心理カウンセラーの求人はどこで探せばいいの

心理カウンセラーとして就職する場合、求人を探さなければなりません。

こういった専門職の場合なかなか求人が見つからない場合も多いのですが、ここでは心理カウンセラーの求人情報の探し方を紹介しています。

心理カウンセラーの求人について

心理カウンセラーの勉強をして仕事に生かしたい、というときにどのような求人があるのでしょうか。まずはカウンセラーや相談員といったキーワードで探してみましょう。心理カウンセラー以外にも様々なカウンセラーと名のつく仕事があります。

化粧品を販売する美容部員や結婚相談所、健康食品等の相談員としてカウンセラーという文字が出てきます。こうした仕事にも心理カウンセラーで学んだことを生かすことができるのでチャレンジしてみても良いかもしれません。

そのほかですと、介護職での生活相談員というのもありますが、これは介護の資格を求められる場合が多いので心理カウンセラーの資格だけでは難しいかもしれません。

診療所やEAPと呼ばれるカウンセリングの専門職といえる仕事の求人もあります。これらは資格だけではなく経験も求められる場合が多いので初心者にはハードルが高い場合も多いのですが未経験でもチャレンジできる場合もあるのでこういった求人に応募してみてもよいでしょう。

フルタイムにこだわらなければ、パートタイムとして就労支援や引きこもりの若年者への支援といった仕事もあります。未経験でも受け入れてくれる求人も多くあります。仕事は決して楽ではありませんが心理カウンセラーの資格を活かせる仕事の一つであるといえるでしょう。

中卒で心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるのに、特別な資格はいりません。そのため、中卒の人でもなることができます。しかし、一般的な心理カウンセラーは大学の心理学部を卒業していることが多いです。実質的には心理学部を卒業することが資格代わりになっていると言えます。

カウンセラー向けの民間資格は存在しますが、必須の資格ではないため、やはり心理カウンセラーを名乗るためには大学の心理学部を卒業しておくことが望ましいです。中卒の人は、大検を受けて、そのあと大学を受験しましょう。

道のりは長いですが、いきなり中卒の人が心理カウンセラーを名乗っても集客は期待できません。そのため、大学を卒業したら、まず近場で精神科を探して、アルバイトなどをさせてもらいましょう。そのようにして、カウンセラーの下積みを作っていくことが必須となります。いくら頑張っても精神科医にはなれません。

しかし、精神科で働けば精神病の人と多く話せるため、カウンセラーとして大きな経験を積むことができます。中卒から頑張って、心理カウンセラーになった場合は、普通より苦労しているので、心を病んでいる人の気持ちが分かりやすいかもしれません。そういう意味では有利な側面を有しているともいえます。

高卒から目指す、心理カウンセラーへの道

高卒で心理カウンセラーを目指す場合、避けては通れない進路があります。それは、心理学系学部のある大学院まで行くことにです。大学院へは、大学への進学も必要になってきます。高卒から心理というのはなれないということを覚えておきましょう。それではまず最初に心理カウンセラーになるために行くといい大学院をお勧めします。

オススメの大学院、国公立は?全国に数ある大学の中でも信州大学は特にお勧めします。

オススメの大学院、私立は?関東では早稲田大学や立教大学、関西では立命館大学や龍谷大学があります。一番のオススメは、上智大学の大学院です。

オススメの大学院の選定理由は国公立と私立、それぞれでオススメした大学にはある心理学系の資格の合格率が非常に高いという共通点があります。

共通の心理学系の資格、心理カウンセラーになるために必要な資格は?認定心理士という資格もありますが、公的にも認められていて、尚且つ必要な資格は臨床心理士の資格です。この資格を取るためには、大学院に行かなればならないのです。通常、カウンセラーには資格はありませんが、心理カウンセラーになる場合は必ず必要です。

