業務委託として働く整体師について

整体師として働くためにはどこかの接骨院に正社員として働くか、独立するか、業務委託として働くかのどれかの選択肢があります。

ここではその中から業務委託で働くことについて詳しくまとめています。

業務委託で店舗を持ち活躍する整体師

整体師になる方の多くの夢は自分の店舗を持つことではないでしょうか。整体師などのセラピストは高い技術力があれば、独立開業をしやすい職種と言えます。メーカーのように原材料費や在庫が必要なく、技術力を販売する業務ですから、一般的な店舗の独立開業よりもずっとリスクを少なく自分の店舗を持つことができるのです。

ただしそうは言っても、集客の良い立地を選び、家賃を支払いながら独立開業するのは初期費用がかなり掛かってしまうため、なかなか一歩を踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。そのような方が選んでいるのが業務委託という方法です。

駅ビルやショッピングモールなどの条件の良い立地の店舗をセラピストに業務委託し、運営してもらうという契約がよく見られます。この方法なら整体師が自分ではなかなか契約できないような良い立地の治療院やサロンを、自分の采配で営業することができるのです。

一施術者としてではなく、経営者としての業務委託ですから、自分のカラーを出しながら自分の店のように運営していくことができ、大きな達成感を得ることが出来るでしょう。サロンが繁盛すれば、アルバイトや社員としての給与よりも高額の収入を得ることもできます。

業務委託というスタイルで働く整体師の給料

近年、不景気などの影響を受けて、正社員などの、福利厚生がしっかりしていて、給与も安定している正規雇用の求人が少なくなっています。さらに、契約社員や短期期間労働者などの仕事は多くなっているという現状があります。

また、資格や免許などが必要になる、専門職の分野の求人は安定していて、手に職をつけることの大切さが浮き彫りになっています。このような状況の中で、今人気の仕事が整体師の仕事になります。これは、街にある治療院で働きながら技術を身につける方法もありますし、自宅で開業をして、働くというスタイルもあります。

また、業務委託という形で整体師としての仕事をするという方法もあります。整体師になるためには、専門学校などの教育機関で一定のカリキュラムを学習することや、実習などという形で実践をしていくことで、専門知識と手技とよばれる整体の技術を身につける事が非常に大切になります。

特に、業務委託などの場合は、自分の信頼が必要になりますので、今までの学習した知識や、習得した技術を生かす絶好の機会です。

業務委託された仕事の給料は、しっかりと最低保証されている場合が多いので安心して仕事をすることもできます。自分でしっかりと管理をして、給料が少しでも上がるように、働き方やサービス内容の工夫をする事も非常に大切です。

整体師と労働基準法について

労働基準法は、日本国内の事業で使用される労働者であれば、国籍を問わず適用されます。したがってあなたご自身が事業主となって整体院を開業し、その整体院の運営等も行っているのであれば、あなた(=使用者)以外のスタッフ(=労働者)の方に労働基準法の適用があるということになります。

労働基準法の適用を受ける労働者である整体師の方であれば、この法律に定められる『労働条件の最低基準』が保証されるということになります。たとえば、労働基準法第32条2項では、『使用者は、労働者に休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない(抜粋)』としています。

したがって、整体師であるあなたの勤務先が、始業9時、終業18時で、休憩時間が12時から13時までの整体院であれば、18時には仕事を終了して帰宅しなくてはなりません。

ただし、労働基準法第36条により、事業主と労働者代表との間の書面による協定労働基準監督署に届け出た場合には、労働時間を延長することができるのです。したがって、やみくもに労働時間の延長が認められているのではありません。

また、整体師であれば、仕事の準備やお店の清掃など、整体以外の仕事もあると思います。使用者の指揮命令下にあれば、そういった時間も労働時間に含まれます。あなたの勤務先の労働条件を今一度確認してみてはいかがでしょうか。

労災と整体師の仕事について

近年、人々は肩こりや首の不調、腰痛などのマイナートラブルに悩まされている人が多くいます。また、一時的にマッサージなどの施術を受けて楽になっている人も多いですが、それだけでは解決方法にはなりません。

また、体の不調の原因が仕事などの関係で不調が生じていることがあります。また、勤務中に交通事故にあい、鞭打ちになったという場合は、一般的には労災が認定されるので、それらの制度を賢く利用して、治療に専念する人も多くいます。

