心理カウンセラーの検定制度と内容について

心理カウンセラーとして働く場合、必須ではないのですが資格を持っていると就職に有利に働く場合があります。

ここでは心理カウンセラーの件低迷と内容、難易度について詳しくまとめています。

活躍の場が多い心理カウンセラーの検定制度について

活躍の場が多い相談員である心理カウンセラーは、心理士や心理セラピストと並んで国家資格の存在がない一方で、心理カウンセラーの普及活動に尽力する文京区のNPO法人はじめ、多数の民間の心理学関連資格や検定制度があります。

学会や民間団体に委ねられた認定制度であることから、各自の基準が設けられ、要求事項であるプロとしての専門的知識や取得までの期間及び難易度は多彩です。

中央区にある一般法人は、心理カウンセラーの実務に即した資格検定試験制度の創設に注力した組織です。公益的活動として心理カウンセラーの職業能力開発教育を位置づけ、カウンセラーの基礎知識を明示する検定や心理療法を含めた上級を用意しています。

心理カウンセラーの業界団体は、ベーシックに加えてプロとして活躍できるレベルの資格検定試験を設け、全国的に名称と資格の統一を目指しています。

無資格でも可能な心理カウンセラーですが、人の心をサポートする面を重視して、検定試験クリアーなどによる資格取得が履歴証明手段として、職を求める時条件が良いです。

自分の技量を示す資格取得したカウンセラーは、職場や家庭で悩みを有する方の話しを良く聞き、心理面を和らげながらアドバイスをすることが一般的ですが、医療や福祉現場での精神的援助や心のケアを含めた各種サロンなどでお活躍できるのが現状であり好都合です。

心理カウンセラーの検定名はいろいろなものがある

心理カウンセラーはいろいろな呼び方で呼ばれていますが、検定名もいろいろなものがあります。検定名はいろいろな名前になっていますが、同じ種類のものがあり、心理カウンセラーという呼び方が違うだけで勉強する内容は同じものである場合が多いのです。

心理カウンセラーの資格は国家資格はありませんが、資格同士に優劣はないということです。また、その勉強方法も通学するものから、通信での勉強のものがあります。検定名はそれぞれですが、内容はしっかりとした心理カウンセラーに必要なものなので、同じ内容だといえます。

講座の充実度や取得ができるまでの時間、費用などの自分の勉強できる範囲であるものと合致した講座を選択していくといいです。通学タイプの場合はきちんと作られた時間の中で勉強することができて、わからない点があればすぐに質問をすることができるので理解しやすいです。

通信タイプの場合は時間に縛られず、マイペースで勉強することができますし、その人の努力次第で勉強を先に進めることができます。ですが、それぞれにデメリットも実はあるということも理解しておくことが大切です。

心理カウンセラーの資格はいろいろな面で役に立てることができます。会社や学校、仕事先で役立てることもできますが、自分で開業することもできます。

心理カウンセラーになるための難易度は

心を病んでいる人を相手にする心理カウンセラーになるのに特に資格を取得する必要はありません、一般的には大学の心理学部を卒業するのが資格代わりと言ってよいでしょう。メンタルヘルス関連などの民間資格はいくつか存在しますが、それを取ったからといって、心理カウンセラーを名乗れるわけではありません。

逆に、必要な資格がない分、誰でも心理カウンセラーを名乗ることもできます。医師などと違い、国家資格などが存在しないため、視覚ではなく実際のスキルを有しているかどうかが、ポイントになります。そのため、大学卒業後は、大手の精神科医などに就職し、精神科医のもとで、カウンセラーの修行を行うとよいでしょう 。

医師免許がないので、修行しても精神科医にはなれませんが、それでも精神を病んだ人達と日常的に多く接触できるため、貴重な経験をすることができます、心理カウンセラーになるための難易度は、上述のように、特に資格は必要ないため、それほど高くないといえます。

