整体師からトレーナーとして転身するために

整体師にも様々な種類があります。

一般的に知られているのは接骨院などで働く整体師ですが、今回はスポーツ分野において注目を浴びているパーソナルトレーナーという種類について詳しくまとめてみました。

整体師からトレーナーへ転身

整体師には様々な種類があります。一般的に知られている整体師は、腰痛や肩こりなどのケアを行うものですが、スポーツ選手の体調管理や、試合前後の身体のケアなどを行う、スポーツ整体師という職業もあります。

こういった職業に就く方は、自身もスポーツ選手としての経験がある方も多く、選手の身体を熟知していたり、筋肉の構造やしくみについて深い知識をもっているので、選手からの信頼も厚く、専属のトレーナーとして指名を受けることもあります。

こういったトレーナーを目指すのであれば、整体師育成の専門学校に通うときに、トレーナー育成コースなどを選択し、専門的なカリキュラムを学ぶことが近道です。トレーナーに必要な知識やスキルを効率よく身につけることができます。

カリキュラムを修了後、まずは一般的な整体院で働き、技術を身につけていくのもいいでしょう。整体師やトレーナーは、スキルを身につけることが何よりも重要で、様々な形態で働くことができるのが魅力です。

好きなスポーツに、裏方という形で携わることができるので、そういったことにやりがいを感じることができるお仕事です。まったくの異業種から転職してくるかたも多い人気のお仕事です。

整体師とパーソナルトレーナーの育成には共通点があります

近年、スポーツ分野において、注目を浴びる職業が、パーソナルトレーナーです。アスリートの体や栄養などを根本的に見直し、プログラム化してコントロールをする職業です。

この、パーソナルトレーナーと整体師の仕事には共通点がたくさんあります。まずは、選手の体の状態を把握する必要があるので、コンディションの確認が重要な仕事の一つです。

整体師の仕事も、患者さんの体の状況をしっかりと把握する必要がありますし、状態からどのような治療が有効かを考える必要があります。

また、整体師とパーソナルトレーナーの知識や技術を学ぶ為の専門のスクールなども全国に多く展開しています。また、スポーツ業界に特化した整体師の育成に力を入れているスクールもあります。

スポーツ整体師はアスリートに対する施術などを行う事が多いので、まず、手技や技術で弱っている部分を治療していくと同時に、回復後の体の状態も管理するという役割が必要です。

そのため、体に関する知識の他に、食べ物に関することなど、細かい知識が必要となります。スポーツ整体師は、幅広い分野の知識を必要としますし、活躍できる範囲も広がるという事が最大のメリットになります。この仕事内容はパーソナルトレーナーと共通しています。

整体師としてプロフェッショナルになるには

マッサージ師や、整体師というのは境界があいまいな職業だと考えられがちです。しかし、マッサージ師は国家資格が必要ですから、試験に合格した人と医師しかそれを仕事とすることができませんが、整体師は国家資格ではないため、違うものになります。

では、整体師としてプロフェッショナルになるにはどのように活動しているのでしょうか。整体師は国家資格ではありませんが、それに類似した民間の資格がいくつも存在しています。しかし、人の身体を施術する行為ですから、民間資格もハードルが高くなっています。

そして、民間資格も、どの資格を取得するかをよく考える必要があります。複数の資格を取得することも可能ですが、まずは、自分は将来プロフェッショナルになりたい分野に特化したものを選択するのが理想です。

身体全体のことをよくわかった上で、体のバランスを整えたり、健康を維持するために活躍しているのが整体師です。関節の歪みや骨格の矯正などを行うことができるため、状況によっては事故にあった人や、スポーツ選手のケアなども行うことがあります。

ですから、専門的なスキルを習得し、施術を受ける人の役に立つ、より効率よく改善できるように心がけることで信用を得ることが大切です。

整体師が指導してくれるトレーニングについて

整体師の元を訪れるということは、多くの人が肩こり、腰痛、といった体の不調から訪れることが多いものです。実際に整体師に施術を受けて、肩こりや腰痛が1度の施術でだいぶ楽になったりするため、定期的に通っているという方も少なくありません。

整体師の方から、話を聞いてみて体の不調の原因がなんであるかということがわかることがあります。それは、姿勢の悪さからくる体の歪みが原因だということも多いです。この体の歪みを正していくことで肩こりが改善していくこともあります。

