介護職員初任者研修を取得することで就職に有利に

介護職に就職したい人の場合、どれだけ多くの資格を取得しているのかということが重要になります。その中でも有利になる資格である介護職員初任者研修ですが、どの程度就職で有利になるのかについてまとめています。

介護職員初任者研修において、有利な資格はありますか。

介護職員初任者研修とは、日本国内における高齢化社会が進む中で、更なる介護従事者の確保や介護サービスなどの充実が必要となったことから、管轄官庁である厚生労働省が介護業界全体の改革を目的として、抜本的な法改正を行ったもので、2013年4月から旧ホームヘルパー2級資格が介護職員初任者研修と呼ばれることとなりました。

この介護職員初任者研修は、介護部門における入門的、初歩的な資格であることから、特に年齢制限や学歴、資格取得の有無などを必要としません。国内在住者で日本語の読み書きさえ出来れば、外国人の方でも取得できる資格です。

では、介護職員初任者研修に有利な資格等はあるでしょうか。有利という言い方は少し語弊があるかもしれまんが、例えば非常に高い専門的な知識を持つ、医師、看護師等は、通常行われる130時間の講義、講習実技演習等は受けること無く、この資格自体を得ることが出来ます。

また、その他としても特別養護老人ホーム等の施設において1年以上(実務的に180日以上と規定されています)における介護等の実務経験を有するものについては、実技試験等の一部部門が免除となることから、実質的に一般的な受験者と比較しても有利であると言えるでしょう。

介護職員初任者研修の免除項目について

介護職員初任者研修とは、2013年4月から法改正に伴い新たに設定された名称であり、旧ホームヘルパー2級に該当します。通常は130時間の講義(講習・実技演習)を経た後に、全体的な復習の意味合いを込めた約1時間の修了試験を受け、その試験に合格した場合に資格を得られるという形です。

ただ、この介護職員初任者研修については、介護部門の入門的な資格であることから、その他有資格者等については一部もしくは全ての項目が免除される場合があります。あくまで一例を挙げますが、特別養護老人ホーム等の介護職員として、実務的な経験を有する者についてはその職種により既に講習と同等の知識があると判断され、研修過程の一部を免除されることがあります。

この場合、免除内容の判断は各都道府県等の自治体に委ねられます。また、介護職員初任者研修について、一定の介護現場における現地経験のほか、訪問介護等に従事する際の証明書として、その修了証明書があることが一番望ましいのですが、基本的には、前述のような各地方自治体の裁量等により、看護師の資格を持つ者は介護職員初任者研修の資格を得ることができ、すべての研修過程を免除することが法定により明記されています。

介護職員初任者研修と看護師の関連性について

介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級資格のことを指します。近年では高齢化社会が進む中で、介護業界全体における改革が必要不可欠と考えられ、制度改定が行われたものです。この資格は、介護部門における初期段階での資格との位置付けにあり、年々資格取得者も増加しています。

前述のように初期段階での資格であることから、別の有資格者には特例として各種措置が取られる場合があります。通常、介護職員初任者研修においては、130時間の講義(講習・実技演習を含む)を受講後、約1時間の修了試験を「受けることが義務づけられています。

ただ、より専門性の高い知識を持つ看護師については、介護職に就く際に、各地方自治体の定める所定の手続きさえ行えば介護職員初任者研修に係る受講要件(講習等)が全て免除されるのです。

また、法改訂後に介護職員初任者研修者は、50時間の講習を受けるなどした後、口腔内の痰吸引10回、鼻腔内の痰吸引20回、気管カニューレ内部の痰吸引20回、胃瘻、腸瘻による経管栄養20回、経鼻経管栄養20回などの講習、実地研修を行った後に、この業務を行っていましたが、看護師は元々このような高度な知識を得ていることから、実地研修、講義等は全て免除されます。

ヘルパー1級を取得していると介護職員初任者研修は楽です

ヘルパー1級を取得していると介護職員初任者研修資格の取得は楽です。なぜならば、かつてのヘルパー1級のように介護職としてかなりの知識や技術を有するであろう資格を持っていた人なので、介護職員初任者研修で学ぶべきことはそれほど多くはないからです。

介護職員初任者研修はあくまでヘルパーとして最低限知らなければならない知識や技術を有している人というものであり、ヘルパー2級や3級程度相当と見られていますので、1級だった人にとっては、その授業内容や学ぶ項目などについて物足りなく感じる人もいるとされています。

このため、かつてのヘルパー1級の資格を有していた人の場合にあっては、最初から介護職員実務者研修を目指す人も多いのですが、基礎から今一度しっかりと学び直したいという人もいることから、この資格をまずは取得してさらにその後介護職員実務者研修を目指すという人もいます。

なお、このヘルパー1級取得者であれば、相応に知識や技術をすでに取得しているであろうという発想の元、この初任者研修ではかなりの受講すべき科目が免除されるという特典があり、受講するべき時間が少なくて済む点は取得にあたってのメリットであると言えるでしょう。