履歴書にも記載できる介護職員初任者研修資格について

介護の現場で働こうとなったら履歴書を持参して面接を受ける必要があるのですが、その履歴書欄に記載可能な資格が介護職員初任者研修です。ここでは履歴書にも書ける介護職員初任者研修についてを詳しくまとめています。

介護職員初任者研修資格は履歴書に記載できます

介護職員初任者研修資格は公的な資格ですから履歴書に記載可能です。むしろ、介護保険の事業所に勤務するのであれば、この資格のことを書いておいたほうが良いでしょう。ただし、介護保険の事業所以外でこの介護職員初任者研修資格を履歴書に記載することがいいかどうかは不明です。

全くの畑違いの仕事へと応募する場合、その業務と全く関係がないのであれば、この介護職員初任者研修資格を記載しても、雇用する側からすれば介護の資格を有するからといって採用したいと思うかどうかは不明ですし、業務に関係がないのであればむしろマイナスに働く可能性があります。

業務に関係する可能性がある場合、たとえば求職先がこれから介護の業務にも手を伸ばそうとしているのであれば、この資格を有するということで、場合によっては雇用や給料等に影響し有利に働く可能性はあり得るでしょう。

その求職先の企業等における情報収集が応募前、事前に必須であることは言うまでもありません。介護に全く関係がない場合にはこの資格を有することにそれほど意味があるとは考えられないとされることから、その時々の状況に応じて記載するべきかどうかを判断していく必要があると言えるでしょう。

介護職員初任者研修の正式な履歴書書き方とは

旧ホームヘルパー2級が廃止され、介護職員初任者研修となりました。同等の資格ではありますが、履歴書書き方には違いがあります。ホームヘルパー2級の資格を既に持っている場合は、正式名称は訪問介護員2級養成研修課程修了となります。

介護職員初任者研修の資格を取得した場合、履歴書書き方は介護職員初任者研修課程修了となります。また、ホームヘルパーは運転免許のように更新するような必要はありません。なので、一度取得しておけば履歴書に書くことは出来ます。介護現場では人手不足となっていますが、質の高い介護を目指す施設も増えてきていることから、未経験無資格ではなかなか採用されないのが現状です。

ホームヘルパーや介護職員初任者研修の資格があれば、現場での経験はなくても採用はされやすくなります。そこから実務経験を経て、介護福祉士やケアマネージャーの受験資格が出来るので、更なるスキルアップに繋がっていきます。

これからますます需要が高まる人材なので、仕事に困ることはありません。ちなみに、ホームヘルパー1級と同等の資格である実務者研修というものも出来て、サービス責任者や施設長などを目指したい方は取得しておいても良いかもしれません。

介護職員初任者研修の資格と履歴書への書き方

介護職員初任者研修は、旧名称がホームヘルパー2級となっています。ですが、ホームヘルパー2級の資格を履歴書に記載する場合は訪問介護員2級養成研修課程修了と書くようです。そして、2013年度からはホームヘルパー2級が廃止されて、介護職員初任者研修の資格を履歴書に記載する場合は、介護職員初任者研修課程修了と書くのが正しいそうです。

正式名称で書かないと面接で落とされるわけではないそうですが、覚えておくと良いでしょう。注意しておきたいのは、介護職員初任者研修とホームヘルパー2級は同等の資格であり、ホームヘルパー2級が廃止されたからと言って改めて資格を取り直す必要はありません。ですが、履歴書へ書く場合は介護職員初任者研修課程修了と書くことは出来ず、訪問介護員2級養成研修課程修了と記載します。

なので、これから介護職を始めたい方は介護職員初任者研修の通信講座やスクールに通って、資格を取ることが出来ます。未経験でも介護職をすることは出来ますが、まずは基本的な知識や技術を身につけておいた方が採用もされやすいですし、人と関わり合う仕事なのである程度の知識や技術があった方がスムーズに仕事が出来るかと思います。

介護職員初任者研修の修了証の有効期限

介護職員初任者研修は、介護職員として必要とされる基本的な知識や技術を、在宅・施設の区別なく学習するということを目指した研修です。いわゆる国家資格ではありませんが、介護保険法施行令の規定により都道府県知事が指定した事業所が実施する研修として、制度上の位置づけがあるものです。

この介護職員初任者研修の課程をすべて修了すると、受講した事業者から修了証が発行されますが、修了証には特段の有効期限などもなく、全国どこでも通用します。

なお、この介護職員初任者研修は、もとはホームヘルパー2級課程とよばれていたものであり、ホームヘルパー2級課程は2013年3月末で廃止となってしまいましたが、介護保険法施行規則の附則に定める経過措置により、2級課程取得者は介護職員初任者研修取得者とみなされることとなりましたので、実質的に有効期限がないのと同じ扱いになります。

介護職員初任者研修の修了証を受けた人が、さらに介護福祉士へのランクアップを目指して実務者研修を受講する場合には、研修科目が一部免除になり、学習時間が大幅に短縮されるというメリットが生まれます。具体的には、無資格者が450時間の履修時間が必要であるのに対して、初任者研修を受けた人の履修時間は320時間へと短縮となります。