介護職員初任者研修を取得するための講座について

介護職員初任者研修としての資格を取得するためには、定められた一定時間の講座を受講しなくてはなりません。ここでは介護職員初任者研修としての講座と講座を受けられるスクールの口コミや評判などについてまとめています。

介護職員初任者研修講座はいろいろある

介護職員初任者研修とは従来のホームヘルパー2級のことです。これは2013年4月からホームヘルパー2級に変わり新しくした介護の研修課程のことですが、仕事の上では基本的にはホームヘルパー2級と何ら変わることはありません。

介護職員初任者研修は未経験の方や無資格の方を対象とした研修課程で、講座のカリキュラムは130時間と決まっています。ただし変更された点はそれまで行っていた実習が廃止されたということ、修了試験が新たに加わったことです。

介護職員初任者研修の講座には様々なコースがあり、一番人気なのが最短一カ月のコースです。これは一週間のうち3~4回を授業で行い、一部通信形式の自宅学習を組み合わせることによって、一気に講義や演習を消化して資格が取れる人気のコースとなっています。

また平日土日週一回・四カ月コースや、週二回・二カ月コースなどもあります。また平日の夜間の週四日の二カ月コース・週二回の四カ月コースなどもあります。

介護職員初任者研修には通信講座もありますが、これは必ずスクーリング義務があるので自宅学習だけでは、資格が取れない仕組みになっています。通信にできる時間が40.5時間と決まっているのでその割合が大きいものがこれに当たります。

介護職員初任者研修は口コミなどを参考に講座を受講

介護には、色々な資格があります。中でも有名なのが、介護職員初任者研修です。介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級の事で、介護ヘルパーと言えば思いつく人もいるかも知れません。高齢者や心身障害者など、生活に不自由がある人をサポートする仕事です。老人保健施設や養護老人ホームなど、介護福祉施設や介護が必要な人の家を訪問する、訪問介護などで働く事になります。

訪問介護以外では必ずしも資格が必要ではありませんが、資格を取得しておいた方が就職に有利になるでしょう。また、将来的にも資格を取得しておく事で、ステップアップが出来ます。年齢にかかわりなく仕事が出来ますし、全国に職場がありますので安心です。その資格を取得するには、勉強が必要でしょう。

独学で本などを参考に勉強する人もいるかも知れませんが、通信講座などで勉強した方が確実に取得出来ます。そこで、お勧めがインターネットの口コミを参考にする事です。通信や通学を選ぶ事も出来ますし、色々な講座で扱っていますのでそれぞれのメリットデメリットが探せます。

自分に合った講座を探す事も可能になるので、安心して資格取得が出来るでしょう。介護職員初任者研修の資格を取得する場合は、口コミで通信講座などを探して見て下さい。

介護職員初任者研修の評判を参考にして

しばらく専業主婦でいたけれど、そろそろ社会復帰したいと思っていませんか。ブランクがありすぎて、社会に出るのを、二の足を踏んでいる主婦の方も多いでしょう。自信を持って社会に羽ばたくためには、資格があると心強いです。それならまずは資格取得のための勉強からスタートしませんか。

介護の資格はいかがでしょう。自分には介護は無理だと諦めていませんか。介護業界は人手不足が深刻です。常に人材を募集しています。お近くの介護事業所でも、人材を募集しているなら働くチャンスかもしれません。それなら、介護の資格がおすすめです。

介護職員初任者研修という資格をご存知ですか。ホームヘルパー2級が名称を変更したといえばわかりやすいかもしれません。多くのスクールで取得可能な資格です。短期間で取得でき、通信でも学べます。自宅学習も必要になりますが、持っていれば、スキルアップにもつながります。

自宅では、テキストレポートの作成が必要になり、実績豊富な介護職員初任者研修を行っているスクールが資格取得の近道です。それぞれのスクールの評判はまちまちです。口コミが重要になるでしょう。介護職員初任者研修のテキストや講師陣の顔ぶれなどの評判を参考に、スクールを見つけましょう。

介護職員初任者研修を無料で受講する方法があります

介護職員初任者研修資格講座を無料で受講する方法があります。ハローワークが援助する研修ですが、この研修を受講するには失業保険が切れているなどの条件が必要です。それでも生活費がもらえる上に研修の受講料が無料になるなど、非常にお得な制度があります。

この制度は何も介護職員初任者研修だけではなく、その他の資格でも講座が開設されていることがありますが、この制度の利用にはまずはハローワークに行って、受講者が条件を満たしているかどうかを確認する必要があります。

また、研修の受講時にはそのほとんどの講義について出席しなければならず、しかも正当な理由なく欠席をする場合など条件を満たせなくなった場合には受給した生活費を返納しなければならないこととされています。それ以外にもいろいろ条件が厳しいため、ハローワークでよくこの制度の説明を受け、納得の上で受講することが重要となってきます。

介護職員初任者研修自体はその名称に初任者とあるだけに、始めて介護の仕事をしてみようかという人向けの内容です。したがって、賃金などの待遇などの面でより高みを目指したい場合には、より高度な知識や技術が必要とされる資格にアタックすることが求められますので、その点にも注意が必要です。

介護職員初任者研修の無料受講する方法

旧ホームヘルパー2級の講座が介護職員初任者研修と名称を改め、受講講座が各都道府県で開講されています。しかし、受講のために講座料金が10万円から16万円とかかってしまうことや、講座受講が平日であったり、通信講座で自宅で進めなければならなかったりと、資格を得るまでに様々な問題があります。

介護職員初任者研修の資格を得たくても、現在も介護の現場にお勤めの方や、転職を目的とする方には生活のためには仕事を続けながらの受講となります。そこで、ハローワークを通じた無料受講の講座を検索することをおすすめします。

厚生労働省では失業率の改善のための職業訓練の実施がされています。全国的に求職者支援訓練として、3ヶ月から6ヶ月の期間無料受講できるほか、生活支援給付として付10万円の給付金の支給など失業者の生活支援と就職支援を同時に実施する制度となっています。

他にも都道府県によっては、失業者対策のために職業訓練校などの委託により3ヶ月ほどの期間の介護職員初任者研修の訓練を開講している場合もあります。その場合も生活支援給付の対象となりますので、最寄のハローワークにて受付相談ができるようになっています。

特に、介護の現場での人材不足解消も社会的な課題であり、国又は都道府県においても開講に積極的な姿勢があります。資格取得をお考えの方は、一度ハローワークに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。