介護事務を退職する場合の悩みや本音

医療や介護の現場はどうしても激務だったり労働環境が悪かったりするのでストレスや人間関係によって退職する人が多いのが現状です。

ここでは介護事務を退職する場合の悩みや本音などについてまとめています。

退職に備える経済と介護事務の転職

仕事は常に安定しているとは限らず、介護事務も需要が減少すると退職が現実になりますから、今後を考えて余裕のある生活が重要ですし、想定外の退職に備える経済力が必要です。

介護事務の仕事も収入は一定していますし、減少する事はあっても大きく増加する可能性は低いので、場合によっては退職を求められる可能性は十分になりますから、貯蓄や投資を学んで介護事務の仕事と収入を安定させる事が大切です。

生活を守る事が出来るのは、収入が継続的に得られる仕事次第ですし、介護事務の仕事も失われなければ続けられますから、一定の収入を得る事と余裕が将来を決定付けます。

生活に余裕が出来る収入があれば、新しく知識を学ぶ事や資格を得る為の投資が可能で、経済的な投資も安定に欠かせない手段ですから、将来を見据えてお金を有効活用する事が欠かせ無くなります。

退職は仕事を失う事ですし、収入源が失われる事になりますから、予想しない退職が現実になる可能性はあるので、介護事務の仕事に対しても柔軟な対応が出来る事が役立ちます。

仕事を続ける事は大切ですが、介護事務の仕事も決断が迫られる事もありますし、転職も重要な判断になるので、将来性のある仕事を得る能力が生活の安定を実現します。

募集の少ない介護事務の現状

介護事務は介護施設で介護保険の請求をメインとしてする仕事で、施設でのさまざまな事務処理を行う事が一般的です。医療事務に近い内容ですが介護制度が新しくできた制度のため資格を取得している人は少ないです。

介護事務の仕事は医療事務と異なり需要が高くないため認知されている資格ではありませんし、国家資格ではないので取得しなくても働けるのが現状です。社員としてだけでなくパートや派遣社員で働いている主婦の方も多いようです。

現状では介護事務の求人は少ないです。なぜなら介護福祉士やケアマネジャーが兼任して行える業務であるために求人数が少ないのです。介護職と兼任の募集や介護職として採用されてから兼任して行うことが多く介護事務職として採用する施設は少なくある程度の規模のある施設に限られています。

大半の施設で兼任として業務を行っているためケアマネジャーやヘルパーなどで働きたい場合は介護事務の資格を持っていた方が採用されやすいというメリットがあります。資格手当がつく場合もあるので資格を取得しておいた方が有利になります。

介護業界は少子高齢化により今後も需要が伸びていく業界ですが、経営状態が良好な施設は少なく介護事務のみでの採用は難しいというのが現状です。

介護事務の現実を知ろう

仕事をするときに基本的に必要なのは、どのような内容なのか、収入は良いのかということが、一番知りたい事ですが、介護事務の現実としては、年収もあまりよくないと言われていますが、仕事内容としては体力のない人でも介護関係の仕事ができるという事から、人気の一つなのではないでしょうか。

介護事務の現実は、事務的な仕事が一般的なので辞めていく人も少なく、なかなか募集が無いのも現象です。募集が入っていたら、仕事をしたいと考えているならばすぐに応募しておきましょう。介護事務でせっかく資格を取っているのに使用しないのは勿体無いので、実行に移すことが大切です。

仕事ができるということは、とてもありがたい事ですよね。事務なので、ヘルパーとは違い電話対応や管理業務が多方のお仕事なので、誰にでも出来るお仕事なのではないでしょうか。

事務的なものなので人と接すること、話が得意な方、人見知りでない方等に向いているのではないかと言うところですので、自分に自信があると思うのならば、実際に挑戦してみるのもいいかも知れません。好きでもない仕事をいつまでもするより、自分の好きなことを出来て楽しく仕事が出来る事が、1番いいことですよね。

介護事務の仕事のやりがいとは

介護の仕事は、今後需要が増えることから、将来的に安定している人気の職業となっています。介護の仕事の中でも、今注目を集めているのが、介護事務です。介護事務は、2000年に介護保険制度が制定されたことからできた職業です。介護給付費明細書の作成を主な仕事としていて、その他経理事務全般を担当します。

