介護事務の就職率と年齢や学歴について

日本は現在高齢化社会と言われているくらいですので、介護や医療の現場はかなりの人員不足となっています。

ここではその中でも介護事務の就職率と年齢や学歴などについてまとめています。

介護事務の就職先は今後も増える見通し

介護事務というお仕事は介護保険関係の手続きや事務処理が中心となります。専門的な知識が必要となりますので、介護事務管理士の資格を持っている人が多いですし、ケアマネージャーの資格も一緒に取得しておく事でさらに就職に有利となります。

介護事務員としての就職先は、老人ホームはケアセンターや介護施設が多いです。女性が中心となって働く職場ですので、長く勤務する方が多いですし、基本的には事務作業ですので身体的負担も軽く、年をとっても働きやすい環境です。事務作業の他の受付対応や来客者の対応などを行う事もあります。

ケアマネージャーと兼任している場合には、入居者などコミュニケーションをとったり、介護サービスについて検討したりする事も多く人と接する機会が増えます。仕事の幅は広がりますので責任のある仕事を任せられる事も多くやりがいを見出す事も出来ます。

年々老人の数は増えていますので、今後も介護施設の建設は増加の一途を辿ると予想されます。介護施設が建設されれば必ず介護事務員の募集がありますので、介護事務員は今後も需要の増える職種でしょう。女性が多い職場で、経験も必要な職種ですので出産をしても職場復帰をする人も多いです。

介護事務の資格の就職率とは

介護事務の資格は主に介護施設などにおいてレセプトの作成に必要な知識を学ぶためのものです。実際の職場ではレセプト作成のほか受付業務、電話対応、スタッフのシフト管理および備品チェックなどの事務全般を行うことになりますが、年齢に関係なく働ける仕事であり、長く安定して働けるとして、特に女性に人気の職業です。

介護事務の資格を取得する方法としては、通信講座やスクールなどざまざまですが、選び方のポイントとしては、カリキュラムが実践に向いているものか、終了率や合格率の実績、教育訓練給付金制度に対応しているのか、資格取得後のサポートが充実しているか、などがあります特に教育訓練給付金制度に対応していれば、その給付金対象であれば最大で受講料の2割が給付されるメリットがあります。

介護事務を必要とする職場は介護施設などになりますが、その資格を活かした就職率は低めなのが実情です。介護施設での求人は現場スタッフが中心であるため、介護事務があるからといって就職率を上げるためのものではありません。

一方で、介護施設で働きながら取得する資格としては、比較的取りやすいため、昇給や事務職への異動などに役立てることができます。

志望動機の例文を活かして介護事務の就職

介護事務の仕事は需要が多い分野ですし、能力があれば面接を突破する事は可能ですが、より採用の確立を高める事が大切なので、志望動機を定める事により説得力を持ちます。例文は受け答えで参考に出来る資料になるので、志望動機を問われた場合に役立ちますし、介護事務で面接を受ける場合も正しく回答する事が求められますから、活用出来る情報を活かす事が役立ちます。

介護事務で就職する場合も、活動を行いチャンスを掴む必要がありますから、面接を避ける事は出来ませんし、質問に対応した例文が役立つ情報になります。

志望動機を明らかにする事が出来れば、仕事の目的や介護事務の目標が定められるので、雇用者が必要とする人材の条件であり、志望動機に限らず迷いなく回答できると印象が良くなります。

一般的な例文は代表例がありますし、内容に対して変化を付ける事も面接では必要なので、介護事務で仕事を得る為の努力は欠かせませんから、面接で結果を残す為の訓練を行います。

目的を持って仕事を行えば、将来に向かって進む事が可能になりますし、方向性が定まった人材は雇用者にとって欠かせない存在ですから、介護事務の現場で役立つ応用力の判断にも対応出来る技術が必要です。

年齢に関係なく活躍できる介護事務の仕事

介護事務の主な仕事は、介護保険請求業務になります。介護サービスを受けた人は、その費用を全額自分で負担をするのではなく、原則として国や地方自治体が90%を負担してくれることになっていますが、このような制度のことを介護保険制度といいます。

介護保険制度が施行されるようになったため、介護にかかる費用の自己負担率は大幅に軽減されることになりましたが、実際にこの介護保険制度を利用する際には、保険が適用されるために国や自治体に対して保険の請求する作業が必要となります。

しかし、この保険の請求作業というものは簡単なものではなく、その作業を円滑に行うには介護保険制度についての知識が必要になり、専門化が作業をすることになります。
この専門的な作業を行うのが、介護事務の仕事となっています。

介護事務の仕事に就きたい場合、その資格を取得する必要がありますが、この介護事務の資格は民間団体が認定をしているものであり、国家資格のように年齢や一定の経験などの受験資格というものはありません。

そのため、介護事務の資格は努力さえすれば誰にでも目指すことができる資格となっています。また、実際に介護事務の資格を取得した場合、主に介護施設などでのデスクワークを中心に仕事を行っていくことになるので、年齢による体力の低下などを気にせずに定年まで働き続けることも可能な仕事となっています。

介護事務職特有の服装事情

悩ましい問題というのは、どのような職場でも発生します。昼食の時間だったり、休憩室の広さだったりと実に様々です。介護事務職にとっての悩みと言えば、服装についてではないでしょうか。制服が支給される現場であれば悩む必要はありませんが、各自調達ということなら服装に悩むというわけです。

介護事務員に対して、制服が支給されずに悩むかもしれません。一体感が出る制服は、介護事務員にとって服装を考える手間が無くて楽であると言えるでしょう。しかし、支給品ということは職場の経費から購入するという意味を持ちます。

職場によっては支給品を買う余裕が無い場合があり、仕事着に何を選んだら良いのか悩みの種になるかもしれません。服装が自由であると言っても、TPOをわきまえる必要があります。訪問してくる業者や施設利用者のご家族に対して、介護事務員の外見が与える印象は大きいです。

悩んだ末に学生が運動用に着用する衣服に身を包んでいたら、施設の評判を落とすことに繋がります。動きやすい服装が良いとされている介護事務員は、大人社会に身を置いていると外部から思われているからです。

制服が支給されないことに端を発し、悩むことがあるかもしれません。動きやすく、TPOをわきまえていれば、どのような衣服で介護事務の職務を全うしていても問題は無いでしょう。

介護事務は学歴不問の仕事

介護事務というと、どういった仕事がイメージができない人もいるのではないでしょうか。介護事務は10年程度しか歴史がなく、最近できた仕事なのです。2000年の介護保険制度ができてから、介護サービスを受ける人の負担が減り、介護サービスにかかる費用の9割を国や市町村が負担することになりました。

そこで介護報酬請求をメインとして行う介護事務が必要となってきたのです。介護事務は、介護報酬請求の他にも、書類を作成し管理したり、受付業務も行う仕事です。

専門的な知識が必要になるため、資格取得することが必要になりますが、受験資格に学歴や経験などの制限はありません。そのため、年齢が関係なく誰でも受験することができます。就職の際には、学歴を制限したり、経験者が優先されることもありますが、学歴不問として募集する所もあるので、中卒の方などでも就職しやすい仕事といえます。

活躍できる仕事場はとても広く、介護サービス施設や老人ホーム、クリニックなどさまざまな仕事場を選ぶことができます。全国どこでも働くことができるので、引越しの都合がある方でも、資格を取得しておくと働きやすいでしょう。高齢化社会が進んでいることからも、なくなることがない仕事といえるので、将来的にも安定しているのが特長ですね。