介護職員初任者研修に合格するために必要な問題集について

介護職員研修を習得するためには最後に修了試験を合格する必要があるのですが、その試験を合格するために問題集を購入して勉強する人も多いと思います。ここでは介護職員初任者研修に合格するために必要な問題集についてまとめています。

介護職員初任者研修で必要な問題集とは

介護職員初任者研修はホームヘルパー2級に変わって2013年4月より新しく始まった介護の研修課程です。訪問介護事業に既に従事している方やこれから従事する方が対象となっています。近年、介護事業への関心が高まったこともあり介護職員初任者研修への受講数も増加しています。

試験は講義と演習を受講した後に行われます。筆記試験となり研修で学んだ内容や問題集で学んだ内容から出題されます。試験問題はあくまでも学習した内容を理解できているかを判断するものなので難易度としてはあまり高くはありません。

大事なことは今までに学習した内容を理解することであり、問題集を読み直すことなどが必要とされます。介護職員初任者研修は施設勤務や訪問介護など働ける環境が多くあるので人気の高い資格になっています。勉強を始める方の多くが未経験からのスタートというのも人気が高い理由の一つです。介護職員初任者研修の問題集も数多く出されています。

それらの一冊を選び、重点的に勉強することが試験に合格する上では欠かせません。大事なことは自分に合った問題集を見つけ学習することです。それが試験に合格するために必要な第一歩といっても過言ではありません。

介護職員初任者研修取得には課題問題集が必須

高齢者を支える介護に関する社会問題が注目されています。認知症高齢者が多くなり、在宅での介護ケアが困難な時代となっています。国は24時間循環介護システムの構築を目指していますが、実現は難しそうです。それよりも介護保険制度の財源不足や、そもそもの入居施設の不足が問題です。

もっとも大きな問題の一つが介護職員の人手不足です。離職率が高く、キャリア形成も困難なため、業界そのものを離れてしまう離職が多いのが問題です。そこで新設されたのが介護職員初任者研修制度です。介護職員初任者研修は以前のホームヘルパー制度廃止にともない設立されました。

ホームヘルパー取得と異なる点は、介護職員初任者研修取得には試験が必要な点です。その代り、以前は必須であった介護施設での介護実習は不問となりました。介護職員初任者研修取得の試験は座学での知識が求められます。認知症に関する理解や、医療知識が求められます。

また、専門職としての倫理観なども試験を通して求められます。介護職員初任者研修試験対策としては、課題問題集を徹底的に行う必要があるでしょう。課題問題集に出ていない情報は試験に出ませんので、課題問題集をしっかり学習すれば介護職員初任者研修取得は難しくありません。

介護職員初任者研修の過去問はあるか

介護職員初任者研修は、介護に携わる人が、業務遂行のために最低限必要とされる知識や技術と実践の際のプロセスなどを学ぶ目的で創設されたもので、講義と演習を一体的にとり入れ、130時間の履修時間内で体系的に理解することができるようになっています。

この介護職員初任者研修の最後の日には、修了試験が行われることとなっており、受講生がどれだけ研修の内容を把握しているかがチェックされます。修了試験は、基本的には研修を実施している専門学校などがそれぞれの判断で作成しているもので、介護福祉士国家試験などのように全国共通のものではありません。

このため、いわゆる過去問を集めた問題集などは公刊されておらず、受講を躊躇してしまうヘルパーもいることでしょう。しかしながら、修了試験は基本的には研修のテキストに沿ったもので、短文の内容が正しいかどうかを択一式で答えさせる程度のものですので、過去問がないからといってあまり心配する必要のないものです。

テキスト自体も「介護職員初任者研修における目標、評価の指針」という厚生労働省の通達にもとづくものですので、この通達にある評価ポイントが理解できていれば、合格の可能性は高いといえるでしょう。不合格の場合でも補講を受けて再受験が認められます。

