心理カウンセラーと臨床心理士の違いについて

心理カウンセラーとよく似た職業の中に臨床心理士があります。

どちらかを志している人でもなかなかふたつの違いについてを説明するのは難しいと思いますが、ここではそれぞれの違いについて紹介しています。

心理カウンセラーと臨床心理士とはどう違うのか

心のケアに従事する職業として心理カウンセラーという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。この心理カウンセラーという肩書は実は特別な資格がなくても名乗ることができてしまいます。

一口に心理カウンセリングといってもその専門分野は広いため、ただ心理カウンセラーと言われても何を専門にしているのかはわかりません。そんな心理カウンセラーとは違い、臨床心理士というのはしっかりとした資格であり、確立された心理学系の職業名としても利用されます。

民間の資格の場合、試験にさえ合格してしまえば簡単に取得できるものが多いのですが、この臨床心理士という資格は指定された大学院を卒業していない場合は受験すらできないといった厳しい受験資格要件があるため、合格までの道のりが非常に厳しい分臨床心理士という資格に対する信頼感は高く、心理系の資格の中でも最も権威ある資格とされています。

ただし臨床心理士取得者が皆臨床心理士という肩書を名乗っているわけではありません。資格を持ったうえで官公庁の施設や企業などの相談員やカウンセラーを名乗って仕事をしている人が多いです。スクールカウンセラーなどはニュースなどでも取り上げられるのでわかりやすいですね。

臨床心理士会に所属する心理カウンセラー

ブラック企業が当たり前のように蔓延し、子育てもままならない現代社会は、まさにストレス社会と言うことができます。そのため、多くの人がストレスを抱える一方で、それを受け止めるための相談者が少ないのが現在の状況です。それゆえ、大半の人がストレスを抱えたままとなっているのではないでしょうか。

こで、現在では多大なストレスを抱える人を支援するために、心理カウンセラーと呼ばれる専門家がいます。しかし、この心理カウンセラーですが、そういった資格があるのではなく、臨床心理士や認定心理士等の資格を持った人、或いは無資格の人が勝手に心理カウンセラーと名乗っているのが現状です。

これらの専門家の中から最も相談するのに適しているのはどのカウンセラーなのか迷う人も多いことでしょう。一般的に、カウンセラーと呼ばれる人の中で最上級職と呼ばれるのが臨床心理士です。臨床心理士は指定大学院卒業し、その後、資格試験に合格した者だけがなれる専門職です。

また、資格取得後も各都道府県の臨床心理士会や、日本臨床心理士会等に所属し、日々、研修等に参加する等して、研鑽している心のスペシャリストでもあります。そのため、相談をするなら、臨床心理士が最適と考えることができます。

心理カウンセラーと臨床動作士の資格取得

心理カウンセラーが取り扱う技法にはさまざまなものがあります。そのなかでも、動作を通して心理的な問題を改善するための心理療法としては、九州大学の成瀬悟策教授が提唱した「臨床動作法」が知られています。

心と体は実は密接なつながりをもっており、心の不調和が体にあらわれるという事実を応用して、心理カウンセラーがクライアントの動作によって主訴の改善を促し、健康な生活が送れるようにするというものです。

この「臨床動作法」に関連した学会団体として、日本臨床動作学会があり、この学会では一定の基準を満たす会員に対して、資格認定委員会での審査にもとづく「臨床動作士」の認定を行っています。

この「臨床動作士」の資格を取得するためには、まず学会に加入するとともに、心理学・教育学・社会福祉学・医学などの学科を卒業し、心理カウンセラーなどとしての一定の経験をもっていることが前提となります。

この前提条件を満たした上で、学会が定めている所定の研修を受講することになりますが、この研修の受講歴はポイントで換算され、必修を含め150ポイント以上あることが必要です。ほかにも臨床ケース報告、学会への参加、認定講師の推薦などの条件があります。

学会ではこのほかにも、「動作学講師」や「認定動作士」といった資格制度をもっており、有資格者の多くは大学で働いていますが、ほかには病院、助産所、児童施設などがあります。

心理カウンセラーの隣接職種って何があるの

心理カウンセラーは主に心に悩みを抱えた人への援助を行いますが、心理カウンセラーとして学んだことはそれ以外にも様々な仕事に生かすことができます。ではカウンセラー以外に活かせる隣接職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

隣接職種としてまず考えられるのは対人援助に関わる仕事です。たとえば就労支援の場面では相談者が仕事についてだけではなく心の悩みも同時に抱えている場合がありますので心理カウンセラーの学びを活かすことができます。

介護職や看護職も対象者の身体だけではなく心にも関わりますから心理カウンセラーの学びは役に立つでしょう。その他に一見関連がないように思われる隣接職種としては販売接客業が挙げられます。

不特定多数のお客様のそれぞれ違った状況を踏まえ対応するためには相手の思いを汲んで相手の求めを把握することが必要で、それは相談者のことを理解し応答する心理カウンセラーと共通するものがあります。

また営業職も隣接職種として挙げられるでしょう。これもお客様の要望を的確に把握し、その要望に沿った対応をすることが求められるものなので、聴き方伝え方といったコミュニケーション能力が求められるこうした仕事においても心理カウンセラーで学んだことを活かす事ができるでしょう。

心理療法士とも呼ばれる心理カウンセラー

心理カウンセラーと言えば、現代のストレス社会において、悩みを持つ人のカウンセリングを行い、悩みを解決する専門職として知られています。その心理カウンセラーになるには特定の資格が必要であるわけではなく、無資格であってもそれを名乗ることはできます。

しかしながら、カウンセリングの専門教育を受けている人もおり、その代表的なものであるのが臨床心理士の有資格者です。

臨床心理士の資格を持つ人は、心理カウンセラーではなく、しばしば心理療法士と呼ばれることがあります。これは心理学を医療に応用しているのでこのように呼ばれているのかもしれません。

しかし、臨床心理士の中には、心理療法士の他、行動療法士と呼ばれる人や、遊戯療法士、精神分析療法士と呼ばれる人おり、実に様々な療法を行う人がいます。

どのように呼ばれるかは、それぞれの臨床心理士のスタンスや背景とする理論、対象者によって異なるものがありますが、いずれにしても、何らかの療