介護職員初任者研修とヘルパー2級の違い

介護職員初任者研修とよく似た意味でつかわれている言葉にホームヘルパーがあります。資格取得までの講座内容や仕事内容もほぼ同じですが、このふたつはどう違うのでしょうか。ここでは二つの違いについて詳しくまとめています。

介護職員初任者研修はヘルパー2級から変わった新制度

2013年4月よりヘルパー2級に変わって新制度の介護職員初任者研修に変わりました。この介護職員初任者研修はこれまで実施されてきた訪問介護養成研修課程であるヘルパー1級、2級、3級また介護職員基礎研修課程が一元化されました。今までヘルパー2級を取得している人は介護職員初任者研修課程を修了者とみなされます。

制度の変更により今までは施設実習が必須科目だったのが、同等の学習ができる学習施設であれば取得ができるというようになりました。また修了試験に合格することによって研修が修了と義務づけられるようになったので、確実に技術や知識を習得できるようになっています。不安感なく仕事や家庭介護に活かせる資格になっています。

介護職員初任者研修は介護業界に就職しようとしている人にとっては自信を持って始めることが出来ます。また介護現場だけではなく家庭での介護や知識としても活かせる資格ともいえます。現代の高齢化社会に伴って需要の多い業界の介護現場では、資格取得者は必要とされています。

介護職員初任者研修課程で介護の事例などを学ぶことで職場以外での不慮の事態でも経験を生かして対処が行えたり、学習での知識が活かせる役に立つ資格のひとつです。

ホームヘルパーなりたいなら 介護職員初任者研修とは

4人に1人が高齢者と言われる超高齢化社会の世の中で、介護を必要としている人が増加しています。介護サービスの内容も多岐にわたり、介護に従事する職業もさまざまあります。ホームヘルパーとは、訪問介護員のことです。サービスを利用している人の自宅を訪問し、例えば食事や排せつ、入浴などの利用者の生活面の介助を行う仕事に従事している人を指します。

研修を受けて修了した人がホームヘルパーとして働くことができます。ホームヘルパーに従事している人は、国家資格である介護福祉士の資格、または介護職員初任者研修や実務者研修を修了している人です。これからホームヘルパーの仕事に就きたい方は、各都道府県の指定を受けた事業者が実施する介護職員初任者研修を修了する必要があります。

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級に相当するもので、平成25年4月より、訪問介護員養成研修と介護職員基礎研修が介護職員初任者研修に一元化されています。全カリキュラムを修了し、修了試験に合格した人は、全国に通用し、確かな介護の知識と技能を持っている証明となります。訪問介護以外にも、病院や施設、サービス業界でも介護の知識が求められているので、資格取得は就職や転職にも有利です。

訪問介護員になるためには最低限介護職員初任者研修資格が必要

介護保険事業所の訪問介護員として働くためには、最低限介護職員初任者研修資格を有する必要があります。かつてのヘルパー2級などの資格からこの訪問介護員の制度が変わり、現在では介護職員初任者研修と介護職員実務者研修とに分かれるようになりました。

ただ、どちらも既定の講義を受講し、その後試験に合格すれば晴れてそれぞれ資格を得られます。そのため、介護職員初任者研修をまずは取得して、その後介護職員実務者研修を取得するもよし、あるいは最初から介護職員実務者研修を最初から目指すもよしという制度となっています。

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修の違いは、前者が訪問介護員として働ける最低限の資格であるのに対して、後者は訪問介護員として働く以外にも、訪問介護事業所に配置が義務付けられているサービス提供責任者としても働くことができるという点にあります。

こうした違いはありますが、介護の世界に初めて足を踏み入れるという場合には、まずは介護職員初任者研修から始めるという選択も十分に想定できることです。まずはこの資格を足掛かりとして実務経験などを積んで、その後さらにステップアップを図っていくということも考えていくことも重要でしょう。

介護職員初任者研修を受けてデイサービスで働くときの注意点

介護職員初任者研修とは、訪問・施設問わず、介護職として働くために必要な基本的な知識や技術を修得するための研修です。もともとは、ホームヘルパー2級といわれていた資格で、2013年度より、介護職員初任者研修へ移行されました。

介護職員初任者研修の資格を持つ方の仕事というのは、高齢者や障害のある人の食事や入浴、排せつの介助や、買い物や通院の付き添いなど、日常生活のサポートをすることです。介護職員初任者の職場は、デイサービスや老人ホームのような施設のほかに、介護が必要な利用者のいる各家庭があります。

デイサービスでの介護においては、自宅で生活しながら、数時間、施設において入浴や、食事などの介護サービスを行うわけで、利用者の生活基盤は自宅ですから、自分で日常生活に必要な動作ができなくなっては困りますから、介助することと、しないことを見極め、本人ができることはなるべく自分で行ってもらうようにして、一人ではできないことを適切な介助量で行うことが大切です。

また、利用者がデイサービスで安全に楽しく過ごすことができるように、見守りや声掛けをすることも必要です。またデイサービス利用中、利用者と一番長い時間を過ごす介護のスペシャリストとして、必要があれば看護師やケアマネージャー、医師など利用者にかかわる他職種との連携を図ることも重要なスキルとなってきます。

介護職員初任者研修を取得すれば派遣で働くことが可能

介護職員初任者研修の受講生が増えてきました。以前のホームヘルパー2級制度とは異なり、介護職員初任者研修では介護実習が必須ではありません。座学中心のカリキュラムの為、試験はあるものの、資格取得が容易になりました。また、将来的な介護福祉士取得にもつながるため、専門職としてのキャリアをイメージしやすくなりました。

昨今では介護職員初任者研修を開講している養成校が、有料の人材派遣業を行うようになりました。単にビジネス的な視点だけではなく、派遣制度には離職率の減少につなげる想いが添えられています。介護職員初任者研修を取得したとしても、ほとんどの方が介護現場は未経験です。

未経験者がその施設に定着できるかは、人間関係のマッチング等を含め、実際に働かなくては分からない要素が多いです。そこで、いきなり正職員として勤務するのではなく、お試し的な要素を含めながら派遣として働くことが薦められているのです。

施設側にとっても派遣を活用することはミスマッチ防止の観点からもメリットがあります。閉鎖的と言われている介護施設にとって第三者的視点が含まれることも重要な要素です。介護職員初任者研修を取得した方は、派遣会社に登録することをお勧めします。

介護職員初任者研修後の病院選びのポイント

介護職員初任者研修後の就職先選びの中には医療施設を希望される方も多くいます。医療施設の特徴を十分に把握する必要があります。まず病院にもたくさんの種類があり、ひとまとめに病院と言っても様々な役割があることを理解するべきです。

病院の種類には総合病院などの手術や救急の患者さんを主に診る病院や療養病床など慢性的に患者さんを入院させている施設など様々です。医療施設の介護職員初任者研修などの介護職員はほとんどの場合、入院患者さんの入浴やおむつ交換、食事介助や配膳などの介護が主な仕事で看護師さんの補助が一番の役割になります。

またリハビリを行っている施設ではリハビリ助手などの仕事も募集があることがあります。こちらも理学療法士等のリハビリ専門職の補助を行うことが主な業務になります。介護職員初任者研修などの介護専門職員はどうしても介護施設と異なり主体的に業務を行うことが難しいのが現状です。

しかし当然、手術など重傷者を扱う施設では緊張感ややりがいは大きいものです。その分やはり疾患の把握などより広い知識が求められます。学習も介護施設以上に必要になります。
やはり患者さんの容体など些細なことにも気づく目も必要になってきます。