整体師になるには何をしたらいいのか

整体師になりたいという若者が年々増加していますが、整体師になるために何をしなければいいのかという点が思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。

ここでは整体師になるためにするべきことをまとめています。

整体師になるには専門知識と技術の習得が必要

近年、不景気などの影響で、正社員などの仕事の求人が少ないという状況があります。また、非正規雇用等の求人が多くなっているという状況もあります。このような中で、資格や免許が必要な職業が人気になっています。

例えば、整体師の仕事はその一つで、厳密に言えば、資格や免許がなくてもその仕事に就くことができますが、手技療法と呼ばれる仕事のため、専門知識や技術は必要になります。

特に技術面は、人を施術していく必要があるので正しい方法で行う事が大切です。安全性などにもしっかりと考慮した上で正しい施術で、安心な技術を提供する事が求められます。

整体師の仕事は、ゆがんだ骨などを元の位置に戻すということが、最大の目的になるので、整体師になるには、専門の知識と骨に関することや、骨をひねって戻すという技術面も学ぶ必要があります。

また、開業をする整体師も多いですが、まずはクリニックなどで、経験を積むことも大切になります。特に、何人もの患者さんを技術面でサポートしていく上で、整体師としての経験値をあげることもできます。

このように、信頼できる整体師になるには、様々な努力が必要になりますので、技術面と知識をしっかりと身につける事が重要です。

整体師の向き不向きを手軽に判断する方法

あらゆる人の体の悩みを解消させてあげたいという、強い思いを持たれてはいませんか。そのために、整体師になりたいという考えておられるのは素晴らしいです。しかしながら、ただ整体師になりたいと思い続けているだけではいけません。

人間にはどんなものにも向き不向きが存在しており、適正ともいうべき才能に満たされていて初めて夢への第一歩を踏み出すことができます。では、整体師としての向き不向きはご自身にとってどうなのか、それを手軽に調べられる方法があります。

まずは、長時間同じ作業を続けていても苦にならないでしょうか。整体師の向き不向きとして、まずは長時間作業に耐えられる精神力が必要となります。毎日のように様々なお客様を相手にするわけですが、提供をする技術は常に同じだからです。

それからもう一つ、向き不向きについて調べる際にうってつけの要素があります。指の力は強い方であると声を大にして言えるのであれば、整体師としての適性ありと判断することができます。向き不向きの中では、特に重要とも言うべき要素だからです。

マッサージを長時間行えるだけの精神力と、鋼のようにまでとはいかなくとも強い指力を持っているのであれば夢への扉が開かれやすいでしょう。

整体師は何歳まででも出来る

整体師の仕事は何歳まででも出来るといったことが魅力のひとつです。もちろん若者でも出来ますし、高齢者でもできます。最近では普通の会社で定年を迎えて次の仕事として整体師をやるといったようなケースもあります。

整体師の仕事は力を必要とするようなイメージがあるかもしれませんが、実際はそのような力は必要ではありません。このことは女性や高齢者の整体師がいることからもわかります。整体の仕事は人に喜んでもらえる仕事ですし、高齢者ほどそのありがたみがわかるといったこともあります。

自分がしてほしいことを人にしてあげると喜んでもらえるといったことが高齢者ほどよくわかっていますので、年齢が高くなっていくほどその仕事のよさがわかってくることになる仕事といえるかもしれません。やる気さえあれば何歳まででもできますから、この仕事の魅力は大きなものがあるといえます。

勉強が苦手といった人もいるかもしれませんが、整体で求められる知識はそんなに難しいものではなく、学校に行けばしっかりと教えてもらえますので、それほど気にしなくてもいいでしょう。手技についても同様です。簡単ではありませんが、しっかりと学べば習得できます。そして一度習得すればずっと使うことができます。

整体師の職業を目指すなら

整体師とはどんな職業のイメージがあるでしょうか、多くは肩こりや腰痛、むちうちといった症状を整体師の技術によって、軽くしてくれたりと痛みがある症状を改善してくことを思い描く方が多いと思います。多くの整体院ではご自身の技術をいかして様々な治療をおこなっています。整体といっても、整体院独自の個性が問われる時代になっています。

整体師は、これからの時代需要が増えてくる職業のひとつです。高年齢化が進む日本ではあちこちにデイサービスや老人ホームなどの介護施設が増えており、介護施設を利用する方のための介護整体を実施している介護施設も多いです。もしもこれから整体師になることを目指すのであれば、就職先も選びやすくなります。

整体師は、女性であれば美容業界で美容整体をおこなったり、リフレクソロジーサロンでリフレクソロジストとして働くことも可能です。またヨガの知識も勉強していくならば、整体とヨガをあわせたヨガサロンを開業することも可能です。

ご自身が整体師になったらどのような働き方を目指すかで、勉強することにも違いがでてくるのではじめに情報を収集していくことが大事です。技術や知識の実力があればオールラウンド型の整体がおこなえるようになります。

整体師の仕事はやりがいがある

ひどい肩こりや腰痛や50肩などで悩まされている人はかなり多いようです。また自律神経の病気にかかっている方や、スポーツでけがをして体の調子が良くない方もおられるでしょう。そのような体の不調を訴えている人たちを、手技を使って、人間の持っている自然治癒力をできるだけ高めるように、体全体のバランスを整えるのが、整体師の仕事です。

また、整体師は、猫背を矯正したり、仕事が原因の体調不良を治すこともしています。このように、整体師は、いろいろな原因で身体の不調で悩まれている人たちを、手技によって治療し、その痛みや不快感などを軽減することになるので、施術のあと、感謝されることがよくあります。

そのような時に、多くの整体師はやりがいを感じています。この仕事は人と接するのが好きな人が向いている職業なのですが、そのような人であれば、患者さんから感謝されることが多いので、とてもやりがいのある仕事です。

体の不調により悩みを抱えている人を、手技だけでそれを改善させるのですから、感謝されなくても、人の役にたつことになるので、やりがいを感じながら働くことができるはずです。やりがいのある仕事を探しているのであれば、整体師の仕事をすることを検討されてはいかがでしょうか。