心理カウンセラーとはどんな仕事なのか

学生や若者の人気も高く、さらに需要も年々高まっているといわれているのが心理カウンセラーです。

漠然とカウンセリングを行う職業であることは分かると思いますが、具体的にどんな仕事をするのかを理解していない人も多いのではないでしょうか。ここでは心理カウンセラーがどんな仕事なのかについてまとめています。

心理カウンセラーはどんな人か

その人気がますます高まっている心理カウンセラーは、病院に行く程ではないものの、ずっと悩み抱えているという人に対して、カウンセリングを行うなど、色々なサポートをする人です。学校、もしくは通信講座でちゃんと勉強して、専門的な知識や技術をしっかりと身につけた人です。

カウンセリングは相談者の悩みを傾聴して、その中で相談者にとって最適な方法を見つけることです。こういう人の方が精神科医よりも気軽に相談することができるでしょう。なお精神科医と違って薬を処方するなど医療行為はしません。

ストレス社会である日本では、その需要が高まっています。学校の生徒をサポートする心理カウンセラー、ひきこもっている人をサポートする心理カウンセラー、会社の社員をサポートする心理カウンセラーなどの需要も高まっています。

なお心理カウンセラーは活躍する分野によって、スクールカウンセラーや産業カウンセラー、それから心理相談員や学校心理士、心理療法士や心理判定員など色々な呼び方をされています。臨床心理士と呼ばれることもあります。

こう言った心理カウンセラーとしてなら、会社や学校など色々な所に就職しやすいです。また、転職もしやすいです。

心理カウンセラーに対するイメージと実際のカウンセリング

心理カウンセラーとは、精神科医と違い薬を使っての治療はしません。その為、ただ話を聞いてくれるだけというイメージを持っている人も多くいます。しかし、心理カウンセラーは話の中から問題点を見つけます。

そこから、カウンセラー自身が解決策を提示するのではなく、相談者本人が問題点に気づき、解決策を見つけ出し、自ら行動していくという方向へ導いてくれるのが心理カウンセラーです。相談者はそれぞれ異なる悩みを持っているので、カウンセラーには豊富な知識や多角的に物事を捉える能力が必要とされます。

また、心理カウンセラーと聞いてスクールカウンセラーをイメージされる人も多いと思います。しかし、学校だけでなく、職場や病院などでも心理カウンセラーは求められています。人間関係の悩みはどの場所でも尽きないものですし、病気による不安な気持ちや介護者の心的苦労を和らげる事も心理カウンセラーの仕事だからです。

スクールカウンセラーの様に一つの場所に特定して心理学を学び、活躍するカウンセラーも増えてきています。ただ、国家資格はまだなく、民間資格のみというのが現状です。世間のイメージと実際の診療内容の違いが無くなれば、今後活躍の場は増えていく事でしょう。

うつ病患者に対して心理カウンセラーにできること

年々うつ病患者が増え続けている昨今、心理カウンセラーの需要もそれに伴い上がっています。うつ病患者はたいていそうですが、悩みや不安を数多く抱えています。心理カウンセラーとして最低限できることは、うつ病患者の悩みや不安を「ただ聞いてあげる」ことです。

うつ病になるほど悩みや不安を抱えている人は、誰にも相談できずに一人でその悩みや不安を抱えてしまう傾向があります。悩みや不安というものは誰かに聞いてもらうだけでも、仮に何も解決策を提示しなくてもスッキリするものです。まず人に話すという行為をするために、自分の悩みや不安を整理する必要があります。

その整理のプロセスが重要なのです。悩みや不安は友達や会社の上司には相談しにくい内容も多いはずです。そんな時に相談するのが心理カウンセラーです。

心理カウンセラーとして経験を積むと、相談するうつ病患者のそれぞれの考え方の傾向がわかってきます。心理カウンセラーとしてできることは、最低限「ただ聞いてあげる」ことですが、あとワンランク上げるためにはうつ病患者の悪い考え方の傾向(認知の癖)を一緒に改善していくことです。