体の歪みは様々な、体のトラブルにつながるのでもしも、整体を受ける機会があればご自身の体の歪みについても相談されてみることもポイントです。

整体院には整体師の方の指導の元、体を無理なく鍛えていけるトレーニングを指導してくれる整体院もあります。体のことを熟知している、整体師が指導にあたるので筋肉や関節の負担の心配もなく、体を鍛えることが可能です。

トレーニングは、スポーツをされている方だけでなく、体を引き締めたいバランスを整えたいと考えている方であれば誰でもトレーニングを受けることができるので、スポーツジムに通うように整体院でトレーニングを習慣としている方もいらっしゃいます。

整体師のスキルはさまざま

一口に整体師といっても、そのスキルはさまざまです。一般の人は整体師というと骨をぽきぽきさせるような体を急に動かす施術をする人をイメージするかもしれませんが、そのようなスキルは整体師が行う施術のほんの一部です。ケースでいえばかなり少ないケースといえるかもしれません。

整体は人間が本来持っている自然に治癒する力を正常に働く状況になるように体を持っていくことを目的として行われる施術です。ですから、体の歪みがその原因となっているときは、その歪みを直す施術をしますし、筋肉のはりやコリといったものが原因と考えられる場合は、そのはりやコリといったものを直す施術をしていきます。

ですから、この場合はマッサージをしたりしますし、さするといったような施術もよくあるスキルです。さらには、最近の整体師は運動機能を高めるようなことをサポートするような仕事をする人もいます。

スポーツトレーナーといったような仕事になっていたりもしますが、これは体の構造を理解して、人が本来持っている力を発揮させるようにするといったことですから、整体師であれば、こういったことも考えることが出来るといえるでしょう。さまざまスキルを持っているのです。

整体師の適性は知識と根気と楽しめること

整体師に向いている人、その適性とはどんなものかというと、根気強い人、そして何事も勉強だと考えて知識をしっかりとつけていくことができる人が向いているといえます。

整体院を訪れる患者さんの症状はそれぞれ違うものです。整体師になれたから終わりということではなく、そこからさらに知識と経験をつんで患者さんに元気になってもらう、健康になってもらうように努力することができる人が適性だということなのです。

信頼される整体師になるためには、幅広い知識と実績が必要です。向上心や向学心の高い人が整体師の適性がある人だ、といえます。

根気強さも大切です。お給料が歩合制である整体院やリラクゼーションサロンはとても多いといいます。なので、見習いの間はどうしても収入が不安定になってしまうことがよくあります。
整体は体を整えていくことで得られる効果を感じたことがある人が選ぶ職業でもあるといいます。整体は人の体を整えて癒す仕事だといえます。

やりがいのある仕事はいろいろとありますが、整体師は人の役に立つ仕事だということにやりがいを感じることができます。また、整体をする、ということに楽しみを感じることも大切です。自分の施術でそのお客様が楽になってくれる、元気になってくれることを楽しみにすることができるというのが一番適性がある、ということなのです。

体力がなくてもできる女性の整体師

整体師といえばマッサージを行うために体力がなければできないというイメージがありますが、最近では女性の整体師が増えています。従来からの整体ではなく美容整体というジャンルで活躍している女性が多いですが、本来からの整体を行うには体力的な辛さがあると言えます。

美容整体とは骨盤矯正や小顔矯正など美容目的で行われるもので、従来からある健康体の維持や疲労回復を目的とした整体とは異なる内容となります。整体のみを行うのではなくリラクゼーションを目的としたヨガやアロマテラピーなど、力を使った整体とは一味違う施術が受けられます。

整体師として開業するには僅かなスペースがあれば可能ですから、初期投資を少なくできることも女性には魅力となります。営業状態によって店舗数を増やしていくことも簡単ですから、比較的始めやすい仕事となります。

以前では男性の整体師のほうが絶対的に多かったわけですが、女性の中には男性から施術を受けることに抵抗があった人も多いはずです。

そのため同姓から施術を受けたいという人にも女性整体医師のメリットはありますので、需要は多く将来性も確保できていると言えます、整体師には資格がなくてもできるメリットがありますので、手軽に始められる利点があります。