介護職員初任者研修を取得するために必要な費用について

高齢化社会が進むにつれ求められてくるのは介護職として活躍できる人材です。その中でもここ最近注目を浴びているのが介護職員初任者研修ですが、ここでは介護職員初任者研修を取得するために必要な費用についてまとめています。

介護職員初任者研修の取得費用について

多様化する介護ニーズや超高齢化社会と呼ばれる現代において、介護業界における抜本的な改革が求められてきました。そのような中で、より上位の資格取得を目指す際の制度が煩雑化していたこと、違う種類の介護資格を取得する際に同じような学習を重複して行わなければいけないなど、あらゆる問題点が生じていたことから、管轄する厚生労働省が抜本的な改革に乗り出し、2013年4月から旧ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修として名称が変更されました。

介護職員初任者研修への名称変更のほか、制度改定前は130時間の講義、講習、実技演習を受けるのみで資格を取得出来ていましたが、制度改定後は講義、講習、実技演習を受けた後に約1時間の修了試験を受け、その修了試験に合格することで、介護職員初任者研修としての資格を得るように変更となりました。

この資格を得るためには、医師、介護福祉士等の専門的な資格を得ている場合を除き、各地方自治体が定める研修機関や専門学校、通信教育による学習を行う必要があります。この場合の費用として、小中規模の業者であれば最低で6万円から7万円程度の費用で補うことが出来ます。また、大手業者であれば10万円程度が相場となるでしょう。

この金額の違いに大きな差異はありませんが、アフターフォローや稀に発生する補講に対する対応の違いが出てくるものです。なお、一番の注意点として、前述のように介護職員初任者研修には、実技演習が必要不可欠です。中には通信教育等で、実技演習は別に講習する必要があるなどの場合も稀にあることから、より安価での資格取得を目指す場合は、細かい情報収集を行うことをお薦めします。

介護職員初任者研修にかかる費用の違い

介護職員初任者研修は、都道府県の指定を受けた事業者が実施するのが通常ですが、この指定を受けているのは全国各地にある福祉系の専門学校などです。カリキュラムとしては厚生労働省の基準にしたがっていますので、どの事業者で研修を受けたとしてもおおむね同一ですが、受講料やテキスト代といった費用については、事業者によってかなりの開きが出てきます。

介護職員初任者研修の受講にあたり、費用が安いところでは5、6万円台のこともありますが、15万円や20万円といった場合もありますので、慎重に事業者を選ぶ必要があります。

この費用の違いについてですが、介護職員初任者研修の標準的な時間数は130時間ですので、2週間程度で集中講座として実施する場合と、1か月程度の時間をかけて実施する場合とでは事業者の労力も異なりますので、費用の多寡として跳ね返ってくることがあります。受講者の都合にあわせて履修時間を柔軟に調整できるかどうかといったポイントでも異なってきます。

そのほかにも、この介護職員初任者研修では、実技の時間にかなりのウエイトが置かれていますので、介護用品をふんだんに使える、施設が整っているなどの点でも費用の違いが生じる場合があります。

介護職員初任者研修の受講料について

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことで、介護業界全体の改革に伴い、管轄する厚生労働省が2013年4月から法改訂を行い、名称変更が為されたものです。基本的な仕事内容は、旧ホームヘルパーと同様であり、要介護者の掃除や調理、買い物等の生活援助を行うことや入浴介護、排せつ介護、外出介護等を行うことが主な仕事と言えます。

なお、介護職員初任者研修の資格を得るためには、各地方自治体が指定する研修機関、専門学校、通信教育等での講義や実技演習を行うことが必要であり、約130時間の講義、実習を終了した後の約1時間の修了試験を受け、その試験合格後に資格を取得することが出来ます。

この介護職員初任者研修の受講料については、小中規模の通信教育課程であれば、最低受講料として6万円程度あれば可能です。ただし注意点としてあまりにも安すぎる通信教育等の場合は、必須条件である実技演習等が別料金、別講習である場合もあるので、必ず確認してください。

