整体師として開業するためにはどれくらいの資金が必要なのか

整体師としての道を志している以上、多くの人が最終的に独立することを目的に働いているのではないでしょうか。

ここでは整体師として独立開業するために必要な資金などについてまとめています。

整体師になって開業することが出来る

整体師になって開業をするということはだれにでも可能です。整体の学校に行くことは誰にでもできますし、特に年齢などの条件といったものがあるところはありません。整体の資格は民間の資格で国家資格のようなものはないので、通った学校で認められればそれで資格を取得することができます。

通常はその学校が経営する整体院で数年働いて、ある程度の顧客を得て開業といったような流れが多いのですが、資格をとってすぐに開業しても問題はありません。整体師の仕事は基本的には人に本来備わっている自然治癒力を利用して施術をしていくものですから、体に負担の少ない施術となります。

人に喜んでもらえる仕事となりますし、患者の笑顔などを見ることも出来るのでやりがいのある仕事となるといってもいいでしょう。最近では脱サラをして整体師になるといった人も少なくはありませんし、定年をすぎて自分のやりたい仕事として整体師を選ぶといった人も出てきています。

年齢に関係なくいつでもやりたいと思えば学校に通うことで整体に必要な技術や知識を身につけることができるので、やりがいのある仕事を選びたいといった人に人気の仕事となってきているといってもいいかもしれません。

整体師の開業に必要な資金

整体師になるには民間資格しか無いのが現状ですから、特に資格がなくても開業することが可能です。省スペースでできる仕事ですから初期投資を安く済ませられるメリットがありますが、店舗にかかる費用が大きいため資金に関しては様々だと言えます。

個人で整体師となり開業することも可能ですが、フランチャイズを利用して独立することも可能ですから、必要な資金に関しては開業方法によって異なるのが基本です。フランチャイズでは未経験からでもはじめられるメリットがありますが、ロイヤリティなど本部により内容が異なります。

フランチャイズで開業した場合には楽に経営していくことが可能ですが、加盟金やロイヤリティが負担となってしまう場合もありますので、資金計画は入念に行う必要があります。利益があげられなければ経営を圧迫してしまいますので、しっかりとした経営計画が必要になってくると言えます。

整体師になるには色々な選択がありますが、知識や技術を身に付ける必要があります。スクールもありますし通信講座も選べますが、整体院に勤務して体で覚えることも可能です。スクールで学ぶのも良い方法ですが、実務の中でしか分からないことが多いため、見習いとして働き実力を付けることも開業には必要です。

整体師として堅実な経営を目指す

経営と言うと、かなり難しい・専門知識が必要というイメージです。もちろん、整体師として独立すれば経営者であり、収入と支出をコントロールして利益を出す必要があります。更には、利益や損失に対する税金計算や必要経費計上等をする必要があります。

ちなみに、整体師として独立する場合、一般的にはテナントを借りる必要がありますが、比較的小規模のテナントを借りるケースが多いため、テナントの契約費用は数十万程度になります。

その他の開業費用に関しても、テナントに設置する看板・お店等においておくパンフレット・開業時の広告宣伝費用・施術用ベット・電話やパソコン等の通信設備などです。また、人件費に関しては、開業時は自分一人である場合が多いため、費用がかからないケースがほとんどです。

即ち、整体師の開業と開業後の経営に関しては「コストに比較してパフォーマンスが非常に良い」という事が大きな魅力です。言い換えれば、数十万の開業資金を用意できれば、整体師として独立しコストを抑えた経営が可能なことが大きなメリットになります。

そして、一定数の顧客の信頼を得て、ある程度の売り上げを確保できれば、確定申告等を税理士に依頼し、整体師としての本業運営に集中することが可能になります。即ち、整体師として堅実な経営目指すことができるのです。

整体師は独立しやすい有望な仕事です

整体とは、脊椎・骨盤・手足等の骨や関節等の矯正や調整をし、また、体全体の骨格等の矯正や調整をすることで、関節痛やむくみの除去・血行促進を図ることで体の調子を整える民間療法です。

もちろん、このような整体師の仕事は非常に需要があり、更に、精神的な安らぎを提供する作用もあるので、極めて人気のある職業です。

そして、一定の経験をしつつ一定数の顧客との信頼関係を築ければ、整体師として独立するケースが多いのも事実です。また、整体師として独立する場合のメリットとしては、小規模なテナント等での開業が可能で、設備投資も少額で済むことです。

即ち、最低限必要なものとして、整体用ベッド・サイトやブログやメール受付のためのパソコン・電話等を準備できれば開業可能なのです。つまり、整体師は数十万程度の費用で独立開業が可能であり、低コストで極めてコストパフォーマンスが高い事業経営が可能です。

ちなみに、整体師は比較的小規模のお店で独立をし、出張の整体をメインにしたり、スポーツジムと業務提携をするなどの事業形態を展開することも可能なことが大きな魅力です。

また、開業しつつ、実業団等のセミプロと契約したりプロスポーツ選手のコンディショントレーナーになるケースもあります。即ち、整体師は独立しやすい有望な仕事なのです。

整体師が活躍できる業界について

これからの時代に活躍できる職業として知られる整体師ですが、どのような場所や業界で活躍できるのでしょうか。最初に挙げられるのが整体院です。整体院といっても、それぞれの個性が発揮されておりオリジナルのマッサージ法や、女性専用の整体院なども増えてきています。

また、時間制によってコースを選ぶことができるショッピングモールの整体院など、買い物ついでにちょっとマッサージでもしてもらおうというような飛込みのお客さんを対象とした整体院も見かけるようになりました。

整体師は整体院の他にも、様々な業界で働くことが可能です。例えば例を挙げていくと介護施設です。高年齢化が進む時代には介護施設が増えており、介護施設で介護整体師として利用者のケアをおこなう働き方もあります。

女性であれば、エステ業界で美容整体をエステサロンでおこなったり、リフレクソロジーのサロンで活躍するなどといった女性ならではの職場も増えています。男性であれば、スポーツ選手だけではなくスポーツを楽しむ方の、スポーツトレーナーとして体のコンディショニングをメインとしたスポーツトレーナとして整体を生かすこともできます。

このように様々な業界で整体師は働くことができるので、これからの時代に需要が増加していくことが考えられます。