心理カウンセラーの平均年収ってどれくらい

意外と人気の職業のひとつである心理カウンセラーですが、資格を習得する前に平均年収を確認する人も多いのではないでしょうか。

ここでは心理カウンセラーの平均年収について具体的にまとめています。

心理カウンセラーの平均年収とはどのくらいか

心理カウンセラーの年収と言うのは、どのような活動をするのかによって大きく異なる性質を持っています。この仕事だけで十分に生活していけるだけの収入を得ている人はそれほど多いものではなく、兼業で収入を得ている人も少なくはありません。

心理カウンセラーにはその様な現実があります。一般に専業で頑張っている人で年収300~400万円程度が平均年収であると言われています。

より収入の多い心理カウンセラーは兼業で副収入を持っているか、大学教授や公務員心理職など特殊な雇用形態である場合が多いです。相応の努力なくしては得られない立場ですので平均年収も高くなるのはある意味では当然のことであるかもしれません。

しかしこの様なケースはごくわずかです。非常勤の仕事を組み合わせて行くしかないケースも少なくありません。

女性の多い心理カウンセラーの場合、専業でも200万円以下の収入であるケースも少なくありません。独り立ちするには収入が乏しいケースも少なくなく、恵まれている環境にあるとは言えない状況にあります。

心理カウンセラーの多くはこの様な状態に置かれているため、この仕事を選ぶ場合には何らかの形で収入を増やす努力をしていく必要があると言えるでしょう。

心理カウンセラーの仕事内容について

心理カウンセラーは人の悩みに寄り添い、相談を受ける方のことです。しかし、人の相談に乗るには知識が必要になってきます。

心理カウンセラーには、スクールカウンセラーや産業カウンセラー、認定心理カウンセラー、臨床心理士や臨床発達心理士、心理相談員や認定心理士、学校心理士やひきこもり支援相談士などさまざまな種類がありますが、それぞれの仕事内容についてご紹介いたします。

スクールカウンセラーは活躍の場が学校となり、仕事内容としては、子供の相談や親の相談に乗ることです。相談に乗ることによって不登校になることを防ぐなど、親の支援をしていきます。また、産業カウンセラーは一般企業で心理カウンセラーとして働くことができます。

臨床心理士は医療機関や行政機関で働き、主に生徒の心のケアを行います。臨床発達心理士は幅広い世代の方の悩みを支援し、児童に関しては不登校やひきこもり、親世代に対しては育児や家族関係、高齢の世代に関しては老年期の問題など、さまざまな問題を支援します。

心理相談員は心理系や福祉系の面から支援し、認定心理士は福祉施設や医療施設で活躍します。学校心理は学校において生徒の心のケアを行い、ひきこもり支援相談士は、ひきこもりや不登校で悩む生徒の心のケアを行います。

心理カウンセラーの今後の課題は世間に認知されること

最近は心理カウンセラーに対する認知度といったものも上がってはきていますが、まだまだといってもいいでしょう。世間では多くの人が悩みを抱えて困っていますから、そういったことに役立つ心理カウンセラーはもっといてもいいはずです。

ですから、心理カウンセラーの今後の課題は世間に対して認知度を上げていくことといえるかもしれません。ただ、徐々にではありますが、人の心の病といったものに対する理解が変わってきているとはいえるでしょう。

これまではうつといったようなものは病ではなくて単にやる気がないだけといったような考え方が一般的でした。ですが、最近では徐々に心の病といったものに対して、それは病気なのだというような認識が出てくるようになっています。

ですから、心理カウンセラーの今後の課題は実績を上げていくことになるといえるかもしれません。心理カウンセラーによって多くの人が助かったという実績がでてくれば、それがすなわち認知されることにつながっていきます。

多くの人が悩んでいるだけに、実績を上げていくことは可能とはいえるでしょう。悩む人がなくなるといったことはないのでしょうが、悩む人が少なくなるというのは大きなことだといえるでしょう。

心理カウンセラーの活動領域の種類について

心理的な相談援助を行う人たちは、心理カウンセラーと呼ばれています。その呼称は様々な分野で使われているため、相談援助を行う人の中でも、資格を持つ人、資格を持たない人がまとめて心理カウンセラーと呼ばれているのが現状です。

心理カウンセラーが行う相談援助の過程が「カウンセリング」であり、これを行う者をカウンセラーと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエントと呼ぶという点は、有資格・無資格に関わらず共通しています。