上智大学、信州大学大学院のそれそれの合格率は?上智大学大学院は、ほぼ100%(常に90%以上)です。一方、信州大学大学院の合格率は100%になります。

最後にどちらを選ぶかはあなた次第ですが、交通の便を考えると上智大学の方が良いかもしれないですね。

心理カウンセラーの志望理由について

心理カウンセラーは、悩める人たちの心の重しを、少しでも和らげる役割を果たしています。心理カウンセラー自身としても、同じ境遇に置かれた経験を持つ場合は少なくなく、そこから復活を遂げていることが志望理由となって、心理カウンセラーという職に従事していることがあります。

人は、不安や悩みに押しつぶされている状況の中にいますと、生きていくことに対する自信を喪失してしまいがちです。自己嫌悪に陥り、これから将来に向けて、全ての事柄がうまくいくことはないととらえてしまいます。ただ、その悩みを誰かにぶつけることによって、気持ちが軽くなることを実感します。

その精神面の変化が、今後の人生の大きな転機になることがあります。心理カウンセラーが存在してくれたことだけで、救われた思いは忘れることが出来なくなります。

自分自身が、相談することによって救われた経験を持つことで、他の誰かにも手を差し伸べたい、役に立ちたちという思いは、志望理由となって心理カウンセラーとしての勉強に向かわせます。

いざ心理カウンセラーの勉強に専念してみると、人間の心理状態の奥深さを痛感することになります。日々の相談者との接触こそが、その技能を高めていくことになります。

男性より女性の心理カウンセラーの方が需要が高い理由

男性の心理カウンセラーより女性の心理カウンセラーの方が需要が高いと予想されます。それはなぜか、まず心理カウンセラーを利用する方にはうつ病の方が多いです。そして、うつ病の男女比は1:2と言われています。

やはりカウンセリングを受けるなら異性より同性の方が良いと思う方が多いはずです。また、一般的に相談した場合の傾向として、男性は傾聴することより解決策を提示する傾向にありますが、女性は傾聴や共感を優先する傾向にあります。

カウンセリングを利用する人にとって、解決策を提示してもらうことも大切ですが、より大切になることはカウンセラー、つまり第三者に共感してもらうことであるはずです。

さらに、相談内容がストーカー被害や痴漢被害、子育てなどの場合も多くあります。そういった相談内容の場合、男性には相談しづらいです。女同士でないと共感は得づらいはずです。

一般的に男性より女性の方が会話が苦にならない傾向があるのも確かです。男性同士では何時間も長話しをする機会は少ないはずです。それに比べ、女性同士は何時間も長話しをする機会が多くあります。上記の理由により、男性カウンセラーより女性カウンセラーの方が需要が高いと予想されます。

正社員の悩みに応える心理カウンセラーの能力

正社員は比較的安定した雇用状態ですが、結果が求められますし、責任が大きければプレッシャーも大きくなりますから、心理的な負担が精神に影響を与えます。悩みが解決されず負担ばかりが大きくなれば、追い込まれた状況が長く続くので、精神的な負担が続きますし、心理カウンセラーが存在する事により、問題解決の近道になる可能性があります。

正社員にとって仕事は継続して行われますし、結果が出せなければ焦りが募りますから、必要な場合に心理カウンセラーが存在する事で、何時でも悩み相談で頼れる存在として活用出来ます。心理カウンセラーは話を聞く事が基本ですから、聞く事に徹する事が大切で、悩みを打ち明けられる信頼関係を実現する事や、話をする事で負担を軽く出来る事が提供できる価値になります。

企業や社会の状況が変化する事で、安定した正社員の状況を失う事は珍しくはなく、将来的な安定が保証されるとは限りませんから、正社員は価値を生み出せ無ければ安定した雇用を失う事に繋がります。

人が常に100%の能力を出せれば仕事の結果を残せますが、仕事やプライベートの悩みが影響を与えるので、自身で解決出来ない悩みがある場合は、専門家である心理カウンセラーが役立つ存在になり、社会的に重要な職業です。