介護職員初任者研修の合格率はどれくらいなのか

ここ最近になって新設された資格である介護職員初任者研修ですが、資格の習得には講習の最後に修了試験に合格しなければなりません。ここでは、介護職員初任者研修の修了試験の合格率について詳しくまとめています。

介護職員初任者研修の合格について

2013年4月より、過去のわかりにくい介護部門におけるキャリアアップ制度や重複した学習法、煩雑化した制度改正などを目的として、ホームヘルパー2級と呼ばれる資格制度は無くなり、新たに介護職員初任者研修と呼ばれる資格制度が制定されています。

この介護職員初任者研修とは、前述のように仕事内容等はホームヘルパー2級とほぼ変わりはありません。料理や掃除などを行う生活援助のほか、直接身体に触れ、入浴や排せつ介護等を行う身体介護、車椅子や福祉専用車両を活用した外出介護などが主なものです。

過去と一番違う点とすれば、旧ホームヘルパー2級では130時間の講習(講義・演習等)を受けるのみで、その資格を得ることが出来ました。しかし、介護職員初任者研修では、130時間の講習の後、復習の意味合いも込めて、約1時間の修了試験を受けることが義務付けられています。この修了試験に合格しなければ、介護職員初任者研修の資格を得ることは出来ません。

なお、修了試験があるものの、前述のように基本的に復習の意味合いが強いことから、130時間の講習をしっかり受けてさえいれば、その試験合格は意外と簡単なものでしょう。法改正から間もないため、正式な合格率の発表は無いですが、介護職員初任者研修の合格率はほぼ100%であると推察されます。

介護職員初任者研修の合格発表はあるか

介護職員初任者研修というのは、従来からあったホームヘルパー2級課程に相当する新しい資格で、在宅と施設という区別をとりはらって、介護に携わる職員として求められる最低限度の知識や技術を勉強するための研修となっています。

介護職員初任者研修は、基本的には講義と実技スクーリングによって必要な事項を学習しますが、実はこれまでのホームヘルパー2級課程にはなかった特徴として、すべてのプログラムが終わった際に、受講生がどのレベルまで内容を把握したのかという到達度を測定するため、筆記試験が課せられることとなっています。

国家資格を得るための介護福祉士国家試験などとは異なり、筆記試験への合格そのものが介護職員初任者研修の到達目標ではありませんので、全国一斉の合格発表などというものはありません。筆記試験の内容についても、基本的にはそれぞれの受講先のスクールが独自に問題作成にあたっていて、研修で学んだ項目に沿ったものとなっていますので、難易度が著しく高いということも通常はあり得ないといえるでしょう。

ただし、この試験では合格発表がないかわりとして、不合格者については個別に呼び出しがされ、不得意分野の補習などが行われることになります。補習を受けて再度試験に取り組み、合格した場合については、一発合格の人と同じように修了証が交付されます。

介護職員初任者研修の合格率について

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級の資格のことを指します。これは、利用者(要介護者)に対するよりよいサービスの質向上と煩雑化していた介護事業の資格制度を一本化することで、長期間にわたる介護従事者の確保などを目的として、管轄官庁である厚生労働省が制度改革を実施した為、名称変更が行われたものです。

この介護職員初任者研修の合格率は、実はまだはっきりとした数値は示されてはいません。なぜならば、この資格は2013年4月の制度変更以降、修了試験の実績も多くは無い為と推察されます。なお、2013年3月末まで実施されていた、旧ホームヘルパー2級試験では全130時間の講習を受けるのみで資格を取得することが出来ました。

制度変更以降に大きく変わった点としては、全130時間の講義及び演習を受けた後に全復習の意味も込めた約1時間の修了試験を受けるようになったことです。とはいえ、この介護職員初任者研修の試験は、多くの時間を費やす国家試験とは違い、全部で130時間の講義及び演習を真面目に受けさえすれば、修了試験自体も前述のように復習の意味合いが強いことから、ほぼ100%に近い合格率を得ることが出来るのではないでしょうか。

