介護職員初任者研修の需要は年々高まってきている

日本は深刻な少子高齢化で、若者の数が減っているのにどんどんと高齢者が増えていっています。そこで需要がどんどん高まってきているのが介護職員初任者研修です。ここでは介護職員初任者研修の需要と供給について詳しくまとめています。

介護職員初任者研修の需要は高いです

介護職員初任者研修の需要は高いです。なぜならば、国、厚生労働省の意向で施設介護から在宅介護へと舵を切っているため、今後も在宅介護について重点的に施策が組まれることは避けられない情勢だからです。

そんな中、在宅介護については、その中心となるのは訪問介護事業であることは明らかであり、その訪問介護事業でヘルパーとして働けるのは介護職員初任者研修資格など公的な資格を有する人だけです。つまり、この介護職員初任者研修資格は今後も相応に需要が見込まれるというわけです。

介護職員初任者研修は訪問介護事業でヘルパーとして働ける資格ではありますが、さらにこの資格の上位資格である介護職員実務者研修資格を目指すなど、さらに上位資格を狙うことで賃金上昇を目指すことも可能です。つまりこの資格を足掛かりとして介護のスペシャリストとして活躍する道が開ける場合があるということです。

介護職員としてかつてのヘルパー3級等の資格よりさらに専門性が増してきており、今後もこの資格取得者の需要は大きく、また重要であることから、地域によっては資格を有する人が不足する可能性も示唆されており、この有資格者が厚遇される可能性も増してきています。

介護職員初任者研修を受けた場合のメリット

介護職員初任者研修は、2013年よりそれまであったホームヘルパー2級にとって変わる資格として登場しました。介護職員初任者研修は、文字通り初めて介護職員として働くさいに必要となるもので介護者に必要な最低限の知識や技術、またそれを行うさいの考え方の家庭などを身につけるもので、研修を通じて取得することができます。

基本的なことを学ぶだけなので、介護職員初任者研修は介護職を行う上での入門資格とも言えるものです。なお、ホームヘルパー2級は廃止されていますが、ホームヘルパー2級を有している人は介護職員初任者研修を受けたこととして介護職員初任者研修と同等の扱いとなります。

なお、研修の内容は介護技術講習が75時間で、研修を通しての評価が導入されています。また研修後には演習を受けることになりますが、この前に基礎知識を確認する筆記試験があります。演習では講師が確認し評価され、さらに全科目終了後に修得状況を評価するための筆記試験があるなど、それまでのホームヘルパー2級に比べて、格段に知識が技術修得度が上がっています。

そのため、介護職員初任者研修を受けた場合には、介護施設への就職に有利に働きますし、また介護で独立開業しようとするさいにもその知識と技術を役立てることができます。

ホームヘルパーと介護職員初任者研修の講座内容を比較

2013年度にホームヘルパー2級の資格が廃止となりましたが、廃止直前に駆け込み受講が急増したそうです。それにはホームヘルパー2級と介護職員初任者研修とを比較してみると、講義内容の違いと受講費用の差が理由となっているからのようです。

まず大きな違いは従来のホームヘルパー2級では、講義を受ければ誰でも資格が取得出来ましたが、介護職員初任者研修になってからは修了試験に合格して資格を取得する形になりました。受講時間は同じですが、実習がなくなって実技スクーリングの時間が増えて、より専門性の高い介護技術を学べるようになりました。

近年の実習スクーリングは、現場とほぼ同様の設備の整った環境での実技演習が可能となりましした。ホームヘルパー2級の資格取得の際に行われていた実習は、内容に偏りがあって現場に行っても見てるだけの状態が多かったようだったことが廃止の理由だそうです。

学習内容を比較してみると、以前は主に在宅サービスに重点をおいた内容だったのが、介護職員初任者研修では在宅と施設の双方に共有出来る内容となり、認知症に関する内容もより詳しく学べる内容になったようです。これからの介護業界での介護職員は、質の高い介護が求められてくることとなるでしょう。

介護職員初任者研修の経験があんしんを実現する

仕事が安定した職業の場合は、10年単位の長期的な仕事が行える可能性は高まりますから、経験が豊富で必要とされる事が求められる人材としての価値になりますし、リストラがあっても残る事が出来る様になります。

あんしんの将来を得る為には、仕事が出来る事を証明する必要があるので、経験を積み重ねる事は基本的な事ですが、介護職員初任者研修も不足なく経験して蓄積する事が大切です。介護職員初任者研修で得られる経験は、仕事の現場で役立つ価値を持ちますし、先に向かって成長する事が出来れば、将来の生活はあんしんを増やす事が可能です。