このような状況の中で、整体師の施術を受けるときに、労災が認定されて、保険診療ができるのかということになりますが、それはできないです。保険診療ができる治療院は、整骨院などの病院で、施術者は国家資格を有しています。

一般的に、整体師はこれらの資格や免許は不要になっていますので、あくまでも、症状が改善するための、施術をするというイメージになります。しかし、中には整体だけではなく、整骨や鍼などの治療を複合的に行う、国家資格を有する人が施術をしている病院もあります。この場合は、労災も使うことができます。

このように、単純に整体師の施術だけを行っている治療院では労災を使うことができませんが、国の指定する医療機関では可能になります。

整体師ならば必ず加入したい賠償保険

身体の不調を訴える人に対して、施術を行い、治療と回復のサポートを行う整体師が人気を集めています。悩める人々の救いとなる職業ですが、この仕事を行う上で、稀ではあるものの、トラブルが発生しないことはまずあり得ないといえます。

利用者の不調の原因は様々で、また筋肉や骨のもろさも人それぞれです。いつものように施術を行ったところ、相手の筋肉を傷つけてしまったり、骨にひびが入ってしまうなどといった事故が起こってしまうこともあります。

施術中のトラブルの際に助かるのが、民間の賠償保険の存在です。賠償保険の内容は、筋肉や骨だけに限りません。マッサージを行う際、滑りをよくするためにオイルを使用することがありますが、利用者の体質が原因でオイルでかぶれてしまったなどの肌のトラブルに関しても、賠償保険が適用される場合があります。

施術が原因の身体のトラブルは、高額の賠償金を請求される恐れがあります。整体師として働くならば、万が一に備えて、賠償保険に加入しておくようにしましょう。また、整体師の施術ではなく、院内の備品、設備で誤って怪我をした、衣服を汚してしまったといったトラブル、名誉棄損などにも、賠償保険が活かせます。

ホテルや温泉の出張の仕事もこなす整体師

近年、不景気の影響で、正社員などの正規雇用の求人が減少している傾向があります。そのような中で今、注目を浴びているのが、整体師の仕事です。

この仕事は資格を取得することで、誰でもできる仕事になります。整体師の仕事は様々ありますが、まずは開業しているクリニックで、従業員として働くという方法があります。この方法で自分の学んだ技術や知識を経験として生かすという事が大切です。

また、ある程度、経験を積むと、整体師として開業をする人も出始めます。開業をする事は非常に大変ですが、十分な資金や恵まれた環境があれば、開業を検討する事も良い方法です。

そして、整体師は店舗でお客様を待つというスタイルのほかに、ホテルや温泉などの観光地で、マッサージや施術を行う出張サービスという働き方もあります。リクエストされたお客様の下で、出張という形で、施術をするという方法です。

一般的なマッサージ料金と比べると少し高い設定になっていますが、出張サービスは毎回、違うお部屋で違うお客様との出会いがある、素晴らしい働き方になります。

このように、整体師の仕事には多種多様な働き方があるので、自分に合ったスタイルで自分の資格や経験を生かして、働くことのできる職業です。

整体師の施術と保険適応の関係

整体治療院では健康保険の適応がある場合と無い場合がありますが、保険適応であれば治療費を安くすることが可能です。健康保険は3割負担ですから、同じ治療を受けても保険適応とそうでない場合では大きな差がでてしまいます。

健康保険が使える整体師の施術には、柔道整復師の資格を持ち届け出を行っている治療院に限られます。柔道整復師は国家資格ですが、整体師は民間資格ですから資格がなくても開業することが可能です。

一般に柔道整復師がいるところは接骨院と呼ぶことが多いですが、整体師は整体治療院と呼ぶことが多いといえます。健康保険が使えないとはいっても、医療機関の自由診療とは異なりますのでそれほど高額な料金がかからない特徴があります。

診療報酬などの決まりごとがありませんので、整体師が自由に料金を決めることが可能です。国家資格ではありませんので誰でも開業できますが、施術には知識や技術が必要ですから見習いやスクールなどで学ぶ必要があります。

整体師だけの整体治療院では健康保険が使えませんが、柔道整復師がいて届出ていれば保険治療が可能です。柔道整復師は国家資格ですから取得は簡単ではありませんが、整体師であれば比較的楽に取得することが可能です。