介護事務の仕事は大変でストレスもたまる

一般的なイメージとして医療や介護の現場は非常に緊迫感がありストレスが溜まるイメージがある人も多いでしょう。

その中でも介護事務の仕事は人間関係などのストレスが溜まりやすいといわれていますが、どれ程大変なのかをまとめています。

介護事務の仕事は大変!

介護事務は、一般の事務業とは違って、介護に関する専門の事務業を行う仕事です。主に介護報酬請求業務がメインになり、専門的な知識が必要になります。

2000年に介護保険制度ができたことにより、かかる費用の9割を国や市町村が負担してくれるようになり、残りの1割を介護サービスを受ける人が負担することになりました。

そのことにより、介護施設やサービスを行う側は、国や市町村への請求事務を行うことが必要になり、介護事務の職業が増えたのです。今後高齢化社会が進み、介護者が増えるといわれることからも、介護事務は需要のある職業といえます。

請求事務以外でも、書類の管理や、経理、受付業務といった、全般の事務業を行うため、専門的な知識と同時に、コミュニケーション能力も必要となります。パソコンの技術もなければいけないため、大変な職業ではあります。

人と接することと、細かく正確な作業を楽しめる人が向いているでしょう。大変さをやりがいに感じることで、長く続けることができるでしょう。

仕事場も介護施設や老人ホーム、病院などあらゆる場所で活躍できるので、自分の働きやすい所を選ぶことができます。介護事務の資格を取得しておけば、将来の安定性もありますね。

介護事務の仕事と人間関係について

介護事務とは、介護保険の請求手続きをメインとして、施設の受付業務や電話応対、働いているヘルパーのシフト管理や備品のチェックなど事務全般を担当する仕事です。基本的に肉体労働ではないため、年をとっても続けることが出来るとして年齢性別を問わず人気の職業となっています。

そんな介護事務が抱きがちな悩みが人間関係です。元々、介護の現場は人間関係のトラブルが多く、それを理由に退職してしまう方も少なくありません。介護事務もそんな例に漏れず、人間関係で悩む場面が多々あるのです。

なぜトラブルが起こりやすいのかというと、介護の現場には幅広い年齢層の方が働いています。こうした年齢の違いに加えて、人員不足や業務のきつさなどからくるコミュニケーション不全がトラブルの一因といえるでしょう。

また介護事務は仕事柄、施設利用者の家族からのクレームや要望を受け付ける場面も少なくありません。こうした対応時に施設職員と施設利用者家族との間に挟まれてしまう状況に陥ることもあるのです。

介護事務は長く働き続けることのできる職業ですが、人間関係の悩みも多い仕事といえます。そのため、出来るだけコミュニケーションを取るようにして、お互いの気持ちを理解し合う努力をすることが重要なのです。

仕事を請負信頼を得る介護事務

仕事は内容次第で人気の差が生まれますから、介護事務の仕事でも行い易い仕事は集中しますし、請負を名乗り出る人は少なくないので、収入や仕事により求人と人材のマッチングが行われます。

介護事務の仕事も簡単ではありませんし、中には避けられる仕事もありますが、積極的に請負経験する事はプラスになるので、人気がない仕事を積極的に請負事が信頼や実績になります。

専門的な仕事を始める場合は、同じ世界で技術を磨く事が欠かせ無いので、介護事務も専門として仕事を続ける事が成長になりますし、能力に見合う仕事を請負経験する事が価値になります。

体力的な仕事も介護事務でありますし、多くの人にとって苦手な事は避けられますが、苦手は挑戦して克服できますから、積極性を持って請負う姿勢が評価に繋がります。

連続で働ける時間には限りがありますから、無理をしない事も介護事務を続ける場合に重要ですし、体力を管理して維持する事が必要なので、集中的に仕事を行い終わらせる事も技術です。

効率化を行い時間短縮の結果を得る事も工夫なので、業種を限定しない工夫が介護事務の仕事でも可能であり、状況を把握して改善の努力に向けた行動を行う事によって、様々なメリットが得られます。

苦労もやりがいもある介護事務

介護に関する仕事の一つ「介護事務」は、介護に携わる人にとって重要な「介護報酬」の請求業務を行うのが主な仕事です。介護報酬の請求業務は月ごとに取りまとめ、締め切りである翌月10日までに提出しなければなりません。

締め切りを過ぎてしまうと一切受け付けてもらうことが出来ないため、介護事務に携わる人は休日返上で仕事をすることが少なくありません。非常に苦労が多い仕事ではあるものの、やりがいも大きい仕事です。

また、従業員の勤怠管理や売上の集計も介護事務の仕事です。介護報酬請求業務と並行して行わなければならない時もあり、残業が発生することも珍しくありません。特に請求業務の締め切りが近づいてくるにつれて忙しさが増していき、25日ぐらいから請求業務が完了するまでの間が最も忙しくなります。

はじめのうちはなかなか要領がつかめず苦労するかもしれませんが、数をこなすにつれて慣れてくるため、そこまで心配する必要はありません。また、給料は決して高額という訳ではなく、勤務形態によって異なるもののだいたい時給800円程度、月給に換算すれば15万円程度です。

一般の事務職に比べても給料は低めです。それでも、苦労して請求業務を終わらせた時の達成感は、何物にも代えがたいものがあります。人の役に立つ仕事をしたい人にはおすすめの仕事です。

介護事務に関するストレスとは

介護業界というのは、求人的な面で今とても求められているところでもあります。高齢化が進んでいますので、介護の方も人が足りていませんので、採用率も高い傾向があります。

介護の中でも、直接介護をするわけではなく、介護事務という職業もあります。受付をしたり、案内をしたり、またその施設での内部的な事を行う職業です。ストレスはどこの職場でも働いていればあることですが、もちろん介護事務でもストレスということを感じながら行っている方もたくさんいます。

しかし、実際に現場で働いている介護士の方が実はそういったストレスはたまりやすいと言われています。もちろん介護事務の中でも、大変な部分があったりするわけですが、ほかの一般的な事務よりも、人が絡んでいることになりますので、伝達事項などが多いということはありますし、営業的なところが出てくることもあります。

介護事務を行うのであれば、ベースに人が好きということがあった方が良いかも知れません。数字であったり、書面だけでのものではなく、その人の裏側であったり、細かいチェックなどが必要になることもありますので、そういった配慮をすることが苦にならない方、得意な方には向いているかもしれません。

介護事務の仕事を楽しいと感じる

介護事務の仕事を楽しいと感じる方にとっては、お年寄りなどの介護とお世話をする事がとても好きな方であり、その事を苦に思わずに、逆に楽しいと感じる方は、その仕事が天職となるのかも知れません。

どうしても介護事務の給与などは安くなっていて、そこでやりがいを感じる方もなかなか難しい所となります。しかしお世話をする事がとても好きな方にとってはとても良い環境となります。

まずは介護事務の仕事を行いながら、辛い事も沢山ある事となりますが、そこをあまり感じずに楽しい感情をしっかりと植え付けて、そこでの仕事を行う事がとても重要であり、そこは自らの感覚となっていて、強制的に出来る事ではない事から、介護事務の仕事をやりがいをもって行える方が増える事がとても望まれる状況となります。

少子高齢化の日本にとっては、これからの介護の話は頭の痛い問題となり、こうした介護のスタッフの人が足りていない状況を小木ない事が今後の課題となります。

外国人の方では、サービスが行き届かない所がやはり多い様で、どうしても介護事務の仕事は、しっかりと資格を持っている方で、無ければお年寄りの方々も安心して介護を任せられない事となっていくのかも知れません。