事務職というと、一日中机の前でパソコン作業をするといったイメージがありますが、受付業務も兼任することが多いので、サービス利用者と接する機会もありあります。ケアスタッフとの連携を持つことも大切な仕事のひとつですので、計算の正確さや迅速な対応も重要ですが、笑顔でコミュニケーションを取れる人が求められる職業です。

介護事務の仕事をしている人に、どんなやりがいがあるか聞いてみると、計算や書類作成を締め切りまでに完了できたときにもやりがいを感じることができますが、サービス利用者と接する時に、喜んでもらえるような対応が出来た時にやりがいを感じるといった意見もあります。

介護は、利用する側とケアスタッフが、どちらもストレスなく行われることが大切です。介護全般の知識を身につけておくことで、臨機応変な対応ができるでしょう。

介護事務に向き不向きな人のこと

介護事務の仕事はデスクワークで書類仕事や、職員の勤怠管理などの事務処理がほとんどです。なのでこの仕事は人によって向き不向きがあります。

まずは書類仕事が面倒だ・苦痛だと感じている人には、この仕事には向いていないのです。また介護保険は公的な機関に向けて書類を作成するので融通が利かないので、おおざっぱな人にも向いていません。

反対にこの仕事に向いている人は、事務処理に正確さや緻密さを求められても苦痛に感じない人です。あくまでも事務仕事なので、瞬発力やアドリブなどは求められないのです。じっくりと計画的に物事を進めるタイプの人が向いています。

介護事務は介護保険がらみの仕事なので、正確・迅速かつ適切な事務処理能力が一番に求められる仕事です。介護保険請求は複雑で、なおかつ締切も決まっているので、ミスをすると損害や信用問題にもなりかねません。

また介護事務はデスクワーク中心の仕事ですが、介護施設に勤務する以上ある程度利用者に対して、サービスを行うという心構えは必要となってくるので、人のお世話をしたいという気持ちが持てないという人は、この仕事には向いていないでしょう。心構えや気持ちの上でも向き不向きの人が出てきます。

本音を言える相手が介護事務を支える

仕事で不満やストレスが発生する事はありますし、お酒が入ると本音が漏れる事は珍しくないので、気の合う仲間とストレス発散が出来る事は大切ですから、信頼出来る仲間に対して本音を言う事が重要です。

介護事務は責任が大切な仕事なので、立場が変わると介護事務で任せられる仕事は増加しますし、幅広く様々な仕事が任せられると精神的な負担になり、抱え込んだ物を解消出来ないと精神を摩耗し続けます。

普段から介護事務の仕事に対する不満が言える事は、負担を溜め込まない仕事環境の実現で可能になりますし、介護事務のスタッフであればお互いの立場が理解出来ますから、本音を言える仲間として介護事務のストレスを軽減出来ます。

本音は信頼関係があると言えますが、必要以上に言葉を言い合う事は傷付ける原因になるので、お互いで共有出来る不満を発散する事が役立ちますし、共通の問題を話題にする事が大切です。

家族に仕事の不満を言う事で受け止められる可能性はありますが、必ずしも十分な共感が得られるとは限らず、場合によっては家族の負担になるので、話の内容をよく考える事が求められます。誰にでも本音を言える物ではないので、相手がいなければ気持ちを発散する事は難しいですから、お酒を利用しても不満を言える事に価値があります。

介護事務の悩み相談を仕事にする

職場にはそれぞれ問題が発生しますし、介護事務も職場の悩みが生まれますから、相談相手が居るとストレス発散が行えるので、気持ちを落ち着けて介護事務の問題に取り組めます。

悩みを打ち明けるには信頼が重要なので、お金の関係ではなく介護事務の悩みで親身になれる存在ですし、話した内容を口外しない基本的な約束が守られる事は重要ですから、直接悩みを打ち明ける相手を見付ける事は難しくなります。

介護事務の悩みに対応出来る存在になれば、それが仕事として成立する可能性はありますし、専門的に話を聞く事が出来れば業界全体に対応出来ますから、更に可能性が広がり介護事務のスタッフをサポート出来ます。

困難は抱え込む傾向がありますし、問題を大きくしても解決は難しいですから、話を聞く事が第一歩として役立つので、打ち明けられる話のし易さを持つ事が大切です。

相談を行い目的を明確にする事で、取り組みを行い始められますから、介護事務で行き詰まりを覚え困難が目の前に立ちはだかる場合は、何時でも相談出来る存在として相手を待つ事が必要です。役立つアドバイスを的確に行う事が可能になると、実際の効果として解決が行われる様になり、対価として収入を得る事も十分に行えます。