また、大手通信教育課程であればアフターフォローや補講等の充実性を求めるのであれば10万円程度が相場となるではないでしょうか。そのほか、細かい質問をしたい、より詳しく学びたいなどの場合は専門学校での講習をお薦めしますが、その場合の受講料は10万円程度から最大でも20万円以下が一般的な料金となっています。

教育課程や機関によっても料金体系は大きく変わることから、まずは資料請求や細かい情報収集を行うことをお薦めします。

介護職員初任者研修の課程を修了する際に必要な金額

介護職員初任者研修は、厚生労働省が指定した介護サービス事業所や地方自治体で講習を受け、都道府県から認定証を受け取ることで課程が修了します。

介護職員初任者研修の認定を受けるために、通学にするか通信講座にして資格を取得するかということは選べますが、通信講座の場合にも130時間のうち90時間は通学する必要があるため、自宅や勤務先の近くで学校を選ぶことが一般的です。

また受講料の金額も約5万円から15万円の間とされており、通学先によって幅があります。金額や場所、受講日程が自分の生活スケジュールに合うのか、平均は4ヶ月といわれていますが、どのくらいの期間で資格が取得できるかを検討した上で決定することが大切です。介護職員初任者研修は、2013年4月以降ホームヘルパー2級から名称が変わりました。

ホームヘルパー2級と講座カリキュラムの内訳は、実技がより重視されるようになっています。ホームヘルパーに求められることは、洗濯や掃除、調理などの生活支援や排泄、入浴、食事の世話などの身体介助などの仕事の技能面だけでなく、利用者の不安や悩みに対する相談にのり、助言を与えることとされています。在宅介護から施設介護まで様々な分野で活躍することができます。

高い費用は介護職員初任者研修に必要なのか

学習費用の負担が必要な場合は、金額に見合う内容で学べる事が重要ですし、比較的高い費用の場合は内容を十分に確認しますから、納得する事が出来ないと介護職員初任者研修を前向きに受ける事が難しくなります。

介護職員初任者研修を積極的に参加する為には、高い金額であっても納得して理解出来る必要があり、説得力のある学習内容が用意されている事や、過去の結果が実績としてある事で選ばれる様になります。

学習には費用が少なからず必要ですから、出費を避ける事は介護職員初任者研修でも難しいですが、無駄を減らして支出を減らす事は可能なので、無駄なく効果的に学べる費用を見付ける事が大切です。

高い金額を支払ったからといって、密度が濃く価値のある学びが得られるとは限りませんし、学習の姿勢次第で効果は変わりますから、意欲と教育の質が持つバランスで選ぶ事が必要です。

介護職員初任者研修の高い費用を支払う事により、質の高さが約束されると思い込んで学習を始めれば、結果に限らず失望を招く事になりますし、満足出来ないだけではなく不満の結果に繋がります。サービスは中身が重要ですし、事前に説明を十分に受ける事が欠かせませんから、介護職員初任者研修も費用に見合う中身がある事が求められます。

介護職員初任者研修の受講費用は分割払い可能

不況に強く、これからの高齢化社会で更に需要が高まっていくのが介護の仕事です。介護福祉関係の仕事にも様々な現場がありますが、初めて介護業界で働くのなら基本資格となる介護職員初任者研修の資格をまずは取得しておくと良いでしょう。以前はホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、名称とカリキュラム内容が変わって介護職員初任者研修となりました。

介護職員初任者研修の資格を取得するなら、ニチイや三幸福祉カレッジ、ハクビや大原など様々なところから受講が可能です。講座は通学のみの短期集中コースや通信教育と通学を併用した平日・土日コースなどがあり、短期集中だと最短1ヶ月・通信教育との併用でも4ヶ月程度で資格が取得できます。

介護職員初任者研修のカリキュラム内容には、必ず実技演習があるので通学は最低でも10~20日間ほどあります。以前に比べて、より専門性の高い介護知識と技術が学べるようになって、修了試験も必須となりました。そのため、受講費用も5~9万円ほどだったのに対し、10~18万円ほどが相場になりました。