一つ注意すべき点としては、旧制度と同様に130時間の講義、演習を1日でも欠席すると資格を得ることは出来ません。体調不良等や冠婚葬祭等によりどうしても出席出来ない場合は必ず振り替えの授業を受けるようにして下さい。

介護職員初任者研修試験合格にはテキストが必要です

高齢社会の到来が多くの問題を起こしています。認知症高齢者の入居施設の不足や、介護保険制度のシステムの崩壊などが問題視されていますが、もっとも大きな問題は介護職員の人手不足です。長年問題視されてきましたが、残念ながら根本的な解決には至っていないのが現状です。

政府や地方自治体が期待しているのが介護職員のキャリア形成です。介護支援専門員を最上級資格とし、介護福祉士の専門職としての価値を高めようとの試みが続いています。その試みから生まれたのが介護職員初任者研修制度です。ホームヘルパー制度を廃止し、その代わりに生まれたのが介護職員初任者研修です。

ホームヘルパーとの最大の違いは、介護職員初任者研修を取得するには試験が必要な点です。介護の専門職として必要な認知症に対する理解や、医療知識が求められます。また、介護職員としての職業倫理などが強く求められるのです。一方で、以前まで必須であった介護現場での介護実習は不要となりました。

座学による知識が求められますので、試験前にはテキストの熟読が必要です。テキストに記載されていない問題は出題されませんので、まずはテキストの勉強に注力しましょう。介護職員初任者研修はキャリアのスタートとなる重要な資格です。

介護職員初任者研修は通信制でも合格できるか。

介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級資格のことです。詳細については、割愛させてもらいますが、超高齢化社会と呼ばれる昨今の日本国内において、抜本的な介護制度の改革が必要であったことから、2013年3月に旧制度が廃止され、2013年4月から現名称へと変更になりました。

介護職員初任者研修の資格取得には、各種通信教育のほか、専門学校への入学が近道であると言えるでしょう。基本的には旧制度と変更は無く、130時間の講習(講義、実技演習を含む)を受けます。大きく変わった点とすれば、130時間の講習の後、全体的な復習の意味合いが強いですが、必ず約1時間の修了試験を受けなければならなくなった点です。

しかし、大きな心配はありません。講習さえ真面目に受けていれば、制度改定後間もないことから、正式な合格率の算出は未だ出来ていませんが、その合格率は95%以上と高いものと推測されるからです。しかし、一つ注記すべき点として、介護職員初任者研修には、前述のように必ず実技演習が必要なのです。

通信制の教育システムでは、非常に高い知識を得られることは言うまでもありません。ただ、実技演習を終えていなければ、いくら高い知識を持っていたとしても、介護職員初任者研修に合格することは出来ないのです。

現在では、通信制教育においても、日程に応じて実技演習を行っている業者が大半ですので、まずはインターネット上における公開情報などを細かくチェックすることをお薦めします。

介護職員初任者研修の修了証の保管はしっかりと

介護職員初任者研修の修了証を取得するには一定数の時間の講義と演習を受けなければなりません。時間数は130時間という短時間ではありますが、実際の現場では手技が重視されるため演習の時間は90時間という割合になっています。

最終的には1時間程度の筆記試験を受けて合格すれば修了証を事業所からもらうことができます。介護職員初任者研修は国家試験ではありませんが、法によって定められた内容を修得したという証明になります。さらに、その基となる法は厚生労働省が関与しているため、全国で使用する事が可能になっています。

一度、資格を取得すれば永久的にその資格を使う事が可能です。職場によってはコピーの提出を求められる場合もあります。万が一、紛失してしまっても再発行は可能です。介護職員初任者研修の修了証には受講した都道府県と修了番号が記載されています。

修了番号は、都道府県が認可した事業所であるかどうかの判断として必要な番号です。受講した事業所が倒産した場合には、都道府県に再発行を依頼しなければならない場合もあります。また修了証を持っていると、実務者研修の時間が一部免除される場合もありますので、わかる場所に保管しておく必要があります。