カウンセラーに関わる資格は主に、大学・大学院・公的機関によるもの、学会認定によるもの、民間法人・団体認定のものがあります。

心理カウンセラーの活動領域は、精神病院・心療内科クリニック・がんセンターなどの医療領域、地方自治体が置いている教育相談センター。

私立校のスクールカウンセラーなどの教育領域、大学附属心理相談センター・予備校カウンセラーなどの大学研究所、児童相談所・子育て支援センターなどの福祉領域、家庭裁判所・少年院などの司法領域、企業内相談室などの産業領域と、多彩です。

無資格でもカウンセラーとして働くことは可能ですが、活動領域を広げ、より多くの現場に関わるためには有資格であると有利になります。また、活動領域が特定の分野に限定されておらず、現場では心理査定や検査が必要となることもあるため、幅広い知識や経験が必要になることが考えられます。

活動領域の中には、有資格を採用基準に置いている現場も少なくないため、カウンセラーに関わる数多くある資格の中でも幅広く認知されている臨床心理士資格を取得していると、活動の幅を広げやすくなります。

心理カウンセラーの一級を取得するなら

誰しも心には何らかの悩みを抱えているものですが、一人で悩み苦しんでいる人も少なくありません。そしてそうしたストレスから心身の健康に異常をきたしてしまう場合もあります。

悩み事は誰かに相談して話を聞いてもらったり、アドバイスを受けることで気持ちが楽になることがあります。そこで注目されているのが心理カウンセラーの仕事です。海外ではこうしたカウンセリングを受けることは珍しくありませんが、日本でも心理カウンセラーへの相談を利用する人は増えています。

心理カウンセラーは人の悩みに寄り添う仕事ですが、ただ悩みを聞くだけではプロになることはできません。プロとして活躍するためにはそれなりの勉強をしたり、資格を持つことも大切です。

心理カウンセラーは二級、一級がありますが、二級の場合は心理カウンセリングの基礎課程を学びます。そして一級の場合はより詳しい勉強を行うこととなり、カウンセラーに必要な知識や技術を身につけていくことになります。こうした講座は専門のスクールで学ぶことができます。

心理カウンセラーが活躍できる場所としては学校や一般企業など実に多くあります。プロを目指すなら出来るだけ質の良い講座を用意しているスクールを選びましょう。

心理カウンセラーの仕事で起業も可能

心理カウンセラーの仕事で起業をすることも可能です。ただ、そのためには多くの患者から信頼されるカウンセリングを行う必要がありますから、信用をつけることが必要となります。現状では副業として心理カウンセラーをはじめておき、多くの患者からの信用が得られるようになってから起業をするといったケースが多いようです。

心理カウンセラーの仕事はまだ認知され始めたばかりの段階といっていいでしょうから、これから発展する分野とも考えられます。これから、いろいろな人が起業をしてくることになりそうです。

そういった意味でも患者からの信用を獲得することが大切なことになっていきます。そのためには、地道に継続してカウンセリングをすることが大切となっていきます。

起業をしたからうまくいくというわけではありませんし、患者からの信用といったものは一朝一夕で出来るものではありません。それも多数の患者からの信用を得るためには、地道な努力を重ねていく必要があります。

その結果得られた信用は固いものになっていきます。患者から感謝されるやりがいのある仕事でもありますから、真剣にやる人にとってはこれ以上ない仕事となっていくことになるのかもしれません。

心理カウンセラーとして独立するためには

心理カウンセラーは、資格がなくても名乗ることは出来ますが、なんの知識も経験もない相手を信頼して悩み事を相談する方はほとんどいないでしょう。そのため、心理カウンセラーとして独立するためには、まず説得力としての資格の取得を目指すことが望ましいといえます。

では、資格さえとれば心理カウンセラーとして独立して仕事をすることができるのでしょうか。結論からいえば、それは難しいといえます。なぜなら、資格はあくまでも心理学など専門の勉強をしてきたという証であり、それを活かすためには経験が求められてくるからです。

経験を得るためには、病院や学校、相談施設など心理カウンセラーを必要とする職場に勤めることが一番です。そうした場所で、資格取得時に身につけた知識を活かして、毎日クライアントと接することでカウンセリング技術の向上も見込めますし、人脈を広げることにも繋がります。

また働いていく中で、自分がどのような悩みを専門とする心理カウンセラーになりたいのかが見えてくることもあるでしょう。人の悩みは千差万別ですので、一人の心理カウンセラーが全ての悩みに対応することは難しいため、どのような相談を専門とするのかが明確になることは、独立を考えた時に大切な要素となるのです。