介護事務の資格は独学でも取得可能か

介護事務の資格を取得するため通信講座や通えるスクール、専門学校などに通っている人も多いです。

しかし、費用を節約したいのであれば独学で取得した方が良いはずなのですが、介護事務の資格は独学で取得することが可能なのでしょうか。

介護事務の資格を独学で取るメリットとデメリット

介護事務の資格は独学で勉強をして取得する事も可能です。しかし、独学で勉強するにはメリットとデメリットの両方があります。メリットとデメリットの両方を理解して、自分に合った勉強方法を選択する様にしましょう。

メリットは、費用が小額で済むという点です。基本的には参考書代金以外は必要になりませんので、自分が勉強しやすい参考書を見つけて自分のペースで勉強を進める事が出来ます。どの参考書を選べば良いのか難しいところではありますが、自分の実力に合わせて参考書も変えていくと良いでしょう。

また、独学での勉強は自宅で勉強するので自分の都合の良い時間を有効に使う事が出来ます。スクールへの移動距離もありませんし、時間に縛られる事もありませんのでプライベートな予定との調整もしやすい点が大きなメリットです。

デメリットとしては、解らない部分を教えてくれる人がいないので自分で解決をしなくてはいけないという点です。介護事務の資格には専門的な難しい用語も出てきますし、介護事務は一般事務とは違い特殊な業務になりますので、初めて勉強をする人には理解しにくい部分もあります。

解らない部分をすぐに質問出来る人がいないという点は勉強を進めるにあたって妨げになる事もあります。独学では自分で勉強計画を立てなくてはいけませんし、モチベーションの維持も自分で行わなければいけません。必ず資格を取得するという決意を持って勉強をしないと途中で挫折してしまう事も考えられます。

介護事務として働くのに有利な資格とは

介護事務の資格だけで、介護事務の職に就くのはとても難しいことです。介護保険法の施行は平成12年からなので、制度自体は比較的新しく、サービス行為のコード化によって、はじめからコンピュータ運用で処理することを前提に作られています。

そのため、事務職の人でなくても、サービス内容がわかっていてコンピュータの入力ができる人なら、介護のレセプト自体は簡単に処理できます。そのため、他の有利な資格を合わせもっていたほうが、就職につながります。

まず、有利な資格が簿記です。福祉関係の会計処理は複雑です。特に、老人ホームと呼ばれるところは、介護保険関連のお金、利用者様の生活費、寄付金といったお金があります。また、施設内で提供するものによって、課税対象のもの、対象外のものとがあります。

これらをきちんと仕分けて、財政面の処理をすることが事務員に求められます。そのほか介護事務を行ううえで、ホームヘルパーや介護職員初任者研修のような資格もあったほうが有利です。

これも施設によって差があると思いますが、お昼どきなど介護職員が不足するときに、食事介助の手伝いを頼まれるかもしれませんし、施設内でのイベントを行うときにも事務のマンパワーが必要となります。

療養病床や介護老人保健施設のように医療行為も行うところであれば、医療事務と介護事務の両方の資格をもっていることが有利につながります。

介護事務は無資格でもできますがあった方が有利

介護事務の仕事は無資格ではできないのでしょうか。実際は資格がなければできない仕事ではなく、むしろ無資格の人の方が多いと言われています。ただし現場においては、普段は耳にしない介護保険制度に独特な用語や計算方法などがたくさん出てくるので、勉強して介護事務の資格を取得しておけば、スムーズに業務を進めることができます。

特に就職や転職に活かしたい人にとって、資格はあった方が便利です。雇う側があなたのスキルを測る目安となるからです。ただ資格を持っていても給与面で手当がつくなど優遇されることはあまりないようです。

多くの事業所では、専用のソフトを使っての介護報酬請求業務を行っています。事業所ごとに導入している介護システムを会得するまでには努力が必要です。この点では資格がある人もない人も同じ条件と言えます。

介護事務では他にも受付・電話応対・備品チェック・ヘルパーさんのシフト管理など、事務全般を担当します。資格がなくても過去の事務経験が買われることも少なくありません。ただやはり資格の有無で言えば有った方が有利なのは事実です。

取得には日本医療事務協会や民間機関が実施している通信講座やスクールで学ぶのが近道です。修了率や合格率、講座修了後のサポート体制、受講料なども比較しながら、自分に合ったところを選びましょう。

介護事務は簡単なのか? 事業所によって違う?

