介護事務の資格を取得するために通信講座に通う

介護事務として働くにあたって、資格の取得は必須ではありません。しかし、資格を取得しておいた方が待遇や給料面にも差が出てきます。

ここでは介護事務の資格を取得するために通信講座に通うことについてまとめています。

介護事務資格取得に便利な通信講座

介護事務の資格を取るための勉強はテキストや過去問さえあれば独学でも充分合格は可能なのですが、初めて学習する人の場合、どのように学習を進めていけばいいのか勝手がわからずつまづいてしまうことがよくあります。

特に学習の中心となるレセプト作成の技能の習得は初心者の場合、独学ではどこをミスしたか、どうすればよかったのかを把握することだけでも難しいものでしょう。独学での学習の欠点をカバーしてくれるのが通信講座の存在です。

通信講座なら、自分のペースでテキスト学習を進めて添削課題を提出していけばいいので社会人が仕事をしながらでも無理なく介護事務資格の取得を目指すことができます。苦手に感じる人が多いレセプトも講師の方がミスした部分についてしっかり指導してくれます。

介護保険について覚えるのも難しいですが、通信講座のテキストは分かりやすくまとめられているので頭に入りやすくなっています。介護事務講座は複数の通信教育業者が講座を開講しています。大手のニチイやユーキャンは長年の実績やノウハウが充実しているので人気が高い傾向にあります。

資格を取得した後の就業サポートも充実しているので、これらの講座から受講するものを選べば安心でしょう。

介護事務の資格取得には通信講座

介護事務とは、老人ホームや訪問看護ステーション、老人保健施設などの介護施設の事務作業全般、受付や電話応対などの接客を行う仕事です。事務作業のうち、介護報酬を請求するレセプト作成が最も専門性の必要な作業です。

現代の日本において、介護サービスの利用者に1割、保険者である地方自治体に9割の介護報酬を請求する書類を作成するのがレセプト業務といわれるものです。4人に1人が高齢者と言われる超高齢化である現代社会において、需要も大きい職種です。

介護事務員になるには、必ず資格を取らなければならないというわけではありません。ただ、介護業界はニーズも高く、介護事務は正社員やアルバイト、パートなど幅広いことで女性には人気の職種です。年齢に関係なく働けることも人気のひとつです。

民間企業が認定している資格を取得するには、通信講座や専門機関の通学講座で効率よく学ぶのがおすすめです。通信講座のメリットは、通学講座より比較的値段が安いことです。また自分の自由な時間に勉強できるので、働きながら取得したい方にも向いています。

教育訓練給付制度が対象の講座や、分割支払い可能、受講の延長が可能など、サービス内容が異なるので、自分に合うものを比較して選ぶといいでしょう。

介護事務の知識を学ぶなら通信講座の比較が大事

介護事務の仕事は、介護の現場でのデスクワークが中心です。そのため、この介護事務の場合、仕事上で体力をあまり使うことなく仕事をしていけることから、年齢による体力の低下などを気にすることなく、本人の気持ち次第では定年まで仕事を続けていくことも可能です。

介護事務の仕事に就くのであれば、介護保険に関する知識が必要になってくるため、資格を取得するにはある程度の期間、集中して学習をする必要があります。

ただし、他の介護職の資格のように受験資格や年齢制限などがないため、自分で介護事務の資格を学べるテキストを購入して独学をしたり、通信講座などで介護保険についての知識を学ぶことができます。

前述したように介護事務の資格取得は独学でも十分に可能ですが、分からないところや疑問点などを完全に理解できるという点では通信講座のほうに分があります。

介護事務の資格は統一されているのではなく、民間の団体がそれぞれ独自の資格を設けているかたちとなっているため、勉強をするときには自分が取得したい団体の行っている通信講座を利用することになります。

通信講座は各団体が行っているため、実際に講座を受講するときには費用や期間などをよく比較しておくことが大事です。比較・検討を十分にしたうえで、自分にあった通信講座を選ぶようにしましょう。

