介護職員初任者研修を安い金額で習得するために

介護職員初任者研修を習得するためには一定時間の講習を受けなくてはなりませんが、スクールなどによっては料金が結構な金額で差が開きます。ここでは介護職員初任者研修を格安金額で習得するために何をするべきなのかについてまとめています。

介護職員初任者研修を安い金額で習得できるか。

介護職員初任者研修とは、2013年4月の介護業界の法改訂に伴い、新たに旧ホームヘルパー2級から名称変更されたものです。基本的には、掃除や調理等の生活援助のほか、入浴や排せつ行為等の身体介護、車椅子等を利用した外出介護を行うなど、仕事内容自体に変更はありません。

大きな変更点とすれば、過去には130時間の実技演習を含む講習を受けるのみで、その資格を得ることが出来ていましたが、改定後130時間の講習後に約1時間の修了試験を受け、その試験に合格することが義務付けられたことです。

介護職員初任者研修は、その他介護資格と比較しても取得をしやすいという利点や年齢制限や学歴等の縛りも無いことから、人気も高くその取得者も年々増加していると言えるでしょう。この資格を取得する場合は、看護師等の専門的な資格と有しているというような特殊事案を除き、通常は各地方自治体が定める専門学校や研修機関、通信教育等を受けることが通常でしょう。

なお、介護職員初任者研修の資格取得する場合のもっとも安い金額としては、6万円程度が相場と言われています。もしこの金額より安い場合があれば、介護職員初任者研修に必須である実技研修が除外されている場合もあるので注意が必要です。

今後の需要自体は更に高まる資格であるため、資格取得を目指されている方は、まずは自治体や研修機関等のホームページなどで、細かい情報収集を行うことをお薦め致します。

介護職員初任者研修を安く受講することはできますか。

介護職員初任者研修とは、介護業界全体の法改訂を目的として、様々な改正、業務移行などを行ったもので、実際にはホームヘルパー2級が名称変更されたものです。介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級制度同様に130時間の実技演習を含む講義を受けることが必須となっています。

旧制度上では、この130時間の講義を受けるのみで資格を得ることが出来たことから、この点が旧制度上と新制度上の大きな違いでしょう。前述のように介護職員初任者研修では、講義を受ける必要があることから、その資格を得るためには、通信教育や各種専門学校、各地方自治体が定めた研修機関による講習を受け、その資格を得ることが出来ると言えるでしょう。

なお、介護職員初任者研修は、介護部門における入門的な資格でもあることから、その資格取得者は若年層から主婦層、高齢者層まで様々となっています。この中で、問題となってくるのはその資格取得費用でしょう。もっとも安くこの資格を取得する場合は6万円から7万円程度の費用で済みます。

ただ、一つ注意点として、介護職員初任者研修には、必ず実技講習が必要です。安価な通信教育の中には、この実技講習が含まれず、別途料金となることもあるため、注意が必要でしょう。なお、大手通信教育業者等では、必ず講習の中に実技演習が含まれており、その金額は10万円程度、専門学校等と比較しても安価であることから、費用自体は安く抑えられるかもしれません。

介護職員初任者研修を格安で受講したい

介護職員初任者研修は、旧のホームヘルパー2級資格のことで、怪我や病気、加齢などで介護を必要としている人が増えているので、資格を所得している人は就職や転職に有利です。これから、介護職員初任者研修の資格を取得したいという人は、通学をするスクールを選ぶ必要があります。

大手スクールは、受講料が高めになっていることが多いですが、中小のスクールであれば、半額以下の格安で受講を受けることができます。中小のスクールは、授業のある時だけ市民会館などを借りているため、費用を格安に抑えることができます。

格安だからと言って、授業内容がおろそかというわけではなく、信頼できる講師が在籍をしているので、資格を取得するために必要な知識や技術をしっかりと学ぶことができます。介護職員初任者研修の資格を取得した後は、病院や介護施設、特別養護老人ホームなどで勤務をすることができます。

