介護事務として転職するために

日本の高齢化が進めば進むほど、医療や介護の現場では人員不足が加速していくこととなります。

ここでは介護事務としての転職を成功させるために、志望動機や求められる人材像についてまとめています。

女性の転職で人気の介護事務

高齢化社会が進んでいく現代にとって、介護の仕事はとても重要視されています。その中でも、介護事務のいう職業が注目を集めています。介護事務は誕生してから、まだ10年程度の新しい仕事です。2000年に介護保険制度ができたことから、介護にかかる費用の9割を国や市町村が負担することになりました。

そのため、介護施設などは請求作業を行うことになり、専門的な知識を持った介護事務が必要になったのです。介護事務の仕事に就くには、資格を取得することが必要です。学歴や経験の条件はなく、誰でも受験することができます。

しかし、就職の際には、資格だけでなく、学歴や経験などを重視されることもあるので、強みを持っておくことが大切です。介護施設や病院、老人ホームなどさまざまな仕事場で活躍することができ、結婚や出産後も復職しやすいことから、女性の転職先としても人気があります。

医療事務や介護士などの経験がある人が転職することもあり、年齢の制限もないため、誰でも転職しやすい職業といえます。受付業務や関係機関との連絡なども行い、介護者や家族とのコミュニケーションを必要とするので、計算の正確さとともにコミュニケーション能力があることが大切です。

転職に人気の介護事務の志望動機

介護事務は、転職を希望する方たちに人気の職業になっています。介護事務の仕事に就くには、介護事務管理士の認定試験に合格し、資格を取得することが必要です。2000年の介護保険制度が制定されてから、新しくできた職業ですが、女性を中心に資格取得者が増えてきています。

介護事務の仕事は、高齢化社会が進んでいることからも、今後も将来性が安定しているといわれています。年齢に関係なく活躍できる仕事なので、結婚や出産をした後でも復職しやすいことを志望動機とする女性が増えています。もともと介護の仕事や、医療関係の仕事をしていた人からの転職は、就職に際に有利になることがあります。

介護事務の仕事は、主に報酬請求書の作成を行うことや経理、関連機関との連絡などですが、事務業だけでなく、介護者やケアスタッフと接することが多くありますので、介護や医療の知識を幅広く持っていることで、臨機応変に対応ができ活躍できるでしょう。

介護や医療の仕事に就いたことがない方でも、介護の仕事を一から学びたいという志望動機から資格を取得し、介護事務の仕事に就く方もいらっしゃいます。認定試験には学歴や経験などの受験条件はないので、誰でも受けることができます。

介護事務の仕事で求められる人材は?

高齢化社会が進み、今後活躍する職業といわれているのが、介護の仕事です。介護の仕事の中でも、もっとも注目されているのが、介護事務の仕事です。2000年の介護保険制度が誕生したことで、新しく作られた介護事務の仕事は、今から活躍していく仕事だといわれています。

介護事務になるには、介護事務管理士の技能試験を受験して、資格を取得することが必要です。受験資格に制限はなく、年齢、経験など関係なく誰でも受けることができます。介護事務の仕事は主に請求業務となりますが、経理や書類作成、関係機関への連絡などさまざまな事務業を行います。

また、受付業務を行いますので、介護者や家族とも接することのある仕事です。そのため、計算の正確さだけでなく、コミュニケーション能力があることが、求められる人材でしょう。

求められる人材として、パソコン技術が身に付いていたり、介護の知識があることも重要です。ただ、事務業をこなせばいいというわけではなく、臨機応変な仕事ができることが大切なのです。

病院や介護施設、老人ホームなどいろいろな仕事場で活躍することができるので、復職や転職の際にも役に立つ資格といえるでしょう。特に女性は結婚や出産後も活躍出来る仕事です。

介護事務の仕事に就く理由

介護事務は、2000年に介護保険制度が制定されたことからできた職業です。介護保険制度が制定されたことにより、今まで介護サービスを受けていた人が負担していた費用を,国や市町村が9割負担することとなりました。そのため、介護報酬請求書を作成することがメインとなる介護事務の仕事ができたのです。

介護事務は介護報酬請求書を作成する他にも、経理や電話対応などの一般的な事務業も行います。受付業務や機関との連絡を取り合う役目もあるので、介護サービスを行う施設にとっては、事務の正確さだけでなく、上手にコミュニケーションが取れることや、臨機応変な対応ができることが重要視される職業です。

介護事務の仕事をするには、介護事務管理士やケアクラークの資格を取得していることが必要になります。どちらも年6回試験が実施されているため、自分のタイミングで挑戦しやすい資格です。特に女性の資格取得者が増えてきていますが、その理由として結婚や出産をしても続けやすい仕事だということがあります。

また、年齢に関係なく活躍することができることや、医療機関や福祉施設、保険会社など、さまざまな仕事場で活躍することができ、全国どこでも働くことができるのも人気の理由だといえます。

介護事務として働くには

介護事務として働く場合、他の介護職のように体力は使いませんので、身体を壊すような心配はありません。体力に自信がなくてもできる仕事です。

介護事務の仕事の内容ですが、介護保険関係の手続きや事務処理がメインです。介護施設における収入に関しては介護保険に依存している部分がとても大きいので、正確な作業が求められます。仕事はそれほど複雑ではありませんが、迅速で正確な処理が求められます。

また、実務に携わる他の職員との連携もうまくとらないと、正確でスムーズな仕事が行えません。介護事務で働くなら、専門の講座を受けて資格を取得するのがおすすめの方法です。最近では様々な講座が用意されていますので、費用や特徴、添削の有無等を確認してから選ぶことが大切です。

今後介護の市場はますます拡大していくことが予想されます。その中でも、体力のいらない介護事務は目指す人が増える可能性の高い仕事です。介護職というときつくて離職率が高いイメージですが、専門知識を身につけて就くことのできる介護事務は長く勤められる魅力的な仕事です。

講座では、教育訓練給付制度に対応しているものとしていないものがありますので、注意しながら選ばなければなりません。

激務の介護事務は仕事を見直すチャンス

仕事が集中すると激務が発生する可能性はありますし、介護事務でも激務は起こりますから、短期間であれば無理なく行う事は出来るので、不定期で発生する激務は介護事務を続ける上で避けられない状況です。

耐えられる激務であれば乗り越えられますから、介護事務を仕事として続ける事は可能ですが、若さで乗り切れる激務の場合は、年齢と共に介護事務の負担が大きくなります。

耐えられない仕事の内容が続くと、収入が得られる介護事務の仕事であってもマイナスが大きくなりますし、負担が続くと体に影響が発生しますから、結果的に長期の休職が発生する可能性を増加させます。

無理が続いていても慣れは感覚を鈍らせますし、体調を客観的に見られない状態はリスクですから、仕事の内容が増えて労働時間が増加した場合は、客観的に状況を把握する事が大切です。

早めに状況を分析する事が出来れば、今後の判断を行う場合に役立つので、仕事を変更したり介護事務からの方向性が決められますし、気持ちに余裕を持って行動が起こせます。

仕事には責任がありますし、プライドが放棄を許さない事もありますが、失う物を考えると選択肢は決まるので、柔軟に対応出来る仕事に対する姿勢が状況の変化に役立ちます。