整体師の資格の種類と難易度について

整体師として働くためには資格が必要ですが、資格の中にも種類と難易度が違うものがあります。

ここでは整体師の資格の種類と国家資格の試験難易度について詳しくまとめています。

整体師という資格は民間のもの

整体師という資格は民間の団体が発行しているもので、よく間違われる国家資格である鍼灸師やあん摩マッサージ師とは異なるものです。ただ、整体師の資格を保有していてもさらに鍼灸師やあん摩マッサージ師の資格を取得するといった方はかなりいます。

このような資格は人が本来持っている治癒の力を発揮させるようにするという考え方において共通する部分がかなりあるからと考えてもいいでしょう。

ですから整体師でありながら、整体のみの手技にたよらず鍼灸といった施術を行う人もかなりいます。また、整体院や接骨院で複数の人が要る場合には患者の容体によって、それぞれ専門の先生が対応するといったようなこともあります。

整体は民間の団体が教えるものですから、特に決まった施術といったものがあるわけではありません。そのため、団体によっていろいろと施術は異なったものになっています。ただ、整体も鍼灸も東洋医学が基本的なベースになっているとはいえるでしょう。

その考えの中で手技を重視しているのが整体やあん摩マッサージで、針を使うようになったのが針師、お灸を使うようになったのが灸師といえるのかもしれません。それぞれがそれぞれの魅力があるといっていいでしょう。

整体師の資格と施術の種類

整体師の資格は国家資格ではなく、開業するのに免許を取得する必要はありませんが、整体学校や通信講座などで理論と実技を学び、それぞれの学校が発行する民間資格を得て仕事に就くケースがほとんどです。

整体の施術内容はバラエティに富んでおり、多くの整体院では複数の種類の施術を行っています。種類ごとに内容と特徴をご紹介しましょう。

カイロプラクティックは、アメリカで確立された手技療法で、背骨の歪みを矯正することで身体の不調を改善します。アジャストと呼ばれる施術で瞬間的に圧を加えるので、ポキポキと音が鳴ります。取り入れている整体師は多く、分派やテクニックも多いのが特徴です。

中国整体は、中国の推拿療法を元にしたもので、ほぐしの手技と関節操作法、経絡療法などをミックスしているところが多く、気功を使うところもあります。

タイ古式マッサージは、ストレッチングを多く含むタイのマッサージの一種で、最近日本にも普及してきました。ヨガの様式を含んでいるのが特徴で、指圧療法が強調される流派とストレッチ動作が多い流派に分かれます。

この他にも、ロルフィング、PNFストレッチ整体、エネルギー療法などさまざまな種類があります。また、国家資格である柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師などの資格ももつ整体師も多く、施術のメニューがさらに幅広いケースもあります。

整体師の種類と国家資格

整体師には同じような仕事をする職種がありますが、一般に整体師と言えば無資格でもできる仕事となります。同じような仕事にも種類があり、柔道整復師やあん摩マッサージ師、鍼灸師がありますが、国家資格が必要な仕事もあります。

整体師は民間の認定資格しかないため誰でもできる仕事となりますが、知名度が高く技術が認められている一部の人達は高収入を得ている現状があります。一般にはマッサージのイメージですから、技術さえ身に付ければ開業できる仕事となります。

柔道整復師やあん摩マッサージ師、鍼灸師は国家資格が無ければできない仕事ですから、一定の実力と社会的な地位を得ている職業となります。国家資格ですから誰でも取れる訳ではないですし、開業に当たり届け出や申請が必要となります。

同じように見えて種類がありますが、国家資格か民間の認定資格かの違いがありますので、資格が訴える信頼性は国家資格の方が勝っていると言えます。

整体師は逆に国家資格が不要のため色々なサービスができるメリットがあります。最近では骨盤矯正や小顔矯正など美容整体の分野が登場していますが、整体師では色々なサービスを提供することで独自性を出すことが可能です。

整体師になるための国家試験の難易度について

整体師になるために、ほんとうは国家資格は必要ではありません。整体師としての技術があれば、なれます。しかし、その技術を身につけ、治療を行うには解剖学や生理学などの基礎医学の知識や骨盤矯正などの手技も身につけなければいけません。

かっては、整体師の先輩のもとで技術指導を受けて、その技術が身につけば独立できるシステムでしたが、基本的な基礎医学の知識なしには、大きな病気を見逃す危険もありますので、国家資格を持っておくことが必要とされるようになってきました。

したがって整体師になるには、整体に関する資格が必要となるのです。その中には、柔道整復師とかあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師のような専門学校や短大や各種学校を卒業して国家試験を受けて、資格を習得する場合もあります。

その国家試験の難易度ですが、医療技術者である医師や薬剤師や看護師は合格率は高くても試験そのものはたいへん難しいものですが、それらの職種にくらべると、勉学年限も最高で4年ですから、合格率がほかの職種より低いからといって、難易度が、それほど高いわけではありません。

必要とする技術を身につけ、学校の授業内容をしっかりと身につけていれば合格できるものです。柔道整復師について言えば、最近は、この資格をとるための学校がふえ、柔道整復師の有資格者が急増しています。

整体師は国家資格ではなく民間の資格

整体師を国家資格と思っている人はかなりいるかもしれませんが、実は民間の資格です。よく勘違いされるのは鍼灸、指圧師です。こちらは国家資格となっていて、鍼灸、指圧の専門学校にいくことで資格を取得するものになっています。

ですから、整体師というのは特に条件はなく誰でも整体の学校に行くことで取得をすることができるものです。施術の方法は手技を中心としていて、マッサージなどの手技療法で体の不調を直していくことを考え方の基本としています。

体の歪みからくる不調といったものを本来人が持っている自然治癒力を発揮させることで直していくもので、ゆがんだ姿勢などからくる体の歪みを直すといったようなことをする施術です。

最近では整体師の活躍の場は広がっていて、スポーツトレーナーといったようなことをしていくような人もいますし、枕の開発といったものをしていくような人もいます。マッサージ機の開発にたづさわるような人もいて、現代の整体師はいろいろな分野で活躍をするようになっているのが特徴といえるかもしれません。

体の構造といったものを熟知しているので、いろいろなことに応用が利くということになるのかもしれません。それだけ活躍が期待されている仕事ともいえるでしょう。

整体師と国家試験を受験する柔道整復師について

整体師と言うのは誰もが名乗ることが出来ると言われており、国家試験などを受験して資格を必要とする柔道整復師とは異なる存在です。整体師になるためには、勉強をして民間資格を取得するか、もしくは整体を手掛ける機関で勉強をして独立する事で整体師としての業務が可能になるなどの特徴を持ちます。

国家試験を受験して資格が必要となる柔道整復師と混同されてしまうケースが多いのですが、整体師と言うのは、日本武術における柔術、骨法と言った流派に伝わる手技療法を主体とするものがまずあります。

伝統的な中国医学の手技療法を中心とするもの、大正時代の頃に、日本に伝わったと言われている欧米伝来となるカイロプラクティックなどの手技療法を中心としているもの、各団体組織が独自に生み出したと言う、理論や思想を適用して行うものなどのように、幾つかの種類が存在しています。

整体師は、脊椎や骨盤、肩甲骨、上肢や下肢などの四肢、身体全体の骨格、関節などの歪み、骨のズレの矯正、骨格筋の調整などを手足を利用したり、補助道具を利用して施術を行うと言う特徴をもっており、国家試験を受験して資格を必要とする柔道整復師とは施術に対しての思想や施術の内容などが異なるのが特徴なのです。