心理カウンセラーになる場合は学歴が求められる?

心理カウンセラーになる場合には資格を習得するか、もしくは無資格で働き始めるかのどちらかですが、就職する場合は学歴が求められるのでしょうか?

ここでは心理カウンセラーと学歴の関係性についてまとめています。

心理カウンセラーによる学歴に悩む相談者への対応

心理カウンセラーのもとには、学歴に対するコンプレックスを抱えた相談者が多く訪れます。確かに、学歴を重視する企業も存在しており、特定の資格を取得するためには、それ相応の学校を卒業していなければならないこともあります。

ただ、世の中の動向としては、次第に学歴偏重の傾向は薄まりつつあり、実力優先になっていることが伺えます。未だに、職場によっては、出身学校を例に挙げて、仕事ぶりを評価するところがあります。

心理カウンセラーとしては、企業内の問題点に踏み込んで職場の改善を図ることはできませんので、いかにして相談者の地持ちの持ち方を変えていくかというところにカウンセリングのポイントを置きます。周囲から学歴の話しを持ち出されても、抵抗を感じることのない強い意思を育んでいくことになります。

そのためには、学歴を超越した仕事の成果をあげて行くことになりますが、まずは、塞ぎこんでいる気持ちを高めていかなければなりません。地道な勉強が、突破口となります。努力に勝るものはありません。

心理カウンセラーは、その他にも様々な要因によって偏見を持たれて、精神的に病んでいる人たちを多くみてきています。その壁を打ち破るのは、最終的には本人の努力にかかってきます。

心理カウンセラーは学歴不問って本当?

心理カウンセラーと聞くと、大学に通わなければなることができないというイメージがあるかもしれませんね。しかし、実際には心理カウンセラーは学歴不問です。高校を卒業している方や全く違う分野の専門学校を卒業している方でも心理カウンセラーを目指すことができます。

学歴不問とは言え、専門的な知識を習得しなければ心理カウンセラーとして働くことはできません。産業カウンセラーを養成する講座やスクールカウンセラーを育成する講座等、様々な方法があるので自分に合った方法を探してみましょう。

近年心に悩みを抱えている人が増えています。その分心理カウンセラーの存在も重要になってくるので、興味のある方は資格を取得して悩んでいる人の相談にのり適切なアドバイスができる人材になれる方法を見つけましょう。

通信講座で心理学を学ぶことは、仕事に役立つだけでなく毎日の生活にも活かせる部分があります。自分自身が前向きになれることはもちろんですが、家族の悩みや身近な人の悩みにも向き合ってあげることができます。

職場等多くの人が集まる場所では人間同士のいざこざがあるでしょう。その中で一人でも心理学を学んでいる人がいれば職場の人間関係が円滑になります。

心理カウンセラーにおける学歴制限について

現在の日本における心理カウンセラーの制度は極めて未熟なものであり、諸外国に比べて大きく劣っているというのが現状です。

その背景には国家資格と言う軸となる認定資格がなく、民間の認定資格が乱立してそれぞれに自己主張をしているという問題があるのです。そのため現在心理カウンセラーを名乗るのに特別な経験は必要ないというのが実情です。

心理カウンセラーは一般に専門職であると思われていますが、必ずしもそうとは言えない教育を受けているケースもあり、学歴制限の必要性を訴える声もあります。

いわゆる独学や名人芸の様な心理カウンセラーがいても良いとは思いますが、他社の人生に大きな影響を与える可能性のある分野であるため、慎重な対応が必要であると言われています。

現状では大学院修士修了を受験資格として学歴制限を行っている臨床心理士が心理カウンセラーとしては最も高い知名度と実績を持っています。しかしこの有資格者であっても教育内容には大きな差があり、専門分野も多岐にわたります。

心理カウンセラーの科学的な分類がまだ未熟であり、その全てが科学的なプロセスによって整理されていないというのが問題であるのかもしれません。そのため自分自身で研究して審議の判断ができる研究職養成課程で学歴制限をかけるというのが現在の一部の手法となっています。

心理カウンセラーになれる学部とは

現代社会では仕事や勉学、また家庭生活でもさまざまな悩みやストレスを抱えている人が少なからずみられることから、こうした人々へのカウンセリングなどによって問題解決への道筋を開くのが心理カウンセラーの役割です。

心理カウンセラーには、医師や看護師のような国家資格とよばれるものはないものの、活動する上で必要とされる知識・経験などを認定する民間資格は数多く、そのなかでも官公庁や企業などの採用の際に目安とされることが多いのが、日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士資格です。

この試験を受験するためには、協会があらかじめ指定した大学院修士課程または専門職大学院で修士号を得ることが基本条件となっており、通常の資格よりもややハードルが高いといえます。

そこで、この資格を取得の上で、心理カウンセラーとして社会で活躍するための近道としては、大学の心理学、人間科学、人文科学系統の学部に所属し、臨床心理学、教育心理学、児童心理学、発達心理学などの専攻分野に進んで知識・経験を得るか、または教育学部でこれと同様の分野を履修するのがよいとみられます。

特に、心理学に関連した分野はいろいろな学部に細分化されていることが多く、これ以外にもコミュニケーション、こども、福祉などの名を冠した学部で扱われていることがあります。

心理カウンセラーの適性について

心理カウンセラーは小さい子供からお年寄りまで幅広く活躍する場があります。今注目を浴びている心理カウンセラーですが、なるには勉強だけでなく適性も必要です。では、どんな人が向いているのでしょうか。

まず、人間が好きである事です。人が好きでないと勤まりません。また、自分が心身共に健康である事も大事です。そして、こちらばかりがしゃべるのではなく、聞き上手でそれを理解する力も必要で相手が何を伝えたいのか、どうしたいのか十分理解し適切な助言が必要です。

きちんと助言ができないと、相談者は来なくなります。また、相手がどんな気持ちでどんな悩みを持ってきているのか敏感に受け止める感受性が必要です。

そして、忘れてはいけないのが、心理カウンセラーとして、人と関わる仕事として最も必要な事は責任感と秘密を必ず守るということです。きちんと責任もって秘密を守って相談にのってくれるから相談者が信頼して、安心していろいろ話したりしに来てくれるのです。

以上の適性が必要とされていますが、あくまで一部でとにかく奉仕の心で相手の助けになりたい、この仕事が好きという気持ちも大事です。心理カウンセラーは責任があり大変ですが、やりがいがあります。色んな人の心の相談所になります。