介護職員初任者研修になるための勉強方法について

どんな資格でもそうですが、資格を取得するためには試験に合格しなければなりませんし、それなりの勉強も必要です、ここでは介護職員初任者研修になるための勉強方法について詳しくまとめています。

介護職員初任者研修の勉強法について

介護職員初任者研修とは、2013年4月から管轄する厚生労働省が制度改定を実施したことから、旧ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修と名称が変更されたものです。介護職員初任者研修に合格するためには、様々な方法があるでしょう。通信教育のほか、専門学校に通う、書店等で購入出来る参考書を活用するなどです。

なお、介護職員初任者研修の資格取得の最低条件としては、130時間の講義(講習・演習を含む)を受ける必要性があります。また、旧ホームヘルパー2級取得時には、この講義さえ修了すればその資格を得ることが出来ていました。しかし、現在では、130時間の講義の後に最終的に約1時間の修了試験を受け、その試験に合格することが必須条件となっているです。

先ほども申し上げた通り、多くのテキストや参考書、通信教育等もあることから、その勉強法は様々でしょう。ただ、必須条件である130時間の講義の中に細かい勉強内容は含まれています。介護職員初任者研修は、介護部門における初歩的な資格でもあることから、その難易度はさほど高く無く、講義さえ真剣に受けていれば合格率はほぼ100%に近いとも言われています。

それでも、勉強法や学習方法を知りたいと心配な方も多くいらっしゃると思います。多くの専門サイトや専門誌も発行されていますので、まずは一度自身の目でご確認することをお薦め致します。

介護職員初任者研修の学習方法練習問題

介護職員初任者研修の効率的な学習として練習問題があり、基本的な学習方法として採用され、本番に備えられます。練習問題は過去の問題を問題集として利用しますし、介護職員初任者研修は多くの事を覚える必要があるので、練習を行い本番に挑戦します。学習時間が多く必要な介護職員初任者研修は、十分に合格ラインを狙う必要があり、練習問題以外も積極的に取り組み、実力を身に付ける事が大切です。

学習方法を覚えると練習問題が効率的にこなせますし、毎日時間を決めて一定量の学習が出来る利点があります。専門的な知識は一定の学習時間が必要なので、日々集中出来る時間を確保し、介護職員初任者研修を一つずつクリアする事が成長のステップです。練習問題に挑戦する事が全てではありませんし、実践形式で覚える事も多いですから、長期の集中力が勝負の鍵ですし、諦めずに挑戦し続けます。

介護職員初任者研修にはそれぞれ限られた時間の科目があるので、利用出来る時間は限られ、総合で活用出来る時間内で突破を目指します。総合的に覚える能力が身に付きますし、集中して挑戦する事が自信になり、実践で役立てる人間になるので、前向きに仕事が出来る権利を手にします。

介護職員初任者研修を勉強できるスクール

介護業界で働きたいと考えている方が取得しておきたい資格が介護職員初任者研修です。介護サービスの入門的な資格とも言われていて、ホームヘルパー(訪問介護員)として働くためにはこの資格を取得しておく必要があります。

介護職員初任者研修では、介護の基本知識や介護技術などを習得します。介護サービス利用者に対する気配りや心遣いなどを含め、細やかなサービスを提供できるように勉強する資格です。福祉資格のスクール「ほっと倶楽部」では、介護現場の経験者を講師陣としたスクーリングを受けられるので、より実践的に勉強することができます。

介護職員初任者研修を修了した後は、ホームヘルパーや施設内介護スタッフ、医療機関での看護助手として働くことが可能です。「ほっと倶楽部」では就業についてのサポートも行っており、さまざまな相談をすることもできます。また、受講生には自宅での家族介護のために勉強をしている方もいます。

「ほっと倶楽部」では実務者研修や介護福祉士の講座も開講されていますので、初任者研修後に資格のステップアップを考えている方にもおすすめです。無料説明会が開催されているほか、サイトから資料請求をすることもできますので、介護職を考えている方は一度サイトをのぞいてみてください。

通信で介護職員初任者研修を利用する場合の比較

通信で学習できる制度は活用出来ますし、交通費が削減出来たり時間の無駄を減らせますから、効率的な学習方法として選ばれるので、介護職員初任者研修を行う場合も役立ちます。学ぶ事は質の高さが大切ですから、通信の利用を検討する場合は比較が欠かせませんし、費用や学べる質を検討する場合も、十分に絞り込んだ上で比較する事が介護職員初任者研修でも大切です。