介護事務とは介護報酬請求業務を行う仕事です。介護保険制度が2000年からスタートしたことによって、介護事業の拡大とともに介護事務のニーズは高まっています。介護を受ける人は全体の1割の負担で各種介護サービスを受けることができます。

かかった費用の残りの9割は、国や市町村が払う事になり、介護事務はその請求のための事務であり、医療事務の介護保険担当とも言えます。その内容は、資料を見ながら行うことが多いので、慣れてしまえば簡単ですが、その時に必要なのがパソコンです。

現在は、あらゆるデータをパソコンに打ち込み、送信をすることがほとんどですから、パソコン操作が難しいと感じる方も多いでしょう。それさえクリアできれば、事務内容そのものは簡単だと言えます。また、介護事業所によっては、保険請求事務のほかに、受付や書類の管理や窓口業務などを担当することもあります。

高齢化社会に向けて、その需要は高くなっています。介護事務は資格取得が必要ですが、通信講座等を利用して勉強することも可能です。試験も会場だけではなく、自宅でそのまま受けることができるシステムもあります。ただ試験には費用もかかりますから、しっかり学習して、一度で合格かを目指して頑張りましょう。

介護事務の講座に関する口コミを参考にする

通信講座や学習の挑戦出来る機会は、貴重な時間や費用を費やして利用しますから、事前に口コミや介護事務の仕事で役立つ情報を得られる事によって、実際の利用を考える場合に役立ちます。

介護事務は専門性がありますし、口コミを活用して講座の質を知る事が重要ですから、必要に対して得られる結果を考える必要があり、実際に介護事務として働ける能力が身に付くかを検討します。

講座は質が良くても意欲がなければ身に付きませんし、口コミで評価が高くても内容が自らに合う必要があるので、学習に適した介護事務の講座を見付ける事によって、目標に向けた挑戦を行う事が出来ます。

仕事になる介護事務は簡単ではないので、ライバルよりも能力を磨いて高める事が必要ですし、口コミだけでは無くて実際の経験を行う事が大切ですから、足を踏み出して学習を始める事が求められます。

人材が豊富な事は様々な業界で重要ですし、能力に適した仕事と十分な収入が有る事は理想ですが、実際は適正な能力の評価が難しいので、平均以上の介護事務に役立つ能力向上が収入を左右します。挑戦は得られる結果があるので、真剣に学ぶ姿勢と継続を行う事が出来れば、社会的に役立てる存在としての価値を得られます。

講習受講で短期習得 介護事務

現代の超高齢化社会において、介護業界のニーズは著しく高くなっています。介護に携わる職業はさまざまありますが、年齢に関係なく働けることで女性に人気なのが介護事務職です。

介護事務の仕事内容は、主にレセプト作成や事務作業全般と受付や電話対応などの接客が加わります勤務形態も正社員からアルバイトやパートまで幅広く、それも人気の理由です。

介護事務で一番専門性が求められるレセプト作成は、介護報酬請求書類を作成する作業です。介護サービスを利用した人に介護報酬を請求する書類をレセプトと呼びます。サービスコード表という介護報酬を算定するための料金一覧表に基づき、その作業を行います。パソコン入力の技術も必要です。

介護事務の資格は民間団体が認める認定資格で取得できます。必ずしも資格がいる職業ではありませんが、知識を持つことは仕事の幅を広げ、就職や転職にも有利です。専門機関の通学講習や通信講座などで効率よく勉強することができます。実践スキルを短期間で学びたいなら通学で講習を受けるのがおすすめです。

働くことのできる職場は、訪問介護ステーションや老人ホーム、デイサービスなど、介護サービスも多岐わたっています。ですから幅広い知識を持つ人は需要も大きいです。