整体師になるには資格を取得しよう!未経験で転職しても成功できるコツ

整体師は転職率の高い職種であり、多くの人たちが最初に就職した職場からの転職を経験しています。

ここでは整体師として、転職を成功させるために出来ることについてを詳しくまとめています。

やる気があれば誰でも整体師に転職することはできる

整体師というのは民間の資格です。整体の学校に通うことでこの資格は取得することができるので、だれでもこの資格を取得して仕事をするといったことができます。

整体を学ぶためには、各協会が開催している専門学校や教室に通い、規定の技術を習得してディプロマを得てなることができます。国家資格がない分、技術や知識は生徒によってばらつきもあるのです。

学歴や年齢を関係なしに始められることが人気の理由

年齢制限といったものもありませんし、性別による制限といったものもありません。いつでもこの勉強をして、それを仕事にしていくといったことは可能といえます。実際に最近ではこの整体師の資格を取得して転職をして、この仕事を生涯の仕事にしていくといった人はかなり出てきています。

いつでも始められるといったことがありますし、学歴といったものを問われることもありませんので、やる気があって継続してスキルと知識を身に着けるまで続けていけば出来るようになるわけです。

働ける幅が広がってきていて将来性がある整体師

昨今では整体師の活躍の場は広がっています。以前は整体院といったところで働くだけのイメージもあったかもしれませんが、今はスポーツトレーナーといったような分野に出ていく人もいますし、枕やマッサージなどの健康器具の開発に力を入れていくような人もいます。

様々な分野で活躍をすることができるようにもなる将来性のある仕事といってもいいでしょう。そういったこともあって、転職を希望する人が増えているのかもしれません。

整体師は医師免許を持っているわけではありません

整体師というのは民間の団体が認定している資格なので、国家資格である医師免許とは違うものです。ですから、整体の施術というのは医師の行う医療行為というのではないといっていいでしょう。そのため、基本的には健康保険といったものが適用されません。

ただ、医師の指示のもと鍼灸師やあん摩マッサージ師などの、国家資格を持つ整体師が医療行為に準ずる施術を行った時には、健康保険が適用されるケースもあります。

医師と整体師が異なる点とは

整体という施術は医師免許を持っている医師が行う施術とは概念的にも違うものです。医師の施術は病を薬や外科的療法で直すことを基本的な考えとしますが、整体は人が本来持っている病にかからないための力や病を治す力を発揮させることを目的とします。

そのため、医師の治療行為に比較すると体への負担が少なくて、副作用があまりないといった点が魅力ではありますが、即効性があまりなく、継続して施術を行うことが求めらることが多いといったことがあります。

同じ症状でも整体師によって違う施術をされることも

また、整体師は民間の団体の資格ですから、施術内容などは団体によって違ってくるので、同じ症状でも違う整体師に見てもらうと全く違った施術をされることもあるといったことは知っておいたほうがいいでしょう。

整体師の資格を得ても受け続けたい研修

整体師はお客様に施術をして体調不良を改善したり、リラクゼーションを実感していく仕事のため、学校を卒業しただけでは一人前になれません。

卒業後、いかにたくさんのお客様を施術して臨床を積み重ねるかが良い施術者との分かれ目になっていくのです。

資格取得後も、定期的に研修や勉強会に参加して知識を得る

また卒業したきり、技術や知識の学びをやめてしまったのでは整体師としての成長は見込めません。定期的に研修や勉強会に参加して、常に自分の技術を見つめ直し、更なる知識を身に付ける意欲が必要です。

スクールによっては卒業生を対象にした研修や技術チェックを行っていますので、こうしたものを利用して、自分の技術を絶え間なく客観的にチェックすることが大事です。

整体師の休日について

整体師の休日は、シフト制のところがほとんどです。週に一回や無休の整体院が多くあります。無休で営業をしている整体院がほとんどなので、整体師の休日はシフト制になっているのです。

自分の無理のないようにシフトを組みましょう

休日は、一ヶ月に6日から8日となっている整体院がほとんどです。しかし、ほとんどの場合が採用の際に相談をするようです。もちろん勤務日数が多いほうが、給料が高くなります。しかし、無理をしすぎて体を壊してしまっては意味がありません。無理をしすぎることがない程度に、勤務することが大切になってきます。

さらに、土曜日や日曜日は勤務をしたくないと考える人が多いため、土曜日や日曜日は勤務ができる人はどの整体院でも歓迎される傾向にあります。

日曜休診の整体院もあるので日曜休みたい人でも◎

中には、日曜日は毎週休診している整体院もあるので、日曜日は休みながら整体師として働きたいと考えている方は、そのような整体院を探すことをおすすめします。

整体師の勤務時間は、勤務する整体院によってかわってはきますが、ほとんどの場合、9時開院で20時閉院となっています。掃除や準備、着替えといった時間も含めて考えると、朝の8時半には出勤をして、20時半頃までは働く場合がほとんどです。休日はシフト制で8時間勤務というところがほとんどです。

技術だけでなく体力も必要な整体師

独立開業を目指せる資格として注目されているのが整体師です。男性のイメージが強かったこの資格ですが、現在は女性の施術者も大変増加しています。

女性の整体師の需要が増えています

というのも女性の社会進出に伴い、家事や育児など家庭のことだけでなく、会社で働く女性が増え、疲労がたまり整体の施術を受けたいという方が急増しているからです。

直接素肌に触れることがなく、衣類の上からの施術が整体の特徴ですが、それでも女性のお客様が女性の整体師を希望されることが多く、そうした需要にこたえて女性の施術者が増えているのです。ただしこの施術は技術はさる事ながら、体力も多く使うのが特徴です。

セラピストを目指すなら自分が健康体でいられるよう心掛けましょう

一日に施術する人数にもよりますが、かなり体力を使い、仕事終わりには施術者が披露してしまうケースもあるのです。とはいえこうしたヒーリング系の仕事はある程度の体力が必要なのは当然のことと言えるでしょう。女性ばかりの職場であるエステの痩身マッサージも整体師以上に体力を使うケースもあります。

こうしたセラピストを目指すなら自分が健康でなくては行けません。お客様を癒し、不調を改善し健康に導くのが整体師の仕事です。体力気力を充実させることによって、お客様に選ばれる整体師となることができるのです。