介護職員初任者研修は独学でも取得可能なのか

どんな資格でもそうですが、資格を習得するためには専門学校などで勉強するほかに、独学で資格を取得する方法があります。その中で、介護職として人気が出てきている介護職員初任者研修は独学でも取得可能なのかについてまとめています。

介護職員初任者研修は独学では取得できません

介護職員初任者研修は独学では取得できません。より正確に言えばすべての講座を独学ではだめだということです。必ず座学だけではなく実地で学ばないといけない分野があるからです。

そもそもこの介護職員初任者研修資格は、訪問介護事業所でヘルパーとして働けるための資格ですから、ヘルパーとして実際の身体介護が出来なければ話になりません。実際の介護法などを学ぶ必要があるということです。

なお、従来のヘルパー1級などを取得している人の場合であれば免除される部分もありますが、この場合でも独学ではなく、あくまで専門学校等で学んでその上で試験に合格するという流れを取ります。介護職員初任者研修は、今後も在宅介護において相応の需要が見込まれており、在宅介護を行うヘルパーも相応に必要とされていますので、この資格を有する人は今後も増加していくと考えられています。

ただ、この介護職員初任者研修はあくまでヘルパーとして働けるということだけですので、給料アップなどを考える際にはこの上位資格である介護職員実務者研修資格を目指す必要もあるでしょう。できる仕事の範囲が広がるため、同じヘルパー関連の資格であってもこちらの資格取得者の方がより望まれる傾向にあります。

介護職員初任者研修の王道の取り方とは

ハローワークや民間団体が主催する講座への参加など、介護職員初任者研修の取り方は多種多様です。中には通信講座形式のものもあり、介護職員初任者研修に関しての取り方の選択は自由と言えます。最も王道である、介護職員初任者研修を取得するための方法を確認してみましょう。

介護職員初任者研修では実技講習を受ける必要があるため、思い切ってスクーリング方式を選択するのが効率的です。通信講座でも実技講習を修了させる必要があり、慣れ親しんだ環境での受講はリラックスして受けられます。初めて訪れる場所で実技講習を受けるとなると、緊張をしてしまいミスを誘発する可能性が高いからです。

自身のスキルに直結することですから、学んだことを最大限活かせるような取り方を選択しましょう。短期間で介護職員初任者研修を取得したいなら、そうした点をアピールしている団体の講座を受けることが良い取り方です。スクーリングでも、長期間じっくりと学ぶところもあります。

そこで得られることは多いですが、短期集中して資格を得たいという方には嬉しくないはずです。講座の期間に不満を感じながらの受講よりも、ご自身が納得できるカリキュラムの方が充実した時間を過ごすことができます。以上が、介護職員初任者研修の王道の取り方です。

介護職員初任者研修は条件ありますが通信でも取得可能

介護職員初任者研修は通学と通信とで学べますが、通信の場合でも実地で学ばないといけない部分があるため、数回は必ず学校や提携先の介護施設等で赴いて学ぶ必要があることに注意が必要です。

この介護職員初任者研修は、介護保険の事業所である訪問介護事業所で、ホームヘルパーとして働くことができるようになるための知識や技術を学ぶためのものです。したがって、この介護職員初任者研修取得者はそのまま訪問介護事業所等で即戦力として働けることを意味します。

また、かつてのヘルパー3級や2級といった資格取得をしていた人は、通信にしろ通学にしろ一部の授業を免除されますので、最初に申し込む段階で相談をしておくことが重要です。場合によっては実技そのものが免除されることもあるため、通信だけでも取得が楽になる可能性が高くなります。

自分の保有する資格で免除が受けられるかどうか不明な場合は、申し込みをする段階で申し込み先にあらかじめよく聞いて確認をしておくことが重要です。資格者証のコピーなどの添付が求められたりしますので、よく確認の上で申し込むことが重要となります。免除されても試験そのものは受験が必要ですので、その点にも注意が必要です。

定期的な通学で介護職員初任者研修

分野を学んで仕事に繋げる為には、学校を選択して学習する継続が欠かせませんし、介護職員初任者研修も定期的に通学する事で学べますから、学校を選び入学した後は介護職員初任者研修を通じて成長する努力が必要です。

通学はこれまでの経験と同じですし、必要な交通手段を利用して通う事が大切ですから、介護職員初任者研修だけではなく学ぶ為の意志が重要なので、卒業や資格の取得を目指した強い意志に意味があります。介護職員初任者研修を受ける場合も、通学の経験が役立ちますから、積み重ねが努力として価値になりますし、経験が実際の場面で発揮される事になります。

通学途中の小さな積み重ねが違いを生みますし、時間を有効利用して学習できるので、読書や資料に目を通す時間は生み出せますから、無駄なく学んで成長する事が大切です。成長のステップになる介護職員初任者研修は、能力を発揮して認められる事が将来に繋がりますし、十分な経験が人を成長させますから、困難であっても乗り越える強さが求められます。

学びは意欲があればチャンスは少なくないので、費用が必要であっても学習は可能ですから、目的に向かう意志と予算が用意できた場合は、効率的な学習の時間を確保する事が重要です。

土日に教室へ通って介護職員初任者研修資格を取得しよう

高齢化社会が進んでいる現代は、介護職が必要とされています。介護職員初任者研修は介護の入門的な資格で、介護に関する知識と確かな技術を習得します。これから介護業界で働きたい方、介護の資格を取得したい方に必要な資格です。受験資格は特にありませんので、誰でも資格を取得することができます。

「ほっと倶楽部」は、介護職員初任者研修を受講して資格が取得できるスクールです。関東・関西・九州の主な地域に教室があり、週1回の授業を6ヶ月間通って資格の取得を目指します。「ほっと倶楽部」では働きながら資格取得を目指している人の支援も行っており、教室によっては土日に教室を開講しているところもありますので、平日は今の仕事を勤務しながら資格を取ることも可能です。

資格取得後は、介護者の自宅に訪問して生活援助や身体介助などの介護サービスを行うホームヘルパー(訪問介護員)や、老人ホームやデイサービスセンターで介護サービスを行う施設内介護スタッフ、病院やクリニックで医師や看護師の指示のもとに介護サービスを行う看護助手などの仕事に就くことができます。

「ほっと倶楽部」では就業までのサポートや就業後のフォローもあるので安心です。土日を使って介護職員初任者研修の資格を取得したい方は、「ほっと倶楽部」のサイトをチェックしてみてください。