整体師の仕事内容ってどんなことをしているの

整体師の仕事内容を思い浮かべると、漠然とお客さんのマッサージをしているようなイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。

ここでは整体師の仕事内容について詳しくまとめています。

整体師がする施術の仕事内容

整体師がする施術というとパきパきと骨をならすような関節の歪みなどを直す施術をイメージする人は多いでしょう。実際にそのような施術はありますが、整体師の仕事内容からするとそのような施術はほんの一部といてます。整体師はもっと大きな意味で考えて施術を行っているのです。

整体で行うのは人がもともと持っている自然治癒力を十分に発揮させることを目的として行う施術です。ですから、仕事内容はこの施術全般にわたります。この自然治癒力を阻害する要因としては、骨盤の歪みであったり、姿勢の悪さであったり、筋肉の緊張であったり、精神的なものであったりとさまざまです。

ですから、それらの要因に対して的確な施術を行うのが整体師の仕事です。ただ、最近では整体師の活躍の場は広がっていてスポーツトレーナーのような仕事をする人も出てきています。

体の構造といったことを理解しているので、どうやったらその機能を増進したり、安全に動かしたり出来るかといったこともわかるからといえるでしょう。

このように体全般について理解をして施術を行ったり、アドバイスをしたり出来るのが整体師といえるでしょう。今では多くの需要がある分野となっていて活躍が期待されています。

整体師に必要な知識は思う以上にたくさんあります

整体師に必要な知識については、先ず骨格や筋肉、各器官などの名前や場所を知らなければなりません。そして、骨盤のゆがみや背骨のズレなどを矯正するための整体手技に関する知識が求められます。

仕事として施術を行うのですから、患者さんの体の痛み・違和感などを根本的に改善するだけの知識が求められます。それから、生理学や整形外科学、解剖学や病理学などの知識も必要になります。栄養学や美容に関することの知識も必要です。患者さんや他のスタッフとのコミュニケーションに関する知識も必要です。

患者さんの話を傾聴することにより、その体の状態を理解することが大切だからです。患者さんとのコミュニケーションの中で、どんな風に痛むかなどの悩みを聞き出せなければ、施術を適切にすることはできません。

また、自分で整体院を開院する場合、経営のノウハウやマーケティング、さらに経理の知識なども必要になってきます。これらの整体師に必要な知識を独学で身に付けるのは難しいかもしれません。

整体師を養成するスクールなどに通って、知識を身に付けることもできます。知識は、先ず広く浅く、だんだん掘り下げる形で、自分のペースに少しずつ吸収していきましょう。

整体院や接骨院の整体師にできること

整体院や接骨院に足を運ぶ人の多くは、原因が分からない痛みがあるという人も多いでしょう。ケガをしたから痛むと分かっていたり、病気の症状の1つとして痛む分かっているなら、病院に行くでしょう。

でも、痛みの原因は分からないけれど、切実にこの痛みを治して欲しいという人が、整体院や接骨院を訪れます。整体院や接骨院の整体師にできることとして、どんなことをイメージするでしょうか。骨格の矯正、自律神経の調整、筋肉の弛緩などかもしれません。

イメージ通り、整体師にできることの1つが骨格の矯正して、側湾症や猫背などを治すことです。腰や股関節、ヒザの痛みなど、さらにぎっくり腰やひどい肩こり、四十肩・五十肩や背中の痛み、また冷え症を治すこともできます。

根気強く治療を繰り返せばその症状は治るでしょう。上記のように整体師にできることはたくさんあります。ただ、整体師は医師ではないため、整形外科医にできるようなヘルニア手術や神経ブロック注射などをすること、またレントゲンの撮影をすることもできません。

鍼灸師やマッサージ師でもないため、鍼灸治療やマッサージすることもできません。病院で撮ったレントゲンを整体師が見ることはできます。

整体師の多岐にわたる業務内容

整体師が注目されています。この整体師の業務内容はいったいどんなものでしょう。業務上で扱う疾患は本当に多種多様であるため、業務内容は驚くほど多岐にわたります。整体師の資格は民間資格ですから、特定の疾患だけしか扱えないという規制はありません。

扱う疾患は関節・骨格や筋肉の疾患、肩こりや五十肩、腰の痛みなどです。O脚やX脚、猫背や頭痛などもにも対処します。むくみや冷え症、ストレスなど精神的なものなどにも対処します。具体的には、骨格や筋肉のバランスを、指・手などを使って整えていきます。

つまり骨格の歪みを矯正したり、筋肉をほぐしたりします。これらの行為により、疾患が改善するだけでなく、免疫力、つまり自然治癒力が高まります。

また、アフターフォローも業務です。アフターフォローとは、患者さんに対して、自宅で行ってもらう体操などに関する指導をしたり、生活の上で気を付けて欲しいこと、心がけて欲しいことなどを伝えたりすることです。

整体師の業務は整体や鍼灸の治療院、整骨院、さらに整形外科、エステサロンなどで行うことになります。また、整体師として、学校の講師になることもできます。経験を積めば、開業することもできます。

整体師は技術向上をし続ける必要がある

整体師になるためには、鍼灸師のような特別な国家資格がありません。各協会が行っているスクールや専門学校に通い、そこで技術を習得し、座学で人体を学んで、卒業試験を受けてディプロマを得る方が多くなっています。

こうして各協会が認めた方が整体師として治療院に就職したり、クリニック専属になったり自宅開業され活躍の場を広げていくのです。ただしこのように専門学校で学んだだけでは整体師として一人前とは言えません、たゆまぬ技術向上の努力があってこそ、お客様に選ばれる施術者となるのです。

中には専門学校を出たきり、勉強会や研修会に参加せずに自己流の技術に陥ってしまうケースもありますが、これでは技術力の低下を招き患者さんやお客様が遠ざかってしまう原因にもなりかねません。

しっかりと定期的な研修を受けて、勉強会に参加し技術向上の研鑽をつんだ施術者は、常にハイレベルな施術をすることができますので、お客様に必要とされる人気の整体師になります。

始めて治療院に来院されるお客様はウェブサイトなどで、整体師の卒業した専門学校やどのような技術向上の努力をしているのかといった経歴をチェックしてから治療院を選ぶものです。そうした意味でも専門学校の卒業後にいかに学び続けるかということは大事なのです。

整体師のお休みについて

整体師は、独立開業が可能な、将来性のある職業です。人を癒すことに興味があったりする人に向いているお仕事で、一度社会人を経験したのち、スクールに通い整体師に転職するという方も少なくありません。

実際に整体師として勤務し始めると、お休みはその整体院の休日に従ってお休みをすることになります。基本的に休診日は、週に一度か年末年始のみというところが多いので、そういった場合はスタッフ同士でシフトを組んで休暇を取得することになります。

休みが少なく、ハードなイメージがあるかもしれませんが、法律にのっとって最低限の休みは取得出来るので安心ですね。シフト制のため、土日に必ずお休みができるわけではありませんが、人が少ない平日に休暇をとって、のんびり旅行などを楽しめるというメリットもあります。

休暇のシステムや日数については、面接などの際にきちんと説明があるので、しっかりと確認しましょう。
自分の働きやすい環境を選ぶことが重要です。

オフィス街などには、深夜や明け方まで開院している整体院もあります。そういったところで働く場合は、夜勤も含めたシフトになります。ハードである一方、お給料や手当も充実しているので人気の傾向にあります。