脱サラして整体師になるということ

整体師はなにも高校卒業後に専門学校に行き、新卒として整体師を選んでいる人だけではなく、脱サラをして整体師になっている人だって多くいらっしゃいます。

ここでは脱サラして整体師になることについて詳しくまとめています。

脱サラして整体師になるには

現在サラリーマンとして、お勤めされている方で脱サラをして整体師になりたいと考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

整体師は近年、大変需要が見込まれている人気の職業のひとつなので、ご自身ステップアップのために整体師としてやっていこうと決心される方も少なくありません。需要が見込まれる理由には、活躍できる理由が大変多いことです。

整体とひとことでいっても、スポーツをされている方のためにスポーツトレーナーとして働いたり、また介護施設などで介護整体師としてお年寄りの体のコンディションを整えてあげるといった働き方、ヨガとあわせてヨガ整体というように女性に人気がある美容系の整体で活躍している方など、大変多くの分野で働くことができるのです。

脱サラして整体師になろうと考えている方は、いずれ独立開業してご自身の整体院を開くことを目標とされる方も多くいらっしゃいます。整体師は通信教育で学ぶ事もできますし、独学でも学ぶことができます。また整体院で直接技術をアルバイトをしながら習得していったりすることもひとつの手段です。

これから需要が高まる職業のひとつとして脱サラ後の人生を豊かなものにするために、目標をもって実力をつけていくことが大事です。

整体師は本業だけでなく副業でも勤められる

有資格者の方でなければ業務を行えないことで知られている整体師ではありますが、整体師としての求人募集には本業としてだけでなく副業として募集されているものも多いことから、副収入を得るために整体師として働きたいという方であっても勤め先は多々存在していると言えます。

副業だからといって基本給が大幅に下がるということは、整体師の職業に関しては少ないと言えます。時間給の場合沢山シフトに入れば当然ながら高いお給料がもらえるため、本業と副業のバランスを考慮した上で十分な収入を得たいと考えている方からすると非常に働きやすい職業であるとも言えるのです。

副業として整体師業務にあたりたい場合には、インターネット上に存在している求人広告サイトや特定業種専門の転職サイトを有効的に活用するといいでしょう。

特に整体師としての求人情報のみを専門的に扱っているサイトを利用すれば、一般的な求人情報誌などを利用するのに比べ短時間で勤め先の選定が終わり、実際に面接から採用されるまでのサポートを受けることも可能となるためお勧めだと言えます。

高齢者が今後更に増加することが確定的な現在の日本において、明らかに需要が高まっていく業種だと言えるため資格獲得は急いだほうがいいとも言えます。

整体師になるために働きながら資格をとるには

整体師という職業は近年大変人気がある職業のひとつです。女性男性を問わずにまた年齢も関係なく、働くことができるので将来安定した活躍ができることで整体師になりたいという方が増えてきています。
若い方が整体師として、働きたいと考える場合に整体のことについて学ぶ事ができる整体学校へ日中通うことが可能となり、卒業後に整体師として就職するためには大変有利です。

もし、現在別の職場で働いていて、今の自分の職業にいかすことができたらと整体師の資格を働きながら資格を取りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えばヨガインストラクターとして活躍されている方であれば、体のコンディショニングをヨガの面と整体の面と両方からサポートすることができ、ご自身の活躍の場が広がることにつながります。

働きながら資格をとるには、整体学校の夜間コースに通って勉強をするか、または時間の拘束がない通信教育で学んでいく方法、もしくはテキストなどを自分で揃えて独学で知識を習得する方法があります。
整体師は民間資格ですので、ご自身が知識や技術に自信を持つことができるならば、資格がなくても整体の技術を生かして活躍していくことが可能です。

整体師に残業はあるの?

整体師の仕事は、勤務先にもよりますが9時に開院し20時ごろ閉院となっていることが多く、一日2交代のシフト制をとっていることが一般的です。シフト制ということで規則的に働けそうなイメージのある整体師ですが、その仕事に残業という概念はあるのでしょうか。

まず大手の整体院であれば、勤務時間や休日に関してシフトがしっかりと組まれているため、残業はほとんどないといえるでしょう。どちらかといえば、比較的スケジュールの都合がつけやすく働きやすい職場となります。ただし、顧客のニーズに応えるために深夜営業をしていることもあるため、3交代制をとっていることも少なくありません。

一方で個人の整体院の場合は、たとえシフト制をとっていたとしても顧客の要望に応える傾向にありますので、残業も珍しいことではありません。

例えば、受付時間間近に飛び込みでやってきたり、休日に施術をしてほしいというような無理な要求などがあった場合、院長の一存で了承してしまうこともあるのです。そうなると、必然的に時間外勤務となってしまうのです。

このようなことから、整体師の勤務形態は勤めている整体院によって大きく違ってくるといえます。なるべく残業をしたくない場合は、大手整体院に勤めるか、もしくは個人でも事前に残業の有無を確認するとよいでしょう。

整体師になるための勉強時間について

整体師になりたいと勉強していくことを考えた時に、ひとつの選択肢として整体を学ぶ事ができる整体学校へ通うという方法があります。学校では技術や知識といったことを時間をかけて教えてくれるので卒業後、就職に大変有利です。

しかし現在、働いていたり整体学校に通う時間がないという方であればどのように整体師の勉強をしていけばいいのでしょうか。

整体学校へ通うような時間がとれない場合には、整体師の知識について学ぶことができる通信教育を利用することもできます。通信教育であれば自分の空いた時間に勉強時間を持つことができるので自由に学ぶことができます。

また通信教育を利用せずに独学で勉強している方もいらっしゃるので、独学でも自分で勉強時間を工夫しながら知識を積むことが可能です。しかし通信教育や独学の場合、実践的な技術というのはなかなかリアルには体験できないものです。

もし時間に余裕があれば、短い時間でもアルバイトができる整体院で実践的な知識を整体師から直接教えてもらってみてはいいかがでしょうか。整体師として活躍することができれば、整体院だけではなく、美容業界や介護業界、スポーツ業界といった世界で働くことも可能です。

パートとしての整体師募集案件は数多くある

整体師としての資格を持ち合わせているものの、子育てが忙しく本業として整体業務に携わることができないといった女性の方も多いでしょう。そのような方は正規雇用としてではなくパートとして整体師を募集しているといった求人案件を探してみることをお勧めします。

昼間の数時間のみ限定的に仕事ができるといった整体師業務は少なくないため、資格さえあれ比較的簡単に整体師としてパート勤めが可能となっているためです。パートとして勤務できる整体師の求人案件は、一般的な無料求人広告紙だけでなくウェブ上からも探せるようになっています。

マッサージ師を募集しており勤務時間も相談に応じてくれるといった整体院はリサーチしてみると多々見つかると言えるため、働きたいと希望してから面接を受ける先の選定までの時間が短く済むということも記憶しておいてください。

パート勤めとなるため大抵は時給制が取られますが、出張形式で整体業務に赴く場合時給のほかの出張料金が給料に上乗せされるようになります。一日に数箇所出張に行くだけで結構な金額がもらえるということなので、パートだからといって給料が少なくないといったメリットも整体師としての業務にはあるのです。