介護職員初任者研修の給料はどれくらいなのか

介護職としてまた最近注目を浴びている介護職員初任者研修ですが、やはり気になるのが給料などの収入面。ここでは介護職員初任者研修の月給や時給、年収についてくわしくまとめています。

介護職員初任者研修の取得でできる仕事は?

「介護職員初任者研修」は、介護職の入門の資格で、初めて介護を学ぶ場合には取得しておくべき基本の資格です。介護の知識や技術に加えて、高齢者との接し方、介護・福祉の考え方も学ぶことができ、実務に役立ちます。誰でも受講することができ、修了試験で合格すると資格を得ることができます。

「介護職員初任者研修」の資格で、できる仕事にはどのようなものでしょうか。福祉施設に勤務する場合には、老人ホームやグループホームの介護職員として、介護業務を行います。訪問介護ヘルパーでは、利用者宅を訪問して、家事援助や身体介護を行います。

デイサービスセンターでは、高齢者の入浴や食事、リクレーションなどのサポートを行います。医療機関では、院内ヘルパーとして医師や看護師の指示に従って高齢者のケアを行います。このように「介護職員初任者研修」の資格があれば、できる仕事の範囲は幅広く、家族の介護や地域のボランティアとしても、その知識や技術を生かすことができます。

また、「介護職員初任者研修」は、介護福祉士やケアマネジャーの資格取得の入口にもなります。高齢化が進む現代、介護職員のニーズはますます高まり、さまざまな場面での活躍が期待されます。

介護職員初任者研修の給料について

介護職員初任者研修中であっても入職が決まっているのであれば給料はほとんどのところは決まっている額が支払われます。現在、介護職員は労働者不足の業界で介護施設等にとって大切な人材のため、試用期間等を設けているところはあまりありません。試用期間がある可能性があるのは介護福祉士の資格の合格発表がまだ先などの場合には考えられます。

介護職員初任者研修等はあくまで業務指導期間と捉えてもらって構わないと思います。当然、研修中に仕事をしっかり覚えられなければならないのですが。給料面ですが介護職員初任者研修を終了して一人前に日々の業務がこなせるようになり夜勤等をこなせるようになると当直手当がもらえるようになります。

当直手当は施設によりまちまちですが一回に5千円から1万円程度だと思います。これが基本給にプラスされますので給料は当直ができない新人の頃より増加します。気になるのは昇級だと思いますが、医療現場にも言えることなのですがあまり昇級はないと思います。

特に個人病院などは幹部候補やチームリーダー、主任などの役職での昇級が一番期待ができるところになります。介護職員の初任給は月/15万から18万といったところでしょうか、これに当直手当がつく仕組みになっています。

介護職員初任者研修の給料相場について

近年では、医療技術の発達や生活環境の変化などから、超高齢化社会が進展し、日本国内における65歳以上の高齢者が占める割合は非常に高くなっています。

このような背景の基、介護業界においては、より上位の資格を取得する場合の制度が煩雑化していたことや、同等の資格取得時も重複した学習が必要となるなど、介護業界全体の改革が必要視されていたことから、2013年4月から抜本的な改革が行われ、旧ホームヘルパー2級資格は介護職員初任者研修資格へと変更された経緯があります。

この介護職員初任者研修は、介護部門における入門的な意味合いも深い資格であり、特に年齢制限や学歴等も必要ないことから、資格取得者は年々増加していると言えるでしょう。では、この人気の高い介護職員初任者研修の給料相場はどのようなものでしょう。

もちろん、その従事する職場や正社員としての扱いか、パート、アルバイトとしての扱いか、その他資格との複合的な手当を含むのか、夜勤や祝日等の特別手当等もあることから、あくまで平均的な相場状況を下記に記します。

正直に申し上げて、その仕事内容と比較すれば月収自体は高いと言えず、男性で20万円から22万円程度、女性で15万円から20万円程度(各種手当等を含む)が平均的な相場でしょう。パートやアルバイトでは、地方等によりますが、全国的には800円から1,000円程度が標準であります。

ただ、今後は介護職員は更に必要となることは国も認めているところであり、今後としては若干ながら給与引き上げ等も検討されることは可能視されます。

介護職員初任者研修の年収について考察してみた。

介護職員初任者研修の需要は今後も高まっていきます。超高齢社会になり、介護職員が絶対的に不足しているからです。そういった点で、就職先がないという心配はしばらくしなくて良いと思います。どこでも引っ張りだこの状態です。

需要の高い介護職員初任者研修の年収はどうでしょうか。正直、今回の介護報酬の改定で若干の待遇改善はあるものの生涯年収はやはり他の産業に比べるとやはりとても年収としては安いと思います。当然、施設によりかなりの差があるかと思いますが、看護師等の他の医療、福祉系の資格の中ではダントツに安いです。

比較的、介護職員初任者研修などの介護職員を優遇してくれる施設もあれば、使い捨て状態の介護職員には厳しい施設も多くあります。年収としては150万から300万程度のところが多いのではないでしょうか。男性が家族を養うのには少し厳しい額です。

また夫婦共働きでもなかなか余裕のある生活は難しいかもしれません。施設によれば長く務めることでキャリアアップを行ってくれ、幹部になることで高収入を得る可能性もあります。また経験を積めばケアマネなどの上位資格をとり年収がアップすることもあります。

また新規立ち上げの事業者が必要としてくれればよい条件で契約ができる可能性もあります。今後も需要が伸びてくる業種ですので、チャンスはたくさん転がっています。

介護職員初任者研修の月給について

多様化する介護ニーズや利用者(要介護者)の要望に対応すること、介護教育制度の一本化による機能性向上を目的として、厚生労働省は平成25年3月末日をもってホームヘルパー2級に変わる資格として「介護職員初任者研修」を新たに導入しました。

