介護職員初任者研修の修了試験は難しいのか

高齢化社会の中で需要が高まってきている介護職員初任者研修ですが、資格を取得するためには講習の最後に修了試験を受けなくてはなりません。ここでは介護職員初任者研修の最後に受講する修了試験は難しいのかどうかについてまとめています。

介護職員初任者研修は難しいでしょうか。

日本では高齢化社会が非常に進む中で、介護業界全体の改革が必要となっていました。そのような中で、介護業界全体において、更なる上位資格を取得する場合の制度の難しさ、資格試験の勉強内容が多く重複すること、制度全体が煩雑化するなど様々な問題がありました。

この問題を解決する目的で、管轄となる厚生労働省を中心として制度改革が進められ、2013年3月に旧制度が終了、2013年4月から新制度が施行されることとなったのです。この新制度施行後に、旧ホームヘルパー2級資格が介護職員初任者研修と名称が変更されました。名称自体の変更等もあり、この試験自体が難しいのではと考える方も多いのでは無いでしょうか。

しかし、制度自体は変更されましたが、基本的な内容は特に変わりはありません。介護職員初任者研修は旧ホームヘルパー2級同様に130時間の講習、この講習には講義、演習も含みますが講習さえ受ければ、その資格を取得することが出来ました。介護職員初任者研修においても、130時間の講習を受けることに変わりは無く、一つ変更点としては講習終了後に約1時間の修了試験を受けることが義務付けられたのです。

ただ、ここでも特に心配はありません。修了試験と言えども、全体的な講習の復習の意味合いが強いことから、講習さえ受けていれば、その修了試験の合格率はほぼ100%に近いと言っても良いでしょう。難しい点とすれば、130時間の講習は一度でも休講すれば、その修了資格を失うのです。

このことから、冠婚葬祭等の突発的な要因には代替授業も準備されていますが、基本的には身体の健康を整え、しっかりと講習を受けられる体制を整えていくことをお薦めします。

介護職員初任者研修の内容とは何か

介護職員初任者研修とは、介護の仕事をするために必要な最低限の知識、技術、思考プロセスを身に付け、基本的な介護業務を行えるようになるための研修のことです。2013年度から新設された研修制度であり、それまでの訪問介護員2級(ホームヘルパー2級)にあたります。

資格がない人でも介護の仕事はできますが、本格的に介護職として働くのであれば、最低限受けておくべき研修です。特に1人で利用者宅を訪れる訪問介護では、実質的に仕事をするための必須条件となっています。

介護職員初任者研修の内容として、厚生労働大臣が定めた基準に基づき、都道府県が指定した事業者が実施する130時間の研修を受講し、修了します。土日開講や定時制、一部通信制の講座がありますが、演習など一部の科目での通学は必要です。

受講期間は、全日制の通学講座でだいたい1ヶ月程度となります。介護職員初任者研修の活躍の場の内容として主なものには、病院(療養病棟)、老人保健施設、高齢者福祉施設、訪問介護事業などがあります。

今後、高齢化が進み、介護サービスの利用者数もそれに伴い増加していくことが予想されます。しかし、介護に関わる職員は不足しているため、介護職員初任者研修の仕事への需要は高まっているといえます。

介護職員初任者研修取得に必要な日数

高齢化社会の到来が叫ばれる現在、介護福祉の現場での人材不足の解決が社会的な問題となっています。介護福祉士試験の改正などと同様に、これまであったホームヘルパーの資格が、介護職員初任者研修という名称で新たにスタートしています。

介護職員初任者研修はホームヘルパー2級資格と同等の資格で、実務経験3年以上で介護福祉士の受験資格を得るなど、介護の現場を目指す人には重要な資格となります。資格を得るためには、それぞれの都道府県の認定を受ける施設にて講座を受講し、修了のための筆記試験に合格する必要があります。

介護職員初任者研修には130時間の必修の研修カリキュラムがあり、この研修カリキュラムを通学制又は通信制にて受講をしていきます。1日に消化する講座の時間によって修了までの日数は大きく違いが出てきます。多くの講座では最短で1ヶ月、平均で3ヶ月の期間を想定しています。

特に、働きながら取得を目指す通信制では、提出するレポートなどのほかに、講座のスクーリングへ約15日間受講することが通常求められますので、日数を無理なく効率的に計画するのであれば、やはり3ヶ月が一番適切といえます。

また、介護職員初任者研修の制度では現場実習は必修とはなっていませんが、実際仕事として介護を実践することを考えると、講座のカリキュラムに実習が組み込まれている講座を受講することをおすすめします。