しかし、資格がない部分、お客から信頼を得るのが難しく、集客の方法を工夫する必要があります。そういう意味では経営を持続するのは難しく、経営者としての難易度はとても高いといえます 。

人気の高い心理カウンセラーの仕事について

毎日さまざまなストレスにさらされている現代社会において、心の病を発症する人は男女ともに急速に増加してきているのです。仕事や育児などのストレスに疲労も重なり、極限状態まで精神的に追い詰められてしまう人も非常に多く見られます。そのような人々から高い信頼を得ているのが、心理カウンセラーなのです。

心理カウンセラーの仕事は、深い悩みを抱えている患者が、それぞれの悩みや不安を取り除くことができるようにあらゆる方法を用いてサポートをすることです。そのためには、患者に寄り添い、長期間にわたって根気強く待つことも大切な仕事といえるのです。

最近では、心理カウンセラーは、専門的な仕事として高い人気を誇っています。心理学や心理療法を大学などで学ぶことによって、専門知識やスキルを身に付けることができますので、心理カウンセラーを目指している人が増えてきています。

このように、非常に高い人気を得ている心理カウンセラーは、悩んでいる人のために役立ちたいと望んでいる人から絶大な支持を得ているのです。経験を積み重ねることによって、さらにキャリアアップすることも可能ですので、長く働き続けることのできる職業として人気があります。

講演は心理カウンセラーの収入源

心理カウンセラーで経験を積む事が出来れば、情報を発信できる価値を持つ事に結び付くので、将来的には講演を行う可能性がありますし、可能であれば収入の増加が出来る様になります。

収入源を複数確保する事によって、不安定な生活を安定させる事が出来ますし、心理カウンセラーの本業を講演で活用するが出来るので、現場の経験が講演で役立ちます。

心理カウンセラーの経験を情報として発信できるので、社会的に貢献する方法が増やせますし、新しい接点としてチャンネルが増える事により、心理カウンセラーとしての可能性を広げる事に繋がります。

出会いのチャンスが生まれる事も講演の魅力ですから、困っている場合の助言を行う事や、未知の案件に出あう可能性もありますし、挑戦の機会も得る事が出来ます。

講演には準備や時間が必要ですが、労力に見合う結果が得られますから、前向きに検討する事は将来的にも役立ちますし、心理カウンセラーの仕事に余裕がある場合は受ける事が可能です。

経験豊富な人材には価値がありますから、現場の仕事内容に限らず様々な経験のチャンスを積極的に活かす事が大切で、経験がない場合は新しい世界に足を踏み入れる事も必要な勇気と経験になります。

勉強会を通じて心理カウンセラーの技術を高める

価値ある人間として仕事に対する対価を得る為には、技術を高める事や資格を得る努力が欠かせませんし、心理カウンセラーを目指すだけではなく、心理カウンセラーになった後も勉強会などの学ぶ機会が大切です。

勉強会は技術を高める事を目的にしますし、同じ意志を持つ仲間やライバルと共に心理カウンセラーの技術を磨けますから、定期的な参加を行う事によって、将来的な収入アップを見込む事が可能になります。

プライベートの時間を有効に活用する事が大切ですから、勉強会に限らず学ぶ姿勢は大切で、心理カウンセラーに必要な知識や要素を知る事により、価値のある心理カウンセラーとして役立つ事が出来ます。

勉強会の趣旨を理解する事や、積極的な参加を行う事が時間を価値に変えますし、参加して得られる物は集中力でも変化するので、学ぶ事の大切さを忘れない事は重要です。

交通費や参加費用を考える事は、勉強会の価値を知る事にも繋がりますし、費用に見合うリターンを得る事が出来れば、継続して高める場を得る事になります。

心理カウンセラーの世界は常に変化していますから、時代に対応する事が大切で、流れの先端に立つ事によって、高い価値を持つ人材として活躍する事に結び付きます。