若者に人気がある整体師という職業について

日本はスポーツ大国ですが、ここ最近になって若者たちに人気が高まっている職業が整体師です。

ここでは整体師が人気になってきた理由や整体師を目指すのは文系と理系どっちが多いのか?などについてまとめています。

整体師の仕事はある意味人気商売

整体師の仕事はある意味では人気商売とはいえます。医師が行うような医療行為ではありませんので、ある程度の人気は必要となるとはいえるでしょう。先生の施術を受けたいと思うような人が出てこなけれが成り立たないからです。

そういった背景があるからかもしれませんが、整体師には特徴的というか個性的な人が多いといったことがあります。そこには、こういった背景といったものがあります。整体の学校で学ぶことは基本的には同じようなことですから、自分のところをアピールするには、それなりに個性を出していく必要性がでてきます。

ただ、整体師の施術は人によって全く違ったものではあるということはいえます。それは、医師のような医療行為ではなく、整体師の先生による見立てが施術の基本となりますので、先生の見方や考え方によって施術は大きく変わっていきます。

また、先生によって持っている資格もそれぞれです。整体師は民間の資格ですが、これに合わせて国家資格である鍼灸師やあん摩マッサージ師の資格も取得して、患者の状態に合わせて、それらの技術を使っていくといった先生もいます。

ですから、いろいろな先生がいて施術も違っているということは知っておいたほうがいいでしょう。

理系の人も整体師になれる

整体師というと文系的な仕事と思う人もいるかもしれませんが、理系の方もやはりいます。また、運動をほとんどしていない人であったり、医療系ではない仕事をしていたような人でも整体師にはなることができます。

年齢といったものや過去の知識や経験といったものが整体に関して全くなくても、整体の施術に必要なことは全て学校で教えてもらうことができますから、どんな人でもなれるわけです。ですから整体に理系、文系といったことは関係がありません。

ただ、整体師になるためには、主義などの実技だけではなく、体の構造について学ぶことが必須となります。骨や筋肉の付き方から、ホルモンについてなど体のことについていろいろ学ぶことも必要になりますから、学習が必要になるということはいえます。

ですから、理系が向いているとか文系が向いているとかいったことではなく、しっかりと学んでいこうという向上心が大事だといえるでしょう。

また、手技などはそんなに簡単に会得できるものではありませんから、何度も繰り返し練習をしていくことが求められることになります。整体は体に負担が少ない施術とはいえますが、どういった施術が患者に対して適切なのかを見分けていく必要もありますし、経験も必要となっていきます。

整体師を目指すなら文理で

近年、不景気などの影響もあり、正規雇用等の正社員の仕事が少なくなっているという現状があります。また、契約社員や期間限定の社員の求人が少なくなっているという現状があります。このような状況の中で、安定した資格や免許を持つことで、働く場所や活躍できる所の幅が広がるという事も期待できます。

例えば、整体師を目指すのであれば、専門の学校へ通う事が良い方法になりますが、そのためには高校などの時点で、進路をきちんと決めていく必要があります。

整体師を目指すのであれば、できれば、高校生の時点で学校によりますが、文理選択をできる制度を取り入れた学校も多いと思いますが、理系を選択するとより良いです。

文理選択は非常に難しい問題ですが、特に、医療関係で活躍する整体師の仕事は、理系を学ぶことでより知識を得ることが可能になります。医療系の知識が、整体師としての仕事に役立つことができますし、理系の学習をすることでよりそれらの知識を植え付ける事が可能です。

また、専門学校についても様々なタイプの学校がありますので、自分自身に合った学校を選択する事が非常に大切です。また、専門学校へ通うことができるように、高校の時からしっかりとした計画を立てる事が一番重要です。

整体師に文系や理系の違いはありません

ほとんどの人は、高校や大学の学部が文系だったか理系だったかによって、その後の就職先が決まってしまいます。例えば、医者になりたいと希望している人は、必ず大学の医学部に進学しなければなりません。そのためには、理科や数学などの受験科目をしっかり勉強する必要があります。

一方、英語の通訳や翻訳の仕事をしたい人は、大学の外国語学部に進学するか、語学専門学校に通わなければなりません。そのためには、英語や国語の試験に合格する必要があります。

このように、学部の選び方ひとつで、今後の進路は大きく変わってしまうことは多いです。しかし、整体師の場合には、そのような制限はありません。文系と理系を問わずに、誰もがこの仕事につくことができるのです。

なぜならば、整体師の仕事に学歴は全く関係ないからです。中卒の人でも大学の人でも、やる気さえあれば誰でも整体師になることができます。確かに、この仕事につく前には、解剖学や生理学などの基礎的な勉強が必要となります。

人の身体にかかわる仕事なので、これらの知識は必ず習得しなければなりません。しかし、これらの知識は、学歴に関係なく、誰でも学ぶことができるので、勉強が苦手な人でも心配する必要はありません。

男性のイメージが強い整体師の男女比の実態

筋肉をほぐして骨格の歪みを調整する、マッサージを行うなど、身体の不調に働きかける施術を行うのが整体師の仕事です。高齢者が多くなったこともあり、需要が増している職業でもあります。男性の整体師の姿がよく見られますが、男女比としては男性が6、女性が4といった状況で、意外なことに女性も多くを占めています。

男女比で女性が目立つようになったのは、ここ最近です。美容目的としてリラクゼーションサロンなどの利用客が増加し、そのような施設には女性客が多く訪れることが関係しています。

美容の世界で競合するエステサロンとの差別化を図るために、整体の技術が取り入れられるようになっています。エステサロンでは利用客の女性が薄着、もしくは肌を露出することが多く、肌に直接触れて施術が行われるため、男性よりも女性の整体師が求められる傾向が強いのが関係しています。

また、普通の整体院であっても女性の利用客の間では、できれば女性から施術を受けたいと希望する声もしばしば聞かれます。

働く女性が当たり前となり、年齢を重ねた頃に身体の不調を訴える人がこれからも増えるとされていますので、女性であっても整体師になるための勉強に励み、就職や開業を目指してみるのもよいでしょう。

整体師の弟子入りについて

整体師になるためには、専門学校に通ったり、セミナーに参加することで知識を身につける必要があります。しかし、知識を習得することはとても大切なことですが、それだけでは一人前とはいえません。

なぜなら、人体の骨格は皆同じですが、筋肉のつき方や体型は人それぞれなので、実際にどのような手当が有効なのか、ということは人によって異なるためです。ですから、知識を身につけた後には、できるだけたくさんの患者さんに接して、経験を重ねることがとても大切です。

しかし、学校を出たばかりの人が、いきなり患者さんの施術をするのは難しいでしょう。場合によっては、かえって身体を傷めてしまうことにもなりかねません。特に整体師の資格を得たばかりの人は、経験豊かな指導者のアドバイスを受けながら、少しずつ施術に携わっていくのが望ましいと言えます。

このような事情から、整体師として働く人は、まずは先輩に弟子入りしてから仕事を始めるという人が少なくありません。もちろん、すぐに独立開業することが禁止されているわけではありませんが、今後のキャリアアップのことを考えると、信頼できる先生に弟子入りして一定期間修業を積むことがとても大切なのです。