介護職員初任者研修になるメリットとデメリット

介護職として就職するために習得しておくととても役に立つのが介護職員初任者研修です。この時点ですでにメリットなのですが、今回は介護職員初任者研修を受講することのメリットとデメリットについて詳しくまとめています。

介護職員初任者研修資格取得におけるメリット

介護職員初任者研修資格取得におけるメリットは、就労先が増えることです。介護保険法で定める訪問介護事業所では、短時間で勤務ができるヘルパーすなわち介護職員初任者研修資格を保有しているいわゆる登録ヘルパーをよく募集しているからです。

このため、介護職員初任者研修資格を取得している人は仕事先には困らないこともある他、さらにここで実務経験を積んでいけば介護のより難易度が高く需要があるとされる介護関係の資格を目指すための足がかりとすることができると言えることから、介護の初心者の人にとってこの資格を取得するメリットは相応にあると言えます。

介護の人材はその仕事の割に賃金が低く、定着率が悪いと言われていますが、登録ヘルパーの場合は短時間で働けるタイミングのみ仕事をすればよく、他の仕事と掛け持ちで働くことや、あるいは子育て中の主婦など仕事ができる時間が限定されている人にとっては、勤務時間が限定されるこうした仕事が魅力的に映ることでしょう。

この資格を取得するメリットは他にもあり、自分の家族が介護が必要になった時に、自分で介護をしていくことがこの資格相応の知識や技術を有することで、正確な知識と技術による介護ができるというメリットもあります。

介護職員初任者研修取得のデメリットとは

介護職員初任者研修は文字通り介護職員としての最低限の知識と技術を有するものとして認められたものです。そのため、あくまで介護職員としては初任者であり、介護スタッフとしては給料が安いというデメリットがあります。

また、この介護職員初任者研修資格取得者では、訪問介護事業におけるヘルパーとして働けるといった程度のメリットしか存在しません。そのため、最低限度の資格であり、この資格を有するからと言って正社員にはなかなか結びつかないというデメリットがあります。

もし、この介護職員初任者研修からステップアップや給料アップを目指すのであれば、介護職員初任者研修の上位資格である介護職員実務者研修を取得することが望ましいと言えるでしょう。この資格は初任者研修よりも上位資格ではありますが、ヘルパーとして働く以外にもサービス担当者会議に出席できるというメリットがある他、事業所に配置が義務付けられているということもありますので、給料アップにつながりやすいということが挙げられます。

介護職員初任者研修の資格を有するというだけではなく、さらにここからどうステップアップを図っていくのかを真剣に考えなければならないというところにつながっていく話です。

介護職員初任者研修の意味について

介護職員初任者研修の意味について、簡単にご説明します。介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことです。介護業界全体における改革が必要となっていた中で、管轄である厚生労働省が中心となり法改訂に着手し、このような名称変更に至りました。

名称は変更となりましたが、基本的な意味合いに変化はありません。介護職員初任者研修の資格を得るためには、130時間の実技講習を含む講義を受けた後、約1時間の修了試験を受けることとなります。この修了試験に合格することで、初めて資格を得ることとなるのです。この修了試験の義務化が旧ホームヘルパー2級資格と大きく変わった点でしょうか。

その他仕事内容としては、買い物援助や掃除援助、調理援助等の生活援助を行うほか、風呂や排せつ等の身体介護、車椅子を活用した外出介護等で、介護業務自体に変化は無いと言って良いでしょう。

また、新たに過去には命に関わるような緊急性を要する場合にしか行えませんでしたが、医師、看護師等の専門性の高い知識を有する者の指導下やある一定の講習、研修を受けることで、痰吸引や胃瘻患者等に対する業務も実施出来るようになりました。その従事者も非常に多く、今後の介護業界の牽引役とも言える存在です。

介護職員初任者研修の必要性について

日本は高齢化がますます進展しており、2010年から2025年までの15年間で65歳以上の高齢者は約709万人増加し、総人口に占める高齢者の割合は23%から30%へと大幅に高まることが予測されています。

これに伴い、高齢者介護施設の建設や新規事業の立ち上げが始まり、介護の受け皿を拡充していくことが必要と考えられています。介護職員のおよそ7割が腰痛を抱えているという統計もあり、負担軽減は重要な課題であり、介護技術や腰に負担のかからない移乗方法などのノウハウを取得することが求められます。

介護知識の基本である介護職員初任者研修では、介護の概要や介護技術、知識を習得することができるので、福祉業界で働く人には必須の資格となりつつあります。介護職員初任者研修は全国各地の養成講座で取得することができ、日本は世界の中でも先駆けて高齢化が進展していくため、課題先進国として、高齢化社会における介護のあり方を構築していく立場です。

そのためにも、介護職員初任者研修の必要性が高く、高齢者が不安なく、いきいきと生活を送ることができるように支援が必要です。介護サービス種別が多い為、就職先も多く、希望する介護サービス事業所で勤務できます。

介護職員初任者研修を受講する必要性

介護職員初任者研修は、これまでのホームヘルパー2級課程が2013年3月をもって廃止され、その代わりとして新しくスタートした制度です。この制度変更の背景としては、これまでさまざまな名称の研修課程が乱立し、介護職員としてのキャリア上のステップがわかりにくいという実態があったことから、よりシンプルでわかりやすい体系に改めるという意図が含まれています。

新しい制度のもとでは、介護職はまずこの介護職員初任者研修を受講後、実務者研修に進み、さらに国家資格である介護福祉士を目指すというステップが明確となっていますので、この道でキャリアアップを志す上では、最初の一歩としての受講の必要性が高いといえます。

また、特に介護の資格にはこだわらないという人であっても、介護職員初任者研修では実技の時間が重視されており、実際に介護用品を使ってお年寄りへの効率的な介助のしかたを学ぶことができますので、実務にすぐに活かせる知識や技術を習得するという意味で、受講の必要性はやはり大きいといえるでしょう。

問題は介護職員初任者研修を開講しているのは福祉系の専門学校などが大多数で、受講料が数万円単位と高額なことですが、市区町村の助成金制度を有効に利用するなどして、自己負担を少なくするという方法が考えられます。

有効期限も更新も必要なし 介護職員初任者研修の資格

超高齢化社会の現代において、介護業界のニーズは高まっています。また、介護サービスの内容も多岐にわたり、事業施設も老人ホームやデイサービスや訪問看護ステーションなどさまざまあります。ホームヘルパーとは、いわゆる訪問介護員のことで、利用者の生活を支えるサービスを行う仕事をする人です。

例えば、食事や排せつ、入浴などのお手伝いをします。研修を受けて修了し、資格を取得した人がホームヘルパーとして働くことができます。平成25年度4月より、ホームヘルパー2級が廃止され、介護職員初任者研修へ移行されました。

厚生労働省が指針を示しており、各都道府県の指定の事業所が実施する、介護職員初任者研修を受講する必要があります。資格取得には、通学コース、または通信と通学を合わせたコースがあります。介護職員初任者研修になって、受講時間の130時間のうち、通学で学ぶ時間が約90時間指定されているので、通信だけで取得するのは不可能です。

終了後に筆記試験があることも、ホームヘルパー2級の時代との違いです。世の中に存在する資格の中には、取得後定期的に更新する必要があるものがあります。介護職員初任者研修は、一度取得すれば、有効期限もなく更新する必要がありません。