うつ病は再発率の高い病気です。心理カウンセラーとしてできることはうつ病患者の不安や悩みを聞いてあげること、更には認知の癖を改善することで再発率を極力低める努力が必要です。

心理カウンセラーになる方法は専門的な知識を得ることです

心理カウンセラーはクライアントの抱える心の問題などに対する、ケアを行います。ケアを行う場所は病院・診療所や学校、企業や介護施設などです。心理カウンセラーになる方法についてなんですが、先ず必須となる資格はありません。

基本的に誰でも心理カウンセラーを名乗ることができます。ただ、そうは言っても専門的な知識は必要になりますから、専門的な知識を得ることが心理カウンセラーになる方法と言えます。専門的な知識の中に、精神分析療法やゲシュタルト療法、さらに行動療法などの知識も含まれます。

専門的な知識は心理カウンセラー向けの専門学校・スクール、通信講座などで得ることができます。臨床心理士などの資格を取得したい人は、大学で心理学、もしくは心理学に関連した学部を専攻すると良いでしょう。

心理カウンセラーは精神科医ではないですから、医学部へ入らなくてもなることができます。スクールカウンセラーなどになりたい場合、臨床心理士の資格が必要になります。

また、大学院に進んで、カウンセリングに関することを学ぶこともできます。大学院については、カウンセリングにおける実践的なことを学んだり、カウンセリングの研究をしたりできます。

心理カウンセラーはやりがいのある仕事

心理カウンセラーになる人の理由やいろいろですが、やりがいがある仕事だというのも大きな理由です。人の力になる仕事ですから感謝される仕事ともいえるでしょう。ストレスの多い現代では悩みを持っていない人という方が少ないかもしれませんから、悩んでいる人の力になれる数少ない仕事です。

病は気からといった言葉もあるように、人の心理は体の健康と深く関係しています。逆に言えば心が病になっていれば健康になることもないともいえるかもしれません。

医者は身体的な病は直せることは出来ますが、心のケアについては全くできませんから、心のケアができる心理カウンセラーという人は非常に稀有な存在といってもいいのかもしれません。

心理カウンセラーの仕事の多くは人の悩みを聞くことにあります。人の悩みの半分は聞いてもらうことが出来れば治るといったこともいわれるぐらいで、自分の悩みについて聞いてくれる人を求めている人は大勢います。ですから、そういった人の悩みを聞いて適切な助言を与えることができる心理カウンセラーが頼りにされるのもわかります。

人に元気を与えることができる仕事ですから、やりがいもあるといってもいいでしょう。それが心理カウンセラーの魅力でもあります。

心理カウンセラーに向き不向きなタイプは

心理カウンセラーは、多種多様な悩みが多い今、企業、学校など様々なところで求められている職業です。そのため、通信教育や社会人向けの講座など、心理カウンセラーになるための講座の広告等を目にする機会も多くなりました。

そういった講座で学ぶ前に一度じっくりと考えてほしいことは、心理カウンセラーに向いているかどうかです。向き不向きを考えないまま学んでは、不向きだった場合、金銭的にも時間的にも無駄な受講をしてしまうことになります。

確かに学ぶ前から詳細なチェックは無理かもしれませんが、簡単な向き不向きのチェックをしておくことはとても大切です。まず心理カウンセラーに向いているタイプというのは、当然ですが人の話をよく聞くことができる人です。

話を聞くだけなら簡単と思われるかもしれませんが、カウンセラーに相談するような話の内容は、聞いていて楽しいというものではありません。仕事の度に気持ちが沈んでしまうような話を、じっくりと聞く覚悟が必要になります。

逆に心理カウンセラーに不向きなタイプは、人の話に引きずられやすい人です。相談者の気持ちを理解するために、相談者と同じような気持ちになり、そして、その気持ちに引きずられることなく、適切な対応をしなくてはなりません。

人の話に同調しやすいことは良いのですが、その同調したことが、そのまま自分の意見になってしまうようなタイプの人は、心理カウンセラーという職業をあきらめたほうがいいでしょう。