整体師として働く整体院と接骨院の違いについて

整体師として働く場合、整体院と接骨院、そして病院勤務のどれかを選択することになります。

今回はそれらの整体院、接骨院、病院勤務のそれぞれの違いについてを詳しくまとめています。

整体師の働く整体院と接骨院の違いとは

整体師は整体院に勤務していたり、クリニックなどで活躍していたりと、幅広く求人がある職業です。一方で接骨院や整骨院という治療院もあり混乱するお客様が多いのが現状です。

整骨院はもともと接骨院や骨接ぎと言われているもので、柔道整復師という国家資格をもつ人が施術を行います。この施術は交通事故などで骨折した方などがその後の治療に通ったり、関節が外れてしまった方の治療などをする治療院です。治療が行えるので保険が適用されることも多いのが特徴です。

一方で整体師は国家資格を受験して資格を取得するものではないので、治療を行うことはできません。整体院と整骨院ではこのような大きな違いがあるのです。

ただし、整体師は国家資格ではない分短期間で資格を取得することができ、費用も国家資格の柔道整復師や鍼灸マッサージ師に比べて少額で済みます。敷居が低くこうした業界に入りやすい資格とも言えるでしょう。

その上、技術力が高ければ、お客様に選ばれて人気の整体院となることができるのも特徴です。治療と名乗ることができなくても、高い技術力、通いやすさやサービスによって、治療を行っている機関よりも人気が出るケースも多くあると言えるのです。

整体師の仕事と医療行為の発展

整体師とは、手足や道具を使って施術を行い、背骨や骨盤などの骨格・関節の歪みやズレを矯正することによって、身体の不調の改善や病気の予防を行う人のことです。国家資格のあん摩マッサージ指圧師 とは違い整体師の資格は民間資格のため、無資格で整体師を名乗っても法的に問題はありません。

国家資格がないため整体は医療行為ではなく、医業類似行為とされています。整体術の起源は二千年以上の歴史がある中国の推拿と言う古典按摩だといわれています。日本の整体のは様々な国の医療行為の手法を取り入れることで発展してきました。

日本で受け継がれてきた武術の活法や骨法に、中国医学の推拿・西洋のオステオパシー・欧米のカイロプラクティックなどを、大正時代に日本の施術師たちが独自の工夫やアイデアを加えて現在の整体を確立しました。

整体院と整骨院は似て非なるものです。整骨院では、骨や関節・腱や靭帯など、身体の部分の損傷に対する施術を行います。整体院では、部分の損傷というよりは骨のズレや全身のバランス異常を治すための施術を行います。

整体師は幅広い知識とコミュニケーション能力が必要です。施術をしながら患者と雑談をしたり、プライベートな相談にのることもあるからです。

基本的に整体師の施術に健康保険は適用されない

よく整体師の施術には健康保険は適用されないのかと思う人がいます。基本的に整体師の施術は健康保険の適用外となっています。ここで基本的にいったのは、例外もあるといことです。整体師の資格は民間の資格で国家資格ではありませんから、その施術は健康保険の適用外なのです。

ただ、整体師の中には鍼灸師などの国家資格を保有している人もいます。そういった人が医師の指示する施術を行ったときには健康保険が適用できる場合もあるということがあるのです。ですから、整体院で健康保険が適用されたといった人がいないわけではないのです。ただ、基本的には適用外だと考えられるのです。

整体師の施術は現代では医師が行うような医療行為といったような考え方とは違うものとなっています。病気になった患者を治すといったことではなく、人がもともと持っていた自然治癒力を使うことで体の不調を正して元の正常な状態にもっていくといったことをするものとなっています。

この行為を助けるのが整体師の仕事となっているので医師の行うような仕事とは違っていると解釈していいでしょう。医療の行為というよりは、自分の体の機能が十分に発揮されるようにする行為といったことになります。

保険加入と整体師について

景気が下がる一方で、それは求人などの分野にも反映しています。今、給与などが安定している正社員の仕事は少なくなっていて、契約社員や派遣社員などの仕事が多くなっているという現状があります。

