整体師としての就職先の探し方

整体師として就職する場合、専門学校などに通っていれば比較的就職先は見つけやすいですが、独学で資格を取った人などはどのようにして就職先を見つけたらいいのでしょうか。

ここでは整体師の就職先の探し方、派遣などの扱いなどについて詳しくまとめています。

整体師の就職先とはどのようなところか

人を癒し、健康に導いていく仕事である整体師になりたいという気持ちを持つ方は多くいらしゃいます。この仕事は現在多くの活躍の場があり、さまざまなステージで施術がなされているのです。一般的には、整体スクール卒業後に整体院というところに就職して施術する方が多くいます。

そこでたくさんのお客様を施術して経験を積んで技術力の向上を達成したところで、独立開業し整体院を自分で経営していく方もいます。なかには訪問整体として折りたたみベッドを車に積んで開業している方もいます。

最近ではクリニックなどの医療機関でもリハビリテーションの一環として整体師を雇用しているところも増えてきました。体の機能を施術によりアップしていくことができるこの技術は医療機関でも高く評価されており、リハビリセンター専属の整体師もいます。

また養老院や老人ホーム専属として就職されている方もあり、その活躍の場は広がっているのです。ただしこうした機関に就職するためには実績や経験、技術力の高さが重視されます。そこでスクールを卒業したあとにたくさんのお客様を施術してスキルアップできる整体院に就職することが大事です。

スクールの中には整体院をチェーン展開しているところもありますのでそうしたところを選んで学ぶのも良いでしょう。

派遣としての整体師の仕事について

近年、景気がなかなか回復しない状況の中で、福利厚生の充実した、しかも給与も安定した正社員の仕事は少ないという現状があります。また、短期期間の労働者や派遣社員、契約社員などの非正規雇用の求人が増えてきているという現状もあります。

このような状況の中で、整体師としての仕事が今、注目を集めています。整体師は、専門学校などに通って、専門的な知識の習得や、手技療法とよばれる、技術を磨くという事が非常に大切ですが、特に資格や免許は必要ない仕事になります。

整体師の施術自体も、経験を重ねることで自分の技術としてマスターする事が可能なので、もし将来開業などを考えている人は、一度整体師の仕事を、一般的な治療院などで就職をして経験を積むという事が非常に大切です。

また、整体師としての仕事は幅広く活躍できるという特徴がありますので、最近多いのは、温泉などの有名な観光地へ派遣という形で働くスタイルも人気を集めています。

派遣で出張サービスのような働き方になりますので、少し大変ですが、それだけ、給与面でも条件が良かったりするのでとても良い面がたくさんあります。このように、整体師として働くという事は色んな働き方があり、自分で選ぶ事が出来る点が一番の良い所です。

整体師と見習いについて

整体師になりたいと考えている方は、これからどのように整体師になるために勉強していけばいいのかということを迷っている方もいるのではないでしょうか。代表的なのは整体学校で整体の知識、技術を身につけていくことが挙げられます。

ご自身が整体師になった時にどのような職場で働きたいかによってリフレクソロジーについても学べる整体学校もあったり、現在働いている方のためには夜間に講座が開かれていたりと様々な学校があります。

その他に、現在の仕事が時間が不規則で学校に通うことができないという場合通信教育で整体の技術を学ぶことも可能です。自分の時間が持てる時にいつでも勉強をすることができるので忙しい方でも、無理なく整体について学ぶことができます。

もし、いち早く整体の現場で働きたいと考えている方であれば、整体院で見習いとして働きながら技術、知識を学ぶという方法も挙げられます。大きなチェーン店型の店舗であれば、研修制度があり整体院で働きながら学んでいくこともできるので、技術の習得や生のお客さんの声を身近で聞くことができます。

見習い制度がある整体院を探すと、そのような好条件の職場もあるのでじっくりと検討してみましょう。

整体師には免許が必要?

整体は民間療法の一つで、骨格や関節のゆがみを矯正して、身体のバランスを整えることで自然治癒力を高めて、症状の改善を図ります。主に手足を使った手技が中心で、補助道具を使うこともあります。

医学的に異常がないのに、症状が続く場合に効果が見られることが多く、ストレスによる体調不良が増加する現代にマッチした療法として、ニーズが高まっています。

整体師は、国家資格ではないため、資格免許は不要です。整体師が持っている免許は、それぞれが卒業した民間の整体学校が発行したもので、民間資格になります。各校によって基準はまちまちですが、必要科目を履修して実技試験に合格した後、資格取得となります。

整体師は医師ではないため、医療行為は禁止されており、ケガや病気の治療を行うことはできません。また、施術に対しての保険もききません。

その反面、法的規制は少なく、中国医療の手技療法やカイロプラクティック、タイ古式手技療法、気功など、施術内容もさまざまで、健康面だけではなく、美容・ダイエット・スポーツなどいろいろなシーンで活用されています。

また、ストレス社会を反映して、「癒し」に注目が集まり、快適な生活のためのカウンセラー的な存在として整体師の活躍の場は、ますます広がっています。

整体師になるために受験資格が存在するか

整体師の仕事は、患者さんの骨盤・関節の歪み、骨格筋などの調整を行なう仕事で、人々の痛みの治療や健康・美容の増進などを目的として行なわれます。街でも治療院や整体院として看板を掲げて営業しているケースが見られ、そこには整体師が常駐しているのが一般的です。

ただ整体師になる上では、資格試験のように試験があるかというと公的な資格は一切なく民間の資格のみです。そのため、整体師になるための公的資格が存在しないことで、その試験もなく当然、受験資格も存在しないのが一般的です。

しかも開業するためにも資格が要らないのも特徴でもあります。それでも人体の骨盤・関節の歪み、骨格筋などの調整を行なう仕事なので、人体に対する知識と技量が必要となり、大抵は専門の教育機関の通学か通信教育などで習得することが行なわれます。

そして習得しても、実際の他の治療院や整体院で働いて修行してから整体師として活躍するのが一般的です。また整体師の民間資格取得の場合、その受験資格としては、コース別の講習を受講したことが条件となるケースが多いです。

簡単な筆記試験や実技試験を課すこともありますが、それでも受講したらほとんどの人が民間資格を取得することが可能となります。同じ人体の施術を行なう仕事には、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師がありますが、これは国家資格であり試験が行われ、受験資格が存在します。

整体師になる志望動機をきちんとすることが大事

整体師を自分の一生の仕事としていきたい、というときには、しっかりとした志望動機を考えておくことが大切です。整体師ははじめはなかなか収入につながることが難しい場合もあります。それでもしっかりとした志望動機と目標があれば、続けることがつらくなるということはないということです。

整体師になるために医院などの面接を受けるときには、どうして整体師になりたいのかということをはっきりと考えておくことが必要です。将来の目標や理想の整体師のイメージ、その理想になるためにはどうしたらいいのかなどを少しずつ考えておくことが大切です。

自分のできること、特技、コミュニケーション能力などでどこまで仕事で活かすことができるのか、そして人に奉仕する仕事に向いているのかどうかを自分でも考えることが必要になるのです。

整体師になるためにアピールするときには、それまで培った知識や実績も大切ですが、それ以上に志望動機にもなるどうしてこの仕事を職業として選んだのか、きっかけや出来事を伝えることができるようにしておくことが重要なのです。

自分の特徴や能力で患者さんに対して信頼を得ることができるのかどうかというのも大切です。患者さんに対して、信頼を獲得できる価値のある人物になることはどんなときでも一番大事にしなければいけないことです。