介護職員初任者研修と予想問題について

介護の仕事を始める際に取る資格は以前はヘルパー2級でしたが、現在では介護職員初任者研修となっています。ヘルパーだけでなく、施設など介護が必要な現場で働くことが出来るように最低限の知識と技術を身につけるための研修です。ヘルパー2級との大きな違いに修了試験が新設されたことがあげられます。

介護の仕事は命にかかわる仕事なため、ある程度の実力を担保すると言う意味では必要なことでしょう。修了試験はすべてのカリキュラムが終了した最後に行われます。試験の内容は習ったことから出題されます。この試験は決して落とすための試験ではありません。

そのため、研修にまじめに取り組んでいれば不合格になることはほとんどなく、難易度は簡単ということが出来ます。しかし、確実に合格するためには習った内容を復習するなどの勉強は必要になります。試験の勉強方法として効率がいいのは予想問題を解くことです。

通信教育やスクールを利用している場合には、ほとんどのところで介護職員初任者研修の予想問題が配布されます。試験には介護を行うにあたって重要なことが問われるため、予想問題に近い内容が必ず出題されます。そのため、予想問題を解いて内容を完全に理解していれば介護職員初任者研修は合格できるでしょう。

介護職員初任者研修の問題数について

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことです。高齢化社会の進展に伴い、その介護サービスの質向上や多様化するニーズへの対応、何よりもやや複雑でキャリアアップ制度等に問題のあった介護業界の改革を目的として、厚生労働省が法改訂を行い、2013年4月から介護職員初任者研修との名称へ変更となりました。

介護職員初任者研修の資格は、各都道府県が指定する研修機関や専門学校、通信教育等において、130時間の講義、講習、実技演習を受けた後に約1時間の修了試験を受け、試験に合格することで取得することが可能です。

試験は難しいのではないのかと考える方も多いでしょうが、基本的には、講義講習の全体的な復習の意味合いが強く、学習内容の理解度を確認する内容ですので、難易度はさほど高くないと言えるでしょう。同試験は約1時間で問題数は、全部で32問あり、各科目につき1問が出題され、マークシート選択方式です。

合格ラインは70点であり、70点未満の場合の多くは補講を受けた後に、再試験を受けることとなります。このように問題数自体も少ないことや、前述のように難易度は高くなく、その合格率は95%を超える推移と言われています。

介護職員初任者研修の教科書について

過去にはホームヘルパー2級と呼ばれていたこの資格ですが、介護業界における抜本的な改革の必要性が求められていたこともあり、2013年4月から介護職員初任者研修へと名称が変更されたました。介護部門は、今後ともその必要性が非常に高まっていくことが確実であり、現在、その介護資格の取得者は年々増えている状況にあります。

介護職員初任者研修では、130時間の講義、講習、実技演習を受けた後に、約1時間の修了試験を受けることが義務付けられ、その修了試験に合格することで資格取得が可能となります。この資格取得には、各地方自治体が定める学習機関や専門学校、通信教育等での学習が必要となります。前述のような講義、講習等については通常の勉強同様に、教科書(テキスト)が利用されることとなります。

介護職員初任者研修の教科書(テキスト)によって学ぶべき項目は主に、介護や福祉におけるサービス、支援状況等の理解度、介護利用者とのコミュニケーション技術、老化や認知症、各障害への理解度、心身の仕組みや介護における生活支援技術等があります。基本的には、定められたカリキュラムに沿った教科書ですが、各研修機関において、よりわかり易さを追求するなどの工夫が為されているようです。

介護職員初任者研修のレポートについて

介護職員初任者研修に於いては、研修終了後のレポートが非常に重要です。この内容により研修の内容を習得しているか、実際に介護職員として実務が可能かどうかを判定されるため、しっかりと記述する必要があります。介護職員初任者研修に於いては、介護職員としての技術だけではなく、介護職員として勤務するための心構えも重要視されます。

被介護者を平等に扱うことが出来るか、被介護者に思いやりを持って接することができるかなど基本的な内容が問われます。特に高齢者に対しては、老化とともに若年層では当然のように出来ること、考えられることができないことも多く、このことをしっかりと理解していないと高齢者の介護を適切に行うことができません。

