介護職員初任者研修の仕事内容はどんなことをするのか

介護職としての働く場合いろいろな資格や職業がありますが、その中に介護職員初任者研修という言葉があります。2013年に新設された資格なのでなじみがないかと思いますが、ここではその介護職員初任者研修の仕事内容について詳しくまとめています。

介護職員初任者研修の仕事内容について

厚生労働省が管轄団体となり、抜本的な介護業界の改革に乗り出したことから、2013年3月で旧ホームヘルパー2級資格が廃止され、2013年4月から同名称が介護職員初任者研修へと変更になりました。

大きな変更点としては、旧制度同様に130時間の講習(講義・実技演習含む)が必要ですが、それに加えて全体的な講習における復習の意味合いが強いのですが、約1時間の修了試験を受けることが義務付けられました。

さて、そのような介護職員初任者研修ですが、実際の仕事内容とはどのようなものでしょうか。独立した立場もありますが、基本的には所属する福祉施設や病院、事業所におけるケアマネジャーからの指示を受けるほか、要介護認定状態(どの位介護が必要なのかを考慮しながら、買い物援助、調理援助、掃除援助等の生活援助を行います。

また、直接要介護者の身体に触れる、入浴介護、排せつ介護(おむつの交換等)のほか、徒歩や車椅子、福祉専用車両等を活用した外出援助も行うこととなります。

その他、法改訂以降、介護職員初任者研修者においても、医師や看護師などの専門的な知識を有する者の指導等が必要となりますが、以前は緊急時しか行えなかった痰吸引等の特殊業務もその仕事内容として含まれるようになりました。

介護職員初任者研修の業務について

介護職員初任者研修とは、聞き慣れない言葉ですが、実は旧ホームヘルパー2級の名称が変更されたものです。これは、介護業界全体の質向上やキャリアアップ制度の明確化、煩雑化した制度、重複する学習内容などを改定する目的で、2013年4月に管轄省庁である厚生労働省が制度改正を実施したものであり、その業務内容等に一切変更はありません。

介護職員初任者研修の主な業務としては、利用者(要介護者)の自宅に赴き、調理や掃除などのサービスを行う生活援助があるほか、利用者(要介護者)の身体に直接触れ、入浴や排せつ、寝たきり等の場合に身体を動かすなどの身体介護を行います。また、車椅子や介護用車両を活用した外出介護も重要な仕事の一つでしょう。

なお、この業務は自宅以外でも介護施設、福祉施設、病院等でもほぼ同等のことが行われます。また、新たな業務としては、あくまで医師や看護師等の専門的な知識を有する者との連携、指導の基行われものですが、たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)のほか、経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻経管栄養)等の業務も行えるようになりました。

以前は、介護職員初任者研修等によるたんの吸引等は、当面のやむを得ない措置として一定の要件の下に行われたものですが、より安全な提供を行えるように法改正に至ったものです。

介護職員初任者研修の業務内容について書いてみた。

介護職員初任者研修の内容は各施設や医療機関などにより大きく異なります。基本的な流れは、まず事務員さんがオリエンテーションを行い感染・安全対策等の介護施設等で知っておかなければならない対応策等の説明、また契約内容や業務内容の確認なども行われます。その後は施設長や現場の職員さんへのあいさつ回りといったところでしょうか。

挨拶が済むと事務員さんから現場の先輩職員にバトンタッチします。その後、基本的な一日の流れなどの細かな業務内容の説明等を受けます。施設により異なると思いますが介護職員初任者研修はその後、指導担当の先輩介護士さんに付いてまずは見学等から始めると思います。

先輩介護士さんが最初に確認しているのは利用者さんとのコミュニケーションがしっかりとれているのかや、細かな心配りができるかなどの人間性です。徐々に慣れてくると、食事やお茶の配膳・レクリエーションの補助など比較的、安全なものから業務を行っていきます。

介護職員初任者研修も数日が過ぎ慣れてくるとおむつ交換や入浴介助、移乗介助、食事介助などを先輩介護士さんの補助として行うようになると思います。慣れるまではどれも大変な仕事で、ミスをすれば人命に関わることもありますから厳しいです。徐々に日々の業務内容に慣れてくると仕事もしやすくなり、職場での楽しみも増えていくと思います。

介護職員初任者研修の仕事上でできること

介護職員初任者研修は耳慣れない名前かもしれませんが、これはホームヘルパー2級と同等のものです。この介護職員初任者研修は介護の専門職になります。その仕事を行うにあたり、専門知識が必要です。仕事内容については、高齢者・体が不自由な人の自宅での介護です。施設で介護することもあります。

上記のような介護職員初任者研修ができることは何でしょう。介護職員初任者研修ができることは非常に多く、具体的には、ご飯を作ったり、掃除をしたり、さらに排せつや入浴の介助をしたり、身の回りの世話をしたり、洗濯などをしたりできます。

それから、ゴミ出しに行ったり、買い物したり、薬を受け取りに行ったりすることもできます。食事介助などをすることもできます。認知症の人をサポートすることもできます。施設で機能訓練をしたり、レクリエーションをしたり、また特別な料理を作ったりすることもできます。

どんな施設があるかと言えば、特別養護老人ホーム、グループホームなど色々な施設があります。また、介護職員初任者研修の資格があれば、ケアマネジャーの資格試験を5年実務経験がで受講することが可能です。ケアマネジャーはケアプランを作成する人のことです。