そのような中で、手に職をつけるという意味で、資格のある仕事や免許が必要な専門職を目指して勉強している人や、就職活動をしている人が多いです。

特に、整体師として開業を考えている人も多くいます。開業をする時には色々と用意するものがありますが、その一つが、賠償責任などの保険加入の検討になります。

整体師の仕事は、手技療法とよばれるものになりますので、自分の技術だけで、患者さんの治療を行う事が非常に大切です。そのような中で万が一、施術が原因で患者さんへ怪我などを負わせた場合の賠償請求として、これらの保険へ加入する事も可能です。

整体師向けの保険加入の商品も多数あります。また、整体師などの資格や免許が必要のない仕事に関しても、色々なサポートをする支援団体の主催になった、賠償責任などの保険商品もたくさんあるので、それらを参考にすると良いです。

整体師として、知識や技術があれば、大抵事故は防げますが、もし何かあったときに、しっかりと対応できるように準備をしておく事が非常に大切になります。

整体師の施術は基本的には保険適用外

整体師が行う施術のほとんどは基本的に保険適用外です。基本的にというのは、そうでないケースもあるということなのですが、これは整体師が鍼灸師やあん摩マッサージ師のような国家資格をもっていて、医師の指示のもとで医療行為を行う場合については保険適用となるケースがあるからです。

ですが、通常行われる整体師の施術は保険適用外となると考えていいでしょう。これは整体師の施術は医師の医療行為とは違うと考えられているからといえます。

整体師という資格は民間の資格ですし、整体は体を治すという考えではなく、体が本来持っている治癒の力を十分に発揮させるという考えのもとで行われる施術です。こういった考え方の違いといったものがあるといったことは知っておいたほうがいいでしょう。

そのため、整体の施術というのは体に優しいといえます。医療行為では薬や外科的療法を用いるため、体への負担は大きなものがあり、副作用といったものを考える必要性があります。ですが、整体の施術においては体への負担が少ないので副作用といったものもかなり少ないものになっています。

もちろん、多少はあるのですが、医療行為の副作用と比較するとかなりの負担減となります。

整体師の病院勤務について

整体師は原則として病院に勤務することはありませんでした。その理由は、整体自身が医療行為ではないという事です。あくまでもマッサージという感覚でとらえられていることが多く、具体的な症状の改善の根拠が見つかり難い部分にもあります。

その為従来は、整体師の仕事は非常に人気の低い人がなるという印象があります。最近では海外でも、患者の不安をやわらげるとともに、病気を治すことにも大きな効果があることが知られています。以前では科学的な根拠を持って施術していたため、整体については敬遠する状況がありました。

その為整体師にはリハビリなどの施術を行った場合についても、医師としての待遇ではなくマッサージとしてとらえられることも少なくありませんでした。しかし、最近では整体師を職員として迎える病院も増えてきています。特に大病院では救急患者で運び込まれて施術を行うため、患者が痛みを取る方法は一つしかありませんでした。

交通事故に遭った人はその痛みを取るために整体師にマッサージを行わせる試みも生まれています。その為病院勤務の整体師が増えてきています。病院勤務を行うことで自分で開業するよりも確実に報酬を得ることができ、また患者数も多いもので、安定した生活が送れるようになるからです。

整体師の技術は本当に安全性は大丈夫

人は、普段からパソコンの画面を見たり、事務仕事をしたりと色々なことをしながら生活をしています。その中で何かに没頭する作業は肩こりや腰痛の原因にも繋がります。

そこで、人はマッサージ目的などの理由で、整骨院などを受診することがありますし、場合によっては矯正を目的にしている整体などを受診することもあります。

整体師は、資格がなくても出来る職業にはなりますが、一定の知識や技術がないと、人を施術することはできません。また、元々ゆがんだ骨を矯正する事が目的になりますので、技術や知識がないと、元の位置に戻すことは非常に難しいです。

また、安全性は大丈夫なのかという事を心配する人も多くいます。整体師はその手技を、きちんと学んだ上で職業にしますし、人間の骨の勉強や位置の知識などもしっかりと学びますので、知識面は安心できます。

また、技術面においては、実際に整体に通っている人の口コミや評価をしっかりと集めて、自分の信頼できる、そして安全性も確立している整体師に施術を求める事が非常に大切です。

最近は、インターネットなどでも、整体についての口コミや評価を見ることができますし、整体師によってはホームページやブログなどを通して、サービス内容を伝えているので一度確認すると良いです。