介護職員初任者研修の欠席について

介護職員初任者研修とは、2013年4月からの法改正に伴い、旧ホームヘルパー2級の名称が変更されたものです。基本的には、旧ホームヘルパー2級との違いは無く、仕事内容や給与内容等はほぼ同等と言っても差し支えありません。

大きな変更点として、旧ホームヘルパー2級では、資格や年齢、学歴、職歴等に関係なく、130時間の講習(講義、演習を含む)を終えることで、その資格を取得することが出来ました。ただ、介護職員初任者研修へと制度移行された後は、130時間の講習を受けた後に、約1時間の修了試験を受けることが義務付けられています。

試験と考えると難しいのではないか、本当に大丈夫だろうかと心配される方も多いと思われますが、全体的な講習の復習の意味合いが強いことから、前述の130時間の講習を完全に受けることで、合格率はほぼ100%に近い位高いと言っても過言ではありません。

ただ一つ注意点があります。その介護職員初任者研修の130時間の講習については、一度でも欠席するとその取得要件を満たすことが出来ません。つまり、講習を欠席することで介護職員初任者研修に合格することは出来ないのです。

ただ、冠婚葬祭や病気などもあり、どうしてもその講習を受けることも出来ない場合があります。その場合は、振り替えの講義も受けることが出来るため、必ず全講習を受けるようにしましょう。

介護職員初任者研修の補講について

介護職員初任者研修とは、一般の方には聞きなじみの少ない言葉かもしれませんが、実は旧ホームヘルパー2級の名称が変更されたものです。このような名称変更が行われた背景としては、日本全体では高齢化社会が進む中で、全人口に占める65歳以上の高齢者の割合が非常に高くなっています。

介護を必要とする人が増える中で、介護業界全体では、更なる上位資格の取得の際に制度が難しいことや複数の介護資格を取得する際に、重複した学習を行う必要があるなど、制度自体に問題がありました。このため、厚生労働省を中心した法律改訂を行い、2013年3月に旧制度を廃止し、2013年4月からはホームヘルパー2級は全て介護職員初任者研修へと名称が変更されることとなったのです。

介護職員初任者研修の資格取得要件は、旧ホームヘルパー2級と大きく変わりはありません。学歴や年齢制限、資格の有無などは一切問われることは無いのです。ただ、旧制度と同様に130時間の講義、演習を受けることは必要不可欠であることや、新たに講義終了後に約1時間の修了試験を受けることが義務付けられています。

なお、この130時間の講義、演習については一度でも欠席することで、その試験に合格する資格を失うこととなります。もちろん、人間ですので急病になったり、急に冠婚葬祭などがあるなど、突発的な要因も排除することは出来ないことから、補講を受けられる体制は整えられています。

ただ、いくら補講があるとはいえ、急病による長期入院等も無きにしも非ずです。資格に対する勉強を行うことももちろんですが、講義が行われる期間には、自身の健康状態を万全に整えておくことをお薦めします。

介護職員初任者研修に短期で合格するには。

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことです。法改訂に伴う名称変更ですが、名称変更に至る経緯等はここでは省略させて頂きます。では、介護職員初任者研修を短期間で取得するにはどうしたら良いのか。一つ注意点があります。旧制度上でも変わらない点ですが、介護職員初任者研修の資格取得時には、130時間の講義が必要です。

この130時間の講義の中には、講習のほか実技研修もあるのです。このため、通常の通信教育のみでは対応出来ず、実際に実技講習もカリキュラムに組み込まれた通信教育を利用する必要があります。このことも踏まえ、講義等のほか実技講習の日程さえ確保することが出来れば、最短1ヶ月で資格を取得することも不可能ではありません。

なお、旧ホームヘルパー2級試験では、講義(実習を含む)を確実に受講していれば、ほぼ100%の合格率で確実に資格を取得することが出来ていました。制度改定以降、130時間の講義のほか、最終的に約1時間の修了試験を受けることが義務付けられ、その難易度はあがったように錯覚されます。

しかし、先ほどの講義(講習、実習)を確実に受けていれば、全体的な復習の意味合いも強いことから、この修了試験があったとしても、制度変更後間もないことから、正確な合格率の算定は出来ていませんが、全体の合格率は95%を超える高い数値を維持しているものと推察されます。

自身の日程、スケジュールなどの細かい条件はあると思いますが、実質的に1ヶ月間という短期間での資格取得も夢ではありません。様々な情報提供サイトもあることから、自らの日程に合わせた最良のスケジュールを組み、早期の資格取得を目指して下さい。