日本国内では、高齢化社会の進展に伴い介護を必要とする利用者(要介護者)は増加の一途を辿っています。ただ、介護の現場においては、介護技術や知識の向上が必要となっていたほか、介護人(有資格者)の確保、介護人の賃金向上などが課題となってきました。

このような抜本的な問題を解決する目的のほか、制度変更によるキャリアアップの明確化などを進めることで、長期介護従事者の確保、賃金向上などを進めたものと推察されます。そのような中で、介護職員初任者研修の給与制度(月給)はどのようなものなのでしょうか。新制度に移行後は統計も進んでいないようであり、過去の事例を参考としてみましょう。

あくまで一般論で、介護報酬体系の変更等もありますが、訪問介護においては1件の利用者に対し身体介護(利用者の身体に直接触れて行う介護)は時給1,800円から2,500円程度が相場です。生活援助(掃除・洗濯等)は1,300円から1,600円が相場です。このように1日に何件程度の受け持ちを行ったかに対して仕事をした日数分が給料となります。

ただ介護職員初任者研修においては、そのサービスの質を維持する目的で多くの件数をこなした場合でも介護料金(介護保険による収入)が値引きされることもありますので、もちろん勤務先によっても違いはあるとして、平均月給としては15万円から20万円程度が相場になると考えられます。

介護職員初任者研修の時給について

介護職員初任者研修とは、2013年4月の法改正により、旧ホームヘルパー2級の資格が名称変更されたものです。基本的な内容は旧ホームヘルパー2級と何ら変更はありません。変わった点としては、名称のほか、過去には130時間の講習(講義・演習)を受けることで、資格を取得していましたが、制度変更以降は130時間の講習後に復習の意味を込めた約1時間の修了試験を受けることが必要となりました。

この修了試験に合格しなければ、介護職員初任者研修としての資格を得ることは出来ません。介護職員初任者研修者が行う業務としては、調理、掃除等を行う生活援助のほか、入浴介助、排せつ介助等、直接利用者(要介護者)の身体に触れて行う身体介護。車椅子や車両を利用した外出介護などを行います。

このような介護業務を行う場合の時給はどうなっているのでしょうか。介護状態には、要介護1から5までの認定があり、利用者(要介護者)の身体状態によっていわゆるランク分けがされています。介護状態や介護を行う曜日、時間帯によっても変わってきますが、一例をご紹介しましょう。

前述のような介護では、自宅での訪問介護で「身体介護」で1,800円から2,500円程度、「生活援助」で1,300円から1,600円程度です。施設内では、時給750円から1,000円位になるのが相場でしょう。これに夜勤手当等が加算され、どの位の件数をこなしたかで日給が変わってくるのです。

介護職員初任者研修のアルバイトについて

現在、国内では超高齢化社会と呼ばれるように、国内全人口に占める高齢者の割合は年々増加しており、介護従事者の需要は更に必要となっています。そのような中で、様々に変化する介護ニーズに対応する目的で、2013年4月から介護業界における法改訂が実施され、旧ホームヘルパー2級資格は介護職員初任者研修へと名称が変更されることとなりました。

介護職員初任者研修とは、利用者(要介護者)の通常生活上における、掃除や調理などを行う生活援助やお風呂やトイレの介助等の身体介護などが主な業務となります。なお、介護職員初任者研修は、正式な介護業界における資格であり、その活躍の場は、病院や福祉施設、介護人員派遣業者、特別養護老人ホームなど多岐にわたります。

ただ、その資格があったとして正社員として従事できる者とアルバイトとして従事できるものとの違いがあるのです。前述のように従事する職場のほか、早朝、夜間等の時間帯、休日、祝日等で変わることから一概に言えませんが、ここに介護職員初任者研修の正社員とアルバイトの給与の違いを記してみましょう。

正社員の給与から換算した平均時給としては、男性と女性でも違いがありますが、おおよそ1,000円から1,300円程度です。対してアルバイトの平均時給は最低時給も含み800円から高くても900円程度が一般的であると言えます。

同じ資格を持つのであれば、仕事内容に特に変わりはありません。色々な制約、制限はあることから、一概には言えませんが、可能な場合は正社員での雇用を目指していきましょう。

介護職員初任者研修の掛け持ちアルバイト

介護職員初任者研修資格の取得者は、正社員を除いていつも仕事があるとは限りません。そのため、いくつかの事業所を掛け持ちでアルバイトをするのが通例になっています。このアルバイトは、介護職員初任者研修資格を活かして訪問介護事業所のアルバイトを掛け持ちすることもありますし、介護とは全く関係がない仕事を掛け持ちすることもあります。

元々この介護職員初任者研修資格者としての給料が安い場合には、掛け持ちをしないと食べていくのが難しいのが実情だからです。介護保険制度下での訪問介護事業は、この介護職員初任者研修資格取得だけでは正社員にしないところが多いのですが、この掛け持ちアルバイトをやめたいと思えば、この資格者取得者自身がステップアップしてさらに上位の資格である、介護職員実務者研修資格などを取得していくことを考えていかざるを得ない状況です。

介護職員実務者研修資格であれば、介護職員初任者研修よりもより上位の資格であり、しかも事業所における配置が必須のサービス提供責任者になれるために、訪問介護事業所での正社員での雇用も見えてきますし、また、給料のアップにつながりやすいため、無理をしてアルバイトの掛け持ちをすることなく、安定した生活ができる可能性が高まります。