あんしんは向こうからやって来ませんし、積極的に仕事を覚えて挑戦する事が欠かせませんから、介護職員初任者研修の後も努力する必要があるので、役立つ技術を高める事が結果に結び付きます。就職が決まってあんしん出来たとしても、将来の保証が有るとは限りませんから、立場を守れるのは自らと心得る事により、真剣に仕事を取り組んだり責任を持って行動が起こせます。

現場で役立つ知識や経験は、介護職員初任者研修も無駄にはなりませんし、小さな挑戦が役立つ事は十分にありますから、成長を諦めないチャレンジ精神が人材に価値を与えます。

介護職員初任者研修の資格取得で学んだこと

介護職員初任者研修は、介護現場で仕事をするなら持っておいて損はない基本資格です。以前よりも専門性の高い介護の知識や技術が学べるようになり、これからの高齢化社会において必要な人材です。

受講者の年齢層は様々で、20代~50代・60代となっています。それぞれ受講するきっかけは、家族の介護をするために役に立つと考えたり、就職活動の為だとかとりあえず勧められて受講したとか、既に介護現場現場で働いているけど介護職員初任者研修の資格を取得する為に受講する人もいるようです。

未経験者でも既に現場で働いた経験がある人でも、受講して学んだことは自分のスキルとなって新しい発見があったり介護の現状を理解することが出来たり、必ず良い経験になるものです。知識だけでなく、利用者側の気持ちを理解してその立場になって気配りをするということも必要になってきます。

旧ホームヘルパー2級の資格取得の際にはありませんでしたが、介護職員初任者研修では修了試験があります。講座で学んだことが出てくるだけなので、きちんと真面目に取り組んでいれば簡単な試験だそうです。是非、資格を取得してこれからの就職や在宅介護に生かしていってほしいものです。

介護職員初任者研修を取得して働く動機について

家庭に入って、しばらく経つけれど、そろそろ子供にも手がかからなくなったから、また、働き始めようと思っている女性も多いでしょう。再就職先で人気なのが、事務や販売です。ところが、人気があっても、競争が激しくて、なかなか採用までこぎつかないこともしばしばです。

それなら、資格をとって、人から感謝されるような仕事に就いてみたいと思いませんか。今、高齢化社会を迎え、介護や福祉の業界は人材不足です。幅広い人材が求められる中で、家事など経験豊富な主婦の方の力が今必要です。資格が後押ししてくれるので、求人に事欠きません。働きたいと思ったら、働き先はたくさんあります。長く働けるので、主婦の方におすすめです。

そこで、ぜひ取得して欲しい資格が介護職員初任者研修です。介護の資格の入口的な資格です。介護について何もわからない人でも、しっかり勉強すれば取得できる資格です。介護の仕事をするのに動機はさまざまあるでしょう。

求人数が多いから、介護の経験があるから、長く働けそうだからと、いろんな動機があります。介護職員初任者研修の資格さえあれば、いつでも復職も可能です。介護職員初任者研修の資格がなくても介護の仕事はできますが、資格があれば、仕事の幅が広がって、給料にも影響します。

介護職員初任者研修を雇い入れることの利益について

現在、介護報酬の加算関係で常勤の介護職員で介護福祉士の割合に応じて加算額が変わっています。しかし、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修の職員さらにはホームヘルパー等も事業所が雇っても直接の利益にはなりません。結局のところは介護福祉士の下位資格となりますので、国の評価としても低いものとなっているのです。

ただし、今後の国の方針で、介護プロフェッショナルキャリア段位制度というものが導入されることになっています。まだまだ準備段階で実用には時間がかかるものですが、将来的には介護職員初任者研修や介護職員実務者研修は介護職員というキャリア形成の第1段階もしくは第2段階として、総合的なキャリアとしての評価がされるものとなる予定です。

つまりは、現段階では介護職員初任者研修や介護職員実務者研修は事業所側にとって有資格者だろうが無資格者だろうがどちらでも構わないものに近い形になってしまっていますが、これらがキャリアの一部として厚労省が資格取得を進めてきた場合に、加算として評価され可能性もありますので、そうなると事業所側としても利益の一部として雇い入れる可能性は出てきます。

現在は介護職員の低レベル化が水面下では懸念されておりますので、キャリアを積むという意味でも自身のレベルアップにも繋がりますし、将来的には国や事業所側からも評価されることとなるでしょうから、今のうちに取っておいた方が良い資格ではあるでしょう。