ですが、大体分割払いが可能なところも多く、割引制度キャンペーンを行っているところもあります。一括払いが難しいと考えるなら、事前に分割払いが可能かどうか確認しておくと良いでしょう。介護職員初任者研修の資格は、家庭での介護にも就職にも役立つので持っておいて損はないです。

介護職員初任者研修の受講料の分割払い

介護職員初任者研修は、少し前までのホームヘルパー2級課程にあたるもので、介護職員として最低限必要なスキルを身につけることを目的として開設されており、この資格を取得できれば介護福祉士などの上位資格に向かってステップアップを図る上でも有利とされています。

研修プログラムは、トータルの時間数で130時間となっており、通学か自宅学習のいずれかで学科を受講し、そのあとで実技スクーリングに出るというパターンが一般的です。介護職員初任者研修は、全国の福祉系の専門学校などで開講していますが、取得のための費用としては10万円から20万円程度というのが相場であり、一度に支払うのは困難な場合には、便利な分割払いの制度を導入しているところもあります。

こうした分割払いのサービスは、学校側が民間の金融会社の教育ローンなどと提携しており、学生に有利な条件となっている場合も多いようです。また、介護職員初任者研修が厚生労働大臣が指定する教育訓練給付制度の指定講座とされている場合には、所定の手続きをすればあとで受講料の20パーセント相当がハローワークから戻ってきますので、分割払いとあわせてこうした制度を検討するのもよいでしょう。

学習のローンと介護職員初任者研修に必要な結果

リターンを求める投資を行う場合は、リスクを理解して投資先を決める必要がありますし、学習も収入に結び付く経験が出来なければ価値はありませんから、介護職員初任者研修や学習を行う場合の費用は良く考えて支払う事が重要です。

費用が大きくなればローンも避けられない要素になりますし、介護職員初任者研修以外にもお金が必要な場面は数々発生するので、大きな支出が必要な機会が度々発生すると、総合的な経済の負担が増大します。ローンは返済が欠かせませんし、介護職員初任者研修はお金が必要で結果が伴う事が欠かせませんから、投資に見合うリスクを理解した結果として、投資を決めて支払う事が大切です。

リスクが大きいローンであれば、必ずしも望んだ結果になる保証はありませんし、投資や学習の機会を介護職員初任者研修で活かせ無ければ費用は無駄になりますから、結果を価値として得る事は出来ずローンの返済が残ります。

学習の費用は得られる価値を知る事が重要であり、レベルの高い学習機会であっても意欲が必要なので、高い意識と努力目標を明確にする事が出来れば、投資のリスクに見合う決断を行う事が可能です。ローンの契約も現実的な返済が大切ですから、無理な契約は後の負担が重くなりますし、投資の結果が得られた場合も支払いの事を考慮する必要があります。

介護職員初任者研修と補助金制度について

介護の仕事に転職することを考えている人は介護職員初任者研修を受けることが必要になります。介護職員初任者研修は介護の仕事を行うために最低限必要な知識や技術を習得するための研修です。ほとんどの介護施設は就職するときの条件に介護職員初任者研修を終了していることが必要になります。

習得するためには、学校に通ったり、通信教育を受けながらスクーリングを行う必要があり、6万円台から20万円くらいまでの費用がかかります。転職を考えている人にとってはこの金額は大きな出費になります。そこで利用したいのが補助金制度です。

介護分野は人材が不足していることもあり、様々な補助金制度を利用することができます。一つ目は求職者支援制度です。公的支援制度のひとつであり、利用するためには様々な条件があります。条件を満たしたとしても、全員が受けられるわけではなくテストで合格することが必要になります。

テストに受かることが出来ればテキスト代以外は補助してもらうことが出来ます。さらに月々10万円の給付金と交通費を補助してもらうことが出来ます。しかし、実際には倍率が高く簡単には利用は出来ません。この他にも教育訓練給付制度や母子家庭自立支援制度を利用すれば2割程度の費用を補助してもらうことが出来ます。