介護事務の勉強ならソラストの通信がおすすめ

超高齢化社会の現代において、介護を必要としている人が増えています。介護サービスも多様化し、訪問介護ステーションや老人ホーム、デイサービスなどさまざまです。介護事業の運営をしていく上で、事務作業全般を担っているのが介護事務員です。

事務作業の中でもレセプト作成が重要な仕事内容です。レセプトとは、介護サービスを利用した人に介護報酬を請求する書類のことです。この書類作成をレセプト作成と呼び、介護事務の仕事で最も専門性の必要な作業になります。

介護事務の仕事をするには特に資格は必要ありませんが、民間団体が認める認定資格がいくつか存在します。年齢に関係なく働けるので女性には人気の職業なので、就職や転職の際に有資格者は有利です。

医療や介護、保育分野の教育をバックアップしているソラストでは、技能認定振興協会が認定する、介護事務管理士を受験するための通信コースを提供しています。この通信講座で介護事務に必要な介護保険制度や介護レセプトの作成の仕方など専門の知識を学ぶことができます。

ソラストの介護事務講座を終了した後に受験することができ、試験は自宅受験ができるというメリットがあります。テキストを見ながら試験を受けられるのです。

がくぶんで受ける介護事務講座

がくぶんの介護事務は通信講座で、介護保険制度の仕組みから、各種介護サービスの説明、介護報酬の算定方法及び請求書の作成、受付事務の基礎知識を、専任講師による丁寧な指導を行っています。

テキストも分かりやすい具体例や、イラスト・図解を使用し初心者でもスムーズに学習しやすいよう工夫されています。また標準学習期間は4カ月となっています。

がくぶんの介護事務講座は(社)全国産業能力開発団体連合会の優良認定講座になっています。これは産業人の能力開発を実施する民間の教育団体が集結し1988年に設立されたもので、民間の教育団体の質的向上をはかり、消費者への教育内容の品質保証を実施するために設けられた制度です。

民間の教育訓練施設の設置基準と、運営基準に基づいて審査を受けたうえで認定されるものです。

またがくぶんの介護事務講座は教育訓練給付制度の指定講座になっており、これは働く人のスキルアップと、雇用の安定と再就職をバックアップを目的とした雇用保険の給付制度です。

厚生労働大臣の指定する教育訓練を終了し、雇用保険の一般被保険者(支給要件期間三年以上の人)または雇用保険の一般被保険者だった人(離職した日以降、受講開始が一年以内であり、支給要件期間が三年以上の人)となっており、申請を行うと所定の支給率に基づき、受講費が支給されるというものです。

無料講座で介護事務に繋がる

情報は多くの場合有料ですが、基本的な情報は無償で提供される事はありますし、多くの人に役立つ情報として無料講座も活用出来ますから、介護事務の仕事を知る為に無料講座の存在が活かせます。

介護事務に興味を持った場合は、インターネットや身近な情報源で調べる事は珍しくないので、初歩的な情報は誰でも気軽に入手可能ですが、より進んだ介護事務の情報を知る事が役立ちますし、本格的な学習を目指す判断にも無料講座が参考になります。

介護事務を仕事にする場合は、知識を得る事が欠かせず、学習の機会を活かして資格を得る事が大切ですし、無料講座は必要な情報を入手し易く作られているので、次に向かう目的地を分かり易く解説します。
将来に向かう方向の手掛かりが欠かせませんし、介護事務についての知識が少なければ方向性は定まりませんから、アドバイスが行える存在を知る事は役立つので、繋がりを得る事が将来に役立ちます。

仕事に必要な技術や、労働で得られる収入を知る事も現実的に必要ですし、仕事を行い生活を実現出来る可能性を知る事が大切なので、経験者による無料講座の解説は価値ある情報です。効率的な学習方法や学べる場所を知る事が出来る点も、有益な情報源から得られる価値になります。