介護職員初任者研修のカリキュラムとはどんなものなのか

介護職員初任者研修とは決められた時間の講習を受け、最後に修了試験を受講し合格すればもらえる介護職の資格です。ここでは介護職員初任者研修で受講する講習のカリキュラムについて詳しくまとめています。

介護職員初任者研修のカリキュラムとはどんなものか

平成25年4月より、訪問介護員養成研修課程が介護職員初任者研修に一元化されました。いわゆるホームヘルパー2級の資格が廃止され、この研修に統一されたということです。介護職員初任者研修は、厚生労働省が指針を示しており、各都道府県の指定を受けた事業者が実施しています。

ホームヘルパー、訪問介護員はサービスを利用している人の自宅を訪問し、食事や排せつ、入浴などを介助するサービスを行う人ですが、研修を受け修了した人がホームヘルパーとして働くことができます。介護職員初任者研修は、通学コース、または通信プラス通学コースで受講できます。

スクーリングの時間が設けられているので、通信のみでは取得が不可能です。研修のカリキュラムは、職務の理解から、介護の基本、技術、また老化や認知症、障がいの理解まで介護や福祉を含めた幅広い内容になっています。カリキュラムの受講時間は130時間です。

その後修了評価として筆記試験が行われます。受給条件がありますが、教育訓練給付制度が使用できるスクールもあります。超高齢化社会の現代において、介護事業のニーズは高まっています。介護職員初任者研修を修了することで、国家資格である介護福祉士へのステップにもつながります。

介護職員初任者研修における時代の変化と講習内容

介護職員初任者研修は、介護の現場で働くための需要が多い人気のある資格です。昔は、訪問介護員養成研修と言われていましたが平成25年より、介護職員初任者研修に名称が変更され、講習のカリキュラムも変更されました。高齢化社会が進む中で、より時代に合った講習内容です。

福祉と医療は密接な関係にあり、お互いの情報共有は必要なことから医療と福祉の連携という科目が新設されたり、認知症患者が最近増加傾向にあることから、認知症の理解という科目も新設されました。また、実技演習により多く時間をとっていますので、より実践的です。以前と比べるとカリキュラムを合理化したことにより資格が取りやすくなったことがわかります。

また、介護には様々な知識が要求されます。極端な話、命にかかわってきます。ですから、講習内容も多岐にわたり、いろいろなことを学ばなければなりません。この学んだことは絶対に役に立ちますので、真剣に取り組むべきです。

介護職員初任者研修という資格は、講習を受け終了評価に受かれば取得できる、将来性のある資格なので、取得することをお勧めします。それをステップに介護福祉士を目指すのも良いですし、就職にも有利になります。

介護職員初任者研修は座学と実地の両方があります

介護職員初任者研修は座学と実地の両方があります。このため、通信課程で学んでいても実地があるため、指定された日などに専門学校等に赴いて実際の介護を行うところを学ばなければなりません。

介護職員初任者研修は、かつてのヘルパー2級等を取得している場合にはある程度の受講するべき講義を省略することができます。すでにヘルパー2級を取得する際に研修で学んでいるためというのがその主な省略の理由になっています。

特にかつてのヘルパー1級や2級取得者の場合にはかなりの時間の削減が期待でき、また、座学においても実地においても相応の時間が削減できることから、介護職員初任者研修を始めて受講する人に比べて取得までの難易度が断然違います。

こうした点を踏まえて、すでに前提となる何らかの介護の資格を有する場合には、授業時間の削減ができることをしっかりと認識の上で受講することが、結果的には楽に取得できることにつながります。

また、この介護職員初任者研修で初めて介護に触れる人の場合でも、座学は大変そうだと身構えなくてもまだこの資格は初任者研修と銘打ってあるとおり、始めてこの研修を受ける人を対象にしていますので、介護のイロハについて学べるでしょう。

介護職員初任者研修における総合生活支援技術演習について

旧ホームヘルパー2級資格が名称変更されたものが、介護職員初任者研修であり、要介護者(各利用者)の生活支援や身体介護、外出介護などがその主な仕事です。介護職員初任者研修においては、130時間にわたる講義、講習、実技演習を経た後に、最終的に約1時間の修了試験に合格することで、その資格を取得することが出来ます。

介護職員初任者研修のカリキュラムの後半過程において、総合生活支援技術演習と呼ばれるものがあります。これは、ある利用者の生活における各場面の介護について仮定(想定)を行い、その支援状況の流れを理解すると共に、技術を習得することや心理面、身体面でのケアに対する知識を習得することを目的としたものです。

