整体師としてのアルバイトは未経験でも大丈夫?

整体師として働く場合は正社員と派遣社員、そしてアルバイトとして働くという3つのパターンがあります。

今回はその中からアルバイトとして働くことについて労働時間や時給についてまとめています。

技術職である整体師はアルバイトとしても人気

整体師として働いていても、転職や結婚、出産などで一度退職してしまうケースも多くあります。特に女性の社会進出に伴い、疲れを訴える女性の需要に応えて、女性の整体師が増えています。こうした女性の施術者は結婚や出産、育児などで整体のキャリアを一度中断せざるを得ないケースもあるのです。

ただし、この整体の技術は一度中断してしまってもなくしてしまうものではありません。しっかり学んで身についた技術は、結婚や出産で中断してしまってもその後また働きたい時に役立つ技術と言えるでしょう。

実際の整体院で働く施術者はほとんど正社員はおらずアルバイトや契約社員で成り立っています。この仕事はシフト制で自分の希望する曜日や時間に入りやすい仕事とも言えるのです。キャリアを一度中断した方でもこのように整体院にアルバイトとして再び復帰しやすい環境が備わっていると言えるのです。

整体師のアルバイトとして復帰する方のために、各整体院では研修制度を設けて、ブランクがある方が自信を持ってお客様に再び施術できるように工夫しているところもあります。求人をチェックする際にはこうした研修制度がある整体院を選ぶことで自信を持って施術することができます。

未経験でもできる整体師のアルバイト

整体師の仕事は、患者さんの身体の不調をとりのぞく、とても大切な仕事です。直接患者さんの身体に触れて、骨や関節のゆがみを矯正して、正しい位置に戻してあげるのが主な役割です。

医者のように手術をすることはないので、血を見ることはないのですが、それでも骨や関節の位置をずらすわけですから、手術並みに身体の大改造を行う仕事だといえます。このように責任重大な仕事ですから、この仕事をする人は、ある程度見習いとして経験を積んでから、本格的に仕事を始める人が大半です。

一般的には、養成学校で専門知識を学び実習を重ねて、それから先生に弟子入りしてさらに経験を重ねるというパターンがほとんどでしょう。しかし、整体師の中には、未経験の人でもアルバイトとして採用してくれるところがあります。

しかし、もちろん未経験の人にいきなり施術をさせるわけではありません。このような整体院では、整体師の施術のほかに、電気マッサージなどの治療を行っているところもあります。そうした施設では、機械操作などはアルバイトに任せているところが多いです。

ほとんどの機械はマニュアルに従って操作するだけなので、未経験のアルバイトの人でも、問題なく仕事ができるのです。

整体師の時給の相場について

整体師としての技術を学び、実際に仕事を開始する時には、整体院やリラクゼーションサロンなどに就職をするか、開業をするかの2つが主な道になります。整体院やリラクゼーションサロンに就職をする方のが圧倒的に難易度が低いですので、こちらの道を選ぶ整体師が多いのが現状です。

そこで気になるのが、雇われて働く際の給与です。一般的には正社員として働くよりも、まずはアルバイトとして始めるケースがよく見られ、雇用形態がアルバイトですから基本的に時給制がとられることが多く、相場としては800円から1000円程度とされています。

経験を持つ人であれば、時給1500円の例も見受けられます。時給制であっても、ある程度人気の整体師になれば、歩合制が追加されるパターンも珍しくありません。歩合制ならば、常連が増えるほど給与がどんどん上がりますので、固定給と同等か、それ以上の稼ぎを得られることもあります。

基本的に給与の基準は一般の会社と同じで、経験のない整体師は低い給与からスタートすることになり、技術を高め、実績を重ねるのに比例して、給与も上がって行くといった仕組みになっています。一般の多くの会社と違う点としては歩合制が導入されていることで、実力が試されるやりがいのある職業ともいえます。

完全歩合給の整体師になれば高収入が望める

整体師として就職する時には、最初の頃は時給制で給料が支払われるケースが多くあります。時給750円から1000円前後の相場となっていますが、固定給であれば、月に15万円から25万円が相場です。基本的には働き始めの頃の給料は低めで、働きに応じて給料がアップして行くといった具合です。

しばらく整体師として勤務を続けている内に、利用者から指名を受けられるようになれば、歩合制に移行する場合も珍しくはありません。歩合制になれば、毎日のように多くの利用者がつくことで、時給制であっても固定給に負けないほどの月収を稼ぎ出すことも十分可能です。

整体師というのは実力が物をいう世界ですので、初めの内はあまり稼ぐことのできないことが珍しくありません。この時期を辛抱強く乗り切り、技術を高めることによって、完全歩合給に移行できるくらいにのぼりつめれば、大きく稼ぎだすことも決して不可能ではない職業です。

整体師は、リラクゼーションサロンにおいても需要があるなど、活躍できる場所は意外にも多くあります。完全歩合給で30万円の壁を超え、安定した収入を得られるようになってきたら、さらに高収入が望める、独立開業の可能性を検討してみるとよいでしょう。

整体師の平均的な労働時間について

整体師の仕事は、患者さんの腰痛や肩こり・体調の不良などの症状を改善して、文字通り体を整えることを目的としてます。そのため、整体師は来られる患者さんの症状に合わせて施術を行なうこととなるため、1人にかける施術時間についてはまちまちとなります。

ただ労働時間については、整体院を開設しているか、開設せずに他の整体院に雇われて働くかによって違いがあります。独立で1人で整体院を開設している場合は、労働時間はその整体院が受付している時間帯となります。

一方、雇われて働いている場合には、基本的に8時間労働で何人かで交代していくシフト制を採用していることが多いです。雇用の場合は、整体院自体がある程度のお客さんを抱えており、院によってはひっきりなしにお客さんが来られることも多く、その要望により午前中に開院してより、深夜まで営業することもあります。

またその日の患者さんの数によって、残業が発生することもあり、労働時間も長くなる傾向もあります。従って、大きな整体院ともなると深夜営業・年中無休で営業することもあるため、そこで働いている整体師の数によっては、シフト制を導入していても、一人当たりの労働時間は長くなりがちです。

なお整体師の平均的な一日の労働時間は8時間ですが、場合によっては上記のように残業の発生や休日をとることができないケースも多く、そういった場合は働く時間も8時間よりも長くなってしまうことも多いです。