中小のスクールは格安で、授業料や受講料を抑えることができますし、質の高い授業を受けられるので安心して下さい。信頼できるスクールを選ぶことが大切なので、地元の評判の高いスクールを選ぶことが大事です。介護職員初任者研修の資格を取得すれば、中高年以降の人も介護の分野で活躍ができます。

介護職員初任者研修で激安のところはありますか。

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級資格のことです。一般的にはホームヘルパーという呼称の知名度が非常に高いことから、認知度自体は未だ低いと思われます。この名称変更の背景を簡潔に説明すれば、超高齢化社会と呼ばれるように、日本が国内の人口で65歳以上の高齢者が占める割合が非常に高くなっています。

このような中で、介護業界の法整備が追い付かず、介護資格の上位資格取得への煩雑さや重複した学習を行うなど、法改訂の必要性が強く叫ばれていた為です。なお、介護職員初任者研修については、旧ホームヘルパー2級では130時間の講義(この中には、講習のほか実技試験も含まれます)が必要でした。

旧制度下ではこの講義が終了することで、その資格を取得することが出来ていました。しかし、介護職員初任者研修の新制度下においては、130時間の講義の後、約1時間の修了試験を受けることが義務づけられ、修了試験に受かることで最終的に資格を得ることが出来ます。

この介護職員初任者研修は、激安の通信教育もありますし、専門学校等で学ぶなど、様々な学習方法があります。ただ一つ注意点として、いくら激安といっても、この資格取得には前述のように実技講習が必要不可欠です。色々な資格取得をサポートするサイトはありますが、まずは実技講習の日程等を一番に確認して頂くことをお薦め致します。

最安値で介護職員初任者研修を通過する

学習や試験には費用が必要になるので、介護職員初任者研修を受ける場合も費用を比較する事が大切ですし、内容が同じであれば支出を減らす事は必要ですから、最安値を探し出して活用する事が役立ちます。介護職員初任者研修には出費が多く必要ですし、予習や資料を集める事にもお金はかかりますから、負担を減らす事が出来れば経済的な余裕が生まれるので、無駄なく介護職員初任者研修を行える事が大切です。

最安値を選ぶ事でメリットは生まれますし、問題が無ければ介護職員初任者研修を通過できるので、経験を活かすチャンスが得られますから、成長の機会を得る事が可能です。介護職員初任者研修が最安値であっても、交通費を含む事が欠かせませんし、場合によっては予想外の出費が発生しますから、予め十分な調査を行う事も必要です。

日頃から支出を減らす努力を行う事は、労力や時間と釣り合う結果が欠かせませんし、必要以上に拘る事は逆の結果が発生するので、最安値を探す為に必要なお金以外を考える事が重要です。掘り出し物の介護職員初任者研修を見付ける事が出来れば、最安値で必要な経験を行えますから、経験以外に小さなメリットが生まれますし、費用の削減が出来て利点が価値になります。

介護職員初任者研修は安い費用でも受けても学べる事は同じ

介護は無資格でも仕事を行う事は可能ですが、人に接する仕事である以上、必要な知識と技術は学んでおく必要があります。その資格として介護職員初任者研修がありますが、費用は出来るだけ抑えたいものです。しかし、離職中の場合には、ハローワークを介してテキスト代以外は無料で受講する事ができます。

さらに条件に当てはまれば給付金を受け取る事ができます。現在、介護の仕事をしている場合にはスクールや勤務先で開講している講義を受ける必要があります。勤務先の場合には、会社が負担してくれる場合もあるようですが、その会社によって割引の値段は異なるようです。

スクールにかかる費用も数万円~十数万円と幅広い値段の設定になっています。安いからといって悪いというわけではありません。介護職員初任者研修は法でカリキュラムが定まっているため、登録している事業所はそれに沿って講義を行わなければなりません。そのため、どこのスクールに通っても得られる知識、手技は同じです。

安い場所を選んでも通信の場合でもスクーリングを受けなければならないので、一定期間の通学は必要となります。その分の費用も念頭に置いておく必要があります。費用だけでなく、開講時間など自分の条件にあった介護職員初任者研修を受けるようにしましょう。