介護職員初任者研修は名称が変更された

2013年に新設された介護職員初任者研修ですが、実は新設されたというわけではなく、もともとあったホームヘルパー2級の名称が変更されただけにすぎません。ここでは介護職員初任者研修の名称変更や内容についてをまとめています。

介護職員初任者研修への名称変更に伴う内容について

訪問介護、各種施設内での介護業務の如何を問わず、必要とされる知識や技能を身につける課程は、介護職員初任者研修という名称で一本化されています。これにより、幅広い内容を網羅することが出来ますので、日々の業務に自信を持って取り組むことができるようになります。

介護職員初任者研修という名称に一本化されたことにより、研修を受ける層も広がることになります。級毎の課程の段階にある者が一同に会して、同一の内容について研修を受けることになります。ある一定のラインの介護内容に踏み込むと、知識や技能が乏しくなり、介護そのものが思うように進めることができないといったことを防いでいます。

実習は、多くの時間を割いてカリキュラムの中に盛り込まれています。基本を見直すことの大切さかは実習の強化にあります。各自の実務経験度合いに基づいて、苦手とされる部分や知識が薄らいでいる部分などをしっかりと学び、その学んだ内容を実習でしっかりと裏付けすることができます。

このように、介護職員初任者研修では、級毎の垣根を越えた形で取り組むことが出来ますので、実際の仕事において、正確な知識の元で、一層確実な介護がおこなわれるようになります。

介護職員初任者研修のまとめについて

介護職員初任者研修のまとめについてご説明します。介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことを指します。名称変更に至った経緯としては、高齢化社会と呼ばれる現代において介護を必要とする利用者(要介護者)は年々増加してきました。

そのような中で、介護業界全体においては、介護資格の上位資格を得る際に、重複した学習が必要となっていたことや変化していく利用者のニーズに法改正が追い付いていないのが現状であったと言えます。このことから、管轄である厚生労働省や各地方自治体が中心となり、制度変更を行ってきたものです。

制度上で大きな変更は無く、生活援助や身体介護等の仕事内容もそのままです。ただ、130時間の講義(講習・実技演習)のみであったものが、同講義後に約1時間の修了試験が義務づけられたことが最大の変更点であると言えるでしょう。

また、法改訂以降には、一定の研修を受ける必要があるほか、医師、看護師等の専門知識を有する者の指導が必要であるとの制約がありますが、過去には緊急時のみ行っていた痰吸引等の業務も介護職員初任者研修資格者でも行えるようになりました。以上が介護職員初任者研修のまとめとなります。ご参考までにご覧ください。

介護職員初任者研修の概要について

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことを指します。これは、2013年4月に変更されたものであり、介護業界全体のキャリアアップ制度変更や複雑であった制度の整備などを目的として、厚生労働省が改革に乗り抱いたものです。

介護職員初任者研修と名称は変更されましたが、基本的な業務概要は、旧ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修で変わりありません。生活援助業務や利用者(要介護者)入浴、排せつ等の身体介護、車椅子や福祉専用車両を活用した外出介護などを行う点は今までと一緒です。

大きく変わった点として、旧ホームヘルパー2級の資格取得には、130時間の講習を受けさえすれば、特に要件も無く合格することが出来ていました。ただ、制度改定以降は、130時間の講習(講義・演習)のほか、約1時間の修了試験を受けることが義務付けられるようになったのです。

また、医師や看護師など専門的な知識を有する者の指導、支援を受けながらの業務ですが、たんの吸引として、口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部の吸引、経管栄養業務、胃ろう又は腸ろう、経鼻経管栄養などの一部医療行為も行えるようになりました。

以前は緊急性を有する場合にやむを得ず行っていた場合が大半でしたが、より安全にかつ利用者の安全性を確保する目的で介護職員にもこの権限が与えられるようになったのです。以上が簡単ですが介護職員初任者研修の概要となります。

介護職員初任者研修に必要な要件について

まず始めに介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことです。高齢化社会が進む中で、様々な利用者(要介護者)のニーズが変化していることや元々複雑で、介護業界での更なる上位資格取得などの際に、重複した学習が必要であるほか、煩雑化した制度を一度整備する必要があったことから、2013年3月に旧制度を修了し、2013年4月から旧ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修へと名前を変え、旧ホームヘルパー1級は介護職員基礎研修と共に介護職員実務者研修へと移行されました。

なお、名称自体は変更されましたが、基本的な受験資格要件等に変更はありません。介護職員初任者研修では、介護部門における初期的な資格でもあり得ることから、その年齢や学歴、資格の有無等は一切問われることは無いのです。

絶対的に必要な要件としては、各地方自治体等が定める研修機関等において130時間の講習(講義、演習を含む)を受けるほか、約1時間の修了試験を受けることが義務付けられています。また、前述のようにより質の高い介護サービスを提供していく目的から、修了試験に合格した後に、一定の別研修を受けるなどした場合には、以前は緊急性の高い場合しか許可されていなかった、痰吸引等の特殊業務も行えるようになりました。

あくまでも、医師や看護師等の専門的な知識を有する者の基行うことが要件となりますが、介護職員初任者研修としての必要性も年々高まっていることは間違いありません。

介護職員初任者研修の目的を明確に

介護職員初任者研修は成長過程のチャンスですから、経験を仕事に活かせる将来の機会になりますし、目的が明確で進む方向が決まれば、介護職員初任者研修を通して目指す将来像が定まります。目的があれば努力の意味を理解できますし、努力で得られる結果や価値を再確認出来ますから、介護職員初任者研修は技術を磨く事で自信に繋がり、経験によって成長や収入の増加に結び付きます。

仕事は任された物を行うだけではなく、責任ある仕事を積極的に請け負う事も重要ですから、自信を持って取り組める成長が欠かせませんし、目標がある介護職員初任者研修の経験は将来に価値を与えます。努力で結果が得られる事により、介護職員初任者研修の時間は価値に変わりますし、目的が達成されれば次に迎えますから、新たな目的を設定して挑戦する意味が生まれます。

常に努力を続ける事は重要なので、成長を目標にした目的は大切ですし、介護職員初任者研修は通過する必要のある経験であり、成長のステップとして機能する役割があります。挑戦する事は結果があって価値を持ちますし、成長を望まない挑戦は結果に繋がりませんから、技術を高める意欲を持つ事は欠かせず、経験から多くを学び取る事が大切です。