介護職員初任者研修は十分な内容が求められるので、無駄なく学べる事は通信にも必要ですし、費用が安くても学習の漏れは避ける事が重要ですから、満足出来る通信を選択する為には比較と口コミを知る事が重要です。学習の選択肢がある事は重要ですし、経済状況や環境に応じた選び方の自由は必要ですから、介護職員初任者研修だけではなく幅広く活用されているので、学ぶ側の姿勢やチャレンジが結果に繋がります。

比較を行う場合の知識としては、掲載された情報に限らず隅々まで調べる行動力であり、調査に時間を掛けて疑問を解決する事が必要ですから、直接指導を受けられない通信は更に良く調べる事が必要です。直接学習方法を知る場が用意されていれば、介護職員初任者研修に適した方法を探す事が出来ますし、指導者の能力を知る事も可能になるので、検討が行い易く選択や決断が早まります。

介護職員初任者研修の開講される場所

介護職員初任者研修は、厚生労働省があらかじめ示した130時間の標準的なカリキュラムにもとづき、居宅・施設の区別なく、介護に携わる者として必要不可欠な知識や技能を学ぶための講座となっています。ホームヘルパーなどとして働く場合には、資格取得の最初のステップとなります。

この介護職員初任者研修は、都道府県かその指定を受けた事業者が行うこととされていますが、実際のところは指定事業者が行うものがほとんどであり、地域生活支援センターなどの福祉関連の施設や、医療・福祉系の専門学校などが開講場所となっています。

介護職員初任者研修のカリキュラムは、教室での座学や通信学習だけで済む学科の部分のほかに、実技の部分も重視されているため、全国どの場所で受講するにしても、必ずスクーリングへの出席が求められています。このスクーリングの際には、介護用品を使った実技のマスターや、小グループによる演習などが行われ、最後には到達度を評価するためのテストも実施されます。

こうしたことから、介護職員初任者研修を受講しようとする場合は、受講料の金額、分割払いや奨励金などの可否、カリキュラムの期間、開講場所などを慎重に判断して、無理のない範囲で選択する必要があります。

介護職員初任者研修なら日本医療企画のテキストがおすすめ

どの資格も同じですが、テキストの良し悪しで合否が大きく違ってくるのは皆さんご存じでしょう。どのテキストを使うかによって、勉強の効率が違ってきます。業界でも実績がある、日本医療企画のテキストは、わかりやすいと評判です。多くのスクールで導入されていて、日本医療企画のテキストのおかげで、多くの合格者を輩出しています。

介護が全くの未経験者である人でも、スムーズに合格できるように介護職員初任者研修のテキストは工夫されています。勉強の意欲があるのに、テキストがわかりづらくて、挫折してしまっては元も子もありません。せっかくの意欲を継続するためにも、テキストはしっかり選ぶようにしましょう。

介護職員初任者研修は、自宅学習も重要です。その際に、自宅でもわかりやすいテキスト作りが重要です。日本医療企画は、長年の実績があるので、よりわかりやすい介護職員初任者研修のテキストを作成してい
ます。

グラフやイラストを酷使しして、初心者でもわかりやすい視覚に訴えるテキスト作りを工夫しています。介護職員初任者研修のスクール選びで迷ったら、日本医療企画のテキストを採用しているスクールを選んでみませんか。合格の近道になるかもしれません。

介護職員初任者研修合格には模試が重要

2013年厚生労働省により発令され、介護の入口の資格として介護職員初任者研修が導入されました。これは、旧ホームヘルパー2級に代わるもので同等の資格ではありますが、資格取得にあたり大きく変わったといえるのが、修了筆記試験の導入です。

筆記試験と聞くだけで、一気にハードルが高くなった印象を受ける人もいるかもしれません。介護職の質の向上やキャリアアップを目的とした試験実施の追加であるため、試験の難易度や合格率が気になるところです。

実際は、各スクールが作成、実施する試験なので、介護職員初任者研修の試験合格者のほとんどが、難関と感じていません。授業やテキストでの重要点を押さえていればクリアできる試験です。試験の詳細ですが、試験時間は1時間程度、出題数は32題でこれは各科目ごとに1題ずつ出ることになります。前述の通り、全国統一試験ではなく、実施要綱をもとに各スクールが問題作成をします。

よって、スクールで練習問題や模試をしてもらえることが多いので、それを必ず受けることが重要です。模試も本番の試験も作成側が同じというわけですから、模試対策が合格へ直結するといえるでしょう。スクールでの模試で手応えがあれば、介護職員初任者研修の修了試験は合格が見込めます。万が一試験慣れしておらず不安が強いなら、自宅でも時間を設定して模試のように学習して、試験感覚をつけておくと安心です。