特に認知症の被介護者においては一見単なる我儘と取れるようなことでも、本人にとっては切実な問題であることから、介護者としてはその気持ちを理解した上での対応が必要となります。介護職員初任者研修のレポートに於いては、このような介護職員としての基本的な内容をどのように理解しているかが問われます。その為、単なるテキストの丸暗記では合格できるレポートを書くことはできません。テキストの受け売りではなく、自分の理解した内容を自分の言葉で記述する必要があります。

介護職員初任者研修におけるレポートの書き方について

介護職員初任者研修は、従来のホームヘルパー2級に相当するものですが、これまで介護福祉士になるには様々な資格の取得経路があり、同じ介護福祉士でもその知識やスキルに違いがあり現場の混乱を招く恐れもあったことから、その資格体系を見直したことにより生まれた研修です。

この研修を終了し実務を一定期間経験することで介護福祉士の資格を得るという体系に一本化されました。その最初の研修としての位置づけになります。介護職員初任者研修は、所定のカリキュラムを終了後、試験及びレポートを提出し理解度を審査されて合格することを持って修了となるため、レポート作成はしっかりと行う必要があります。

レポートのテーマは介護職員初任者研修において学習した内容の中から出題され、基本的にはその各テーマの中から選択され出題されます。試験と異なり、自分なりの理解を問われることになります。書き方としては、そのテーマについて自分の言葉で説明することが重要です。

テキストの言葉の丸暗記ではなく、自分なりの理解を加えながらその内容について記述することが大切です。なお、書き方の注意としては、単語や略称は正確に記述されていないといけないので、この点は注意が必要です。

介護職員初任者研修で必須のレポート提出と修了試験の解答

日本が高齢化社会になった、と言われるようになってずいぶん経ちました。現在では、日本の人口のうち、65歳以上の高齢者が20パーセント以上を占めている、高齢化よりさらに進んだ、「超高齢化社会」という状態になっています。今後も、高齢者は増え続けていく見込みです。

超高齢化社会になるに伴って、介護の仕事に就く方の需要が高まっており、介護の資格を取ろうと考える人も増えてきています。介護の資格は、少し前までは、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、介護職員基礎研修など、いろいろな資格がありました。

さらなる上位資格を取得したいと考える場合、いろいろな資格があって分かりづらかったため、2013年より介護職員初任者研修という資格に統一されました。介護職員初任者研修は、まず初めに介護の勉強をしたいと考える方にお勧めの資格です。

介護職員初任者研修では、学校へ通って授業を受けたり、実技を学んだりする以外に、自宅学習と、決められたレポートを提出することも必要です。レポートの解答は、採点されて戻ってきます。また、授業の最後には、修了試験が行われます。授業をきちんと出席していれば、問題なく解答ができる試験内容となっています。

介護職員初任者研修の講習で使いやすいノートとその活用法

講師から技を見て盗むという時代はとうの昔に過ぎ去り、今は学んだことをノートにまとめて繰り返し復習をすることが求められます。介護職員初任者研修の講習でも、実技として学ぶことを紙のページにまとめておいた方が深い学びに繋がりやすいです。

ただし、闇雲にノートを選ぶだけでは、介護職員初任者研修で学ぶことを効率良く吸収することはできません。講師が指定をする場合を除いて、介護職員初任者研修で使うノートは吟味することが望ましいです。教えられたことを書き写して終わりではなく、後から見なおして知識を定着させる必要があります。

何度も見ることを想定して、罫線で記述スペースが仕切られている商品を選びましょう。真っ白なページに罫線が引いてあるだけで、内容を小分けにして見やすいまとめ内容を作り上げることができるからです。介護職員初任者研修の実技講習の内容をメモする場合を想定する必要があります。

持ち運びがしやすく、介護職員初任者研修の実技中にメモ書きする負担を軽減できるコンパクトなノートが望ましいです。介護職員初任者研修では学ぶことが山ほどあります。講師から教わった内容をまとめて復習がしやすいノート選びが重要であるというわけです。