一例として、要介護者が高齢であり、要介護認定2から3を受けている。その他脳梗塞の後遺症による半身麻痺があり、自ら座ることが困難。また一部認知症の疑いもあるなどの仮定をします。そして、なぜ通常の生活が出来ないのか、通常の生活が出来ないのであれば、通常程度の生活状態にするにはどのような支援技術が必要なのか。

支援技術が決まれば、その技術を実習してみる。実習を行った中での課題について、検討、対策を講じるなどの 手順を行っていくのです。一連の総合生活支援技術演習を通し、受講者の知識習得状況や技術習得状況を確認する狙いもあります。

介護職員初任者研修を取得するにはスクールがあります

介護の基礎知識や技術を習得する資格に、介護職員初任者研修があります。以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格で、介護資格の中でも人気の高い資格です。高齢社会が進んでいる今、介護職は需要の高い仕事です。

これから介護業界で働きたい方、介護の仕事に就いていてステップアップを考えている方は取得、介護職員初任者研修を受けてしておくと良いでしょう。介護職員初任者研修をスクールに通って取得するには、介護大手のニチイ学館や介護・保育・看護に特化した人材サービス事業を行っているほっと倶楽部などがあります。

どちらも曜日や時間など多数に揃った講座から自分に合った講座を受講しながら、資格の取得を目指します。希望によっては介護現場を体験できたり、「就業の相談もできるので、受講から就業後までのサポートを一貫して受けられる点がメリットです。

就業後は、訪問介護員(ホームヘルパー)としてサービス利用者の自宅で生活の援助や身体介助などを行ったり、施設内介護スタッフとしてデイサービスセンターや老人ホームなどで多くのサービス利用者に介護サービスを提供したり、看護助手として病院やクリニックで働いたりといった就業先があります。就業はしないけれど、家族の介護に役立てたいという方のスクール受講もおすすめです。

介護職員初任者研修における通信制度、カリキュラムについて

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことであり、2013年4月の介護業界全体における法改訂に伴い名称が変更されたものです。その資格取得には、各都道府県が指定する研修機関や専門学校、通信教育等での教育を受け、内容的には130時間の講義、講習、実技演習を経た後に約1時間の修了試験を受験し、その試験に合格することで資格を得ることが出来ます。

ここでは、最近注目されている通信教育についてご説明します。一つ注意点として、一部通信業者では、受講価格が安い変わりに、介護職員初任者研修資格取得に最低限必要な実技演習が受けられない場合もあるので、事前確認は必ず怠らないでください。

介護職員初任者研修の資格取得については、様々な通信業者があらゆるカリキュラムを用意していることから、あくまで一例としてのカリキュラムを挙げてみましょう。まずは、規定のテキストによる自宅学習を行います。この内容としては、介護における理念や業務内容、役割のほか、介護技術の基礎知識や身体介護における技術、高齢者や障害を持つ方へのケアの方法などを学びます。

その後、実技演習を行います。この実技演習とは、テキストで学んだ技術等を実際に身体を使って行うことから、妊婦の方や身体の不調があることは受講することが出来ませんのでご注意下さい。そして実際に福祉施設に赴くなどして実地演習を行い、習得した知識、経験した業務等を基にレポート提出などがあり、最終的に修了試験に合格することで資格取得に至ります。

介護職員初任者研修で行われるグループワーク

介護職員初任者研修は、講義と実技をすべて合わせて130時間の履修時間となります。厚生労働省がこうした研修を行う事業者に向けて示している介護職員初任者研修に関する通知では、講義と演習は一体的に実施するように定められていますので、いずれの事業者で研修を受けた場合であっても、講義の途中にグループワークの時間が挟み込まれています。

介護職員初任者研修のグループワークというのは、受講生を5名程度のグループに分けて、そのなかでともに課題解決に取り組むものです。具体的な課題の内容としては、介護している人に好感を与えるあいさつのしかたなどをロールプレイとして役割分担しながらグループ内で試行錯誤したり、介護の現場でありがちな問題点をリストアップしてともに解決策を検討したりといったことが挙げられます。

一方的な講師による講義とは違って、みずから物事を主体的に考える機会となりますので、後々の介護職員としての実務にも役立ちます。通常はグループ内での性別や年齢などもまちまちであり、まったく話しをしたことがない相手と組むことになるため、受講生としては緊張を強いられる場面もありますが、何よりもプロの介護職員を目指すという共通の目的があるため、討議を重ねるなかで緊張も和らぐことでしょう。