整体師の求人はかなりの数がある

整体師として働く場合、中卒や高卒など学歴は関係なく正社員の求人はかなりの数があります。

ここでは整体師として未経験で就職する場合の求人の探し方について紹介しています。

整体師に対する求人はかなりある

最近は整体師に対する求人はかなりあるといえます。というのは高齢化社会が進んでいますので、整体師の施術を望む人はかなりいるようになっているからです。さらには最近は整体師の活躍の場が広がっているといったこともあります。

まずは、高齢化社会が進んでいるので、体の不調を訴える人というのはかなりいます。ですが、医者にかかるのは大仰ですし、薬などは出来るだけ避けたいと考える人は多いのです。薬は体への負担の大きい医術といえますし、出来るなら薬や外科的療法を避けて自然に治ることがいいと考える人がほとんどでしょう。

整体はそういった要求にこたえることができる施術となっています。整体というと骨をパきパきと鳴らすような施術をイメージする人がいるかもしれませんが、そういった施術は稀といってもいいものです。

整体は体の歪みといったものを直すことで人間が本来持っている自然治癒力がしっかりと働くことによって体の不調をなくしていこうとする考えに基づいている施術ですから、体の負担の少ないものです。ですから、現代の状況にマッチしているともいえるかもしれません。それだけに整体師に対する求人はかなりあると考えられることになるのです。

正社員の整体師について

整体師になるには、資格は必要がありません。全く経験がなくても、アルバイトから働くことができる職業です。しかし、知識や技術が備わっていなければ患者さんから信頼を得ることはできません。そのため、実際の現場では、整体学校などで整体についてきちんと学んでいる人のほうが、アルバイトとしても採用されやすくなっています。

アルバイトとして整体師を頑張っていれば、将来的には一人で患者さんを任せてもらえるようになってきます。努力を続けていることで、指名も入るようになってきて正社員として働くことができるようになるのです。正社員になることができれば、ほとんどの人が独立をして開業をします。

そのため、最初は正社員かどうかよりも、いかに技術を身につけて患者さんの信頼を得て、指名をとるかが大切なのです。将来、患者さんの信頼を得て独立したいと考えているのであれば、民間の取得を働きながら取得することをおすすめします。

その理由は、患者さんはどんな資格であっても、資格と技術をきちんと持っている整体師にみてもらいたいと思うものだからです。整体師のアルバイトをする場合は、やる気と情熱がとても大切になってきます。正社員などの目標がある場合は、継続して努力をすることが大切です。

整体師は中卒の人でもなれると言います

整体師は資格を特別必要としないのが特徴です。整体師の就職先と言うのは、整体院と呼ばれるところになりますが、整体院を開業している先生の多くは柔道整復師の資格を持つと言います。

柔道整復師になるためには、 厚生労働省の許可した専門の養成施設で勉強を行い、卒業した後に国家試験を受験し、試験に合格をしなければなりません。

また、 厚生労働省の許可した専門の養成施設と言うのは高校を卒業している事が条件となりますので、中卒の場合は高等学校卒業程度認定試験(従来大検と呼ばれていたもの)を受験し、高校を卒業した証が必要になるのです。

その点、整体師と言うのは資格を特別必要としませんので中卒の人でも整体師になる事は可能です。但し、民間の資格を取得しておくことで、一定の勉強を行った証になる事からも、就職等を行う時には有利になります。

将来、整体院を開業すると言う目標が有る場合などでは、整体師として働きながら高等学校卒業程度認定試験を受験し、高等学校を卒業したのと同じ状態にした上で、柔道整復師の資格を得るための勉強を行えば、整体院の先生としての地位を確立する事も出来るようになると言う事です。

尚、整体院の先生になるためには柔道整復師の資格は必須ではなく、仕事の領域を広げる意味において資格を保有しておくと良いと言われているのです。

整体師は高卒でも活躍できる職業です

整体師になりたいと考えている方は、近年の整体師の需要とともに増加している傾向が伺えます。実際に、私たちが整体師にお世話になるという機会が何度もあります。例えば女性であればエステサロンに行った時に、体の歪みを矯正するというもので美容整体を受けたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ご年配の方であれば、デイサービスで体の調子を見てもらったり相談に乗ってもらったという方もいらっしゃいます。またご自身がスポーツが大好きだからスポーツをする人をサポートしていきたいとスポーツトレーナーとして、成功している整体師の男性の方もいたりと活躍できる職場、働き方が自分自身の希望によって選ぶことができる職業です。

いざ整体で頑張っていこうと目標をもった時に、自分は高卒だから整体師にはなれないのではないかと考える方がいらっしゃいます。しかし整体師は、学歴は関係なく整体そのものの知識と技術さえあれば、様々なところで活躍できる実力だけが必要な職業です。

高卒で大変人気のある整体院を営んでいる方も多く、目標さえしっかりして勉強熱心であれば学歴は関係なく、独立開業して自分の整体院を開業することも実現不可能ではないのです。

未経験でも応募できる整体師の求人とは

整体師はしっかりと学んで高い技術力を身につけることで、独立開業も目指せるという人気の職業です。鍼灸師のような国家資格ではない分、比較的コストをかけずに短期間で資格を取得することができます。整体師で大事なことは資格取得したあとにもいかに技術を高めるべく、努力をし続けるかということです。

この資格を取得したくても、なかなか初期費用を用意することができずに諦めてしまう方もいます。確かにスクールに歌謡には一年間、半年間という一定の期間が必要ですし、入学金としてもまとまった費用が必要になってしまいます。その間収入を確保しながらスクールに通うことができない方もいるでしょう。

そのような方は未経験でも可能という求人に応募することができます。こうしたサロンでは整体師やリフレクソロジストなどのさまざまなセラピストを養成するために研修を行って、一人前のセラピストとして育ててからサロンに出すという方法で運営されています。

未経験でも可能という求人を見つけたら思い切って応募することで、整体師としてのスキルを身につけながら、サロンで働くことも可能です。その上でたくさんのお客様を施術して技術力の向上を目指すことができるのです。

整体師は定年に関係なく働ける

整体師は定年に関係なく働くことができます。もちろん企業や団体に雇われた場合には定年といったものはありますが、定年後に独立して開業といったこともできますし、整体院や接骨院などで働くといったこともできます。

自宅でも仕事をすることができますから、年齢に関係なく仕事をすることができるとして、高齢になられた方が整体師の資格をとって仕事をするといったことも珍しくはありません。

よく整体師の仕事は力がいりそうなので若い人でないと難しそうと考える人がいますが、若者で力のある人しかできないような施術は整体にはありません。整体の基本的な考え方は体に無理のない施術です。体への負担が少ないのが整体の魅力ですから、そんんな大きな力がいるような施術は整体にはないのです。

整体で力がいるような施術に思われているのは、骨格の歪みを直すときの施術なのでしょうが、これは歪んでいる一部に力を入れるだけで、大切なことは周りをしっかりと固定することです。

この固定する技術と歪んでいる部位を見極める技術を整体師は学んでいるのであって、力を加えることに意識を注いでいるのではありません。そのような力を体に加えれば逆に体の方が悲鳴をあげてしまいます。