問やデイサービスなどを展開している介護サービス施設、介護老人保健施設などです。働き方としては、いきなり正社員になるのは難しい為に、派遣社員かパートからの出発になるのではないでしょうか。

その介護事務には資格が必要で、資格を取得するには本などで勉強する必要があります。また、通信講座もありますので、利用して見てはいかがでしょうか。さらに、いくつかも資格を取得する事で、仕事の役割が増えるので活躍が広がります。ケアマネージャーや介護福祉士などと、一緒に取得しておくと就職に有利になるでしょう。

介護事務の資格を取るのは難しい?

介護の仕事は、今最も注目を浴びている仕事だといわれています。高齢化社会が進み、介護者は増える一方であることから、介護関連の職業は将来的な安定と需要のある仕事です。特に介護事務の仕事は、2000年にできたばかりの新しい仕事なので、資格受験者も多くなっています。

介護事務とは、介護報酬請求事務を中心とした事務全般の作業を行い、受付業務などの接客も行います。病院や介護サービス施設、老人ホームなどの医療機関や福祉関係の施設で就職することができます。保険会社や介護システムの企業からも人材が求められることがあるので、幅広く活躍することができるでしょう。

介護事務の仕事に就くには、「介護事務管理士技能認定試験」に合格しなければなりません。「介護事務管理士技能認定試験」は、2ヶ月に一度のペースで試験が開催されているので、忙しい人でも受験しやすい資格になります。

受験内容は難しいと思われがちですが、合格率は約50%程度になっています。難しいといわれても、半分の人が合格していることになりますので、努力をすれば合格できる範囲でしょう。資格を取ることで、活躍できる仕事場も増えますし、転職や復職もしやすい仕事でしょう。

認定する団体によって名称が異なる介護事務の資格

介護サービスを利用する高齢者にとって頭の痛い問題なのが、介護サービスにかかる費用です。そのため、国では介護サービスを利用する高齢者の経済的な負担を軽減させるための措置として介護保険という制度を施行しています。

この介護保険制度では介護サービスにかかった費用の大部分を国が負担してくれますが、実際にこの制度を利用するためには介護報酬を請求する業務というものがとても重要となってきます。

そこで介護サービスを運営していく上で必要不可欠な人材として介護事務の資格を持った人が注目されています。介護事務の資格は国が認定しているのではなく、民間団体が認定をしている資格となっていますが、そのため同じ介護事務の資格であっても認定する団体によってそれぞれ名称が異なっています。

しかし、名称は異なってはいますが、介護事務の仕事というのは介護の現場で介護報酬を請求するという点で共通しており、仕事の内容に違いがあるわけではありません。

介護事務はこれまで介護の仕事の経験のない人でも取得を目指すことが可能なので、これから介護サービス関連の仕事に就いてみたいと考えているのであれば、資格取得を目指して勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

介護事務の資格取得のメリットは

介護事務の仕事は、年齢に関係なく働くことができ、勤務形態がアルバイトやパートなど幅広いため子育てや家事と両立しやすいと女性に人気の職業です。

近年の超高齢化社会において、介護事業は多岐にわたり、老人ホームや訪問看護ステーション、デイサービスなど介護施設も多様化していますし、介護サービスを必要とし利用する人が増えています。

介護サービスを利用した人には介護報酬が請求されます。この介護請求書類をレセプトといい、レセプト作成業務が介護事務の仕事の中で最も専門性の必要なものです。介護事務になるには、資格は特に必要ありませんが、民間団体が認める認定資格を取得した人は、介護報酬請求業務の確かなスキルを持っているという証明になります。

ですから、資格取得は就職や転職の際のメリットといえます。専門機関の講座を受講したり、通信講座で受講して認定試験を受けるのがおすすめです。通信講座なら、自宅でテキストを見ながら試験を受けられるものもあります。ですから難易度も高くないといえます。

現在介護職に就業しているひとがスキルアップのために取得することもあります。知識の幅が広がれば、利用者のさまざまな要望に対応できます。さまざまな分野を勉強することで仕事に役立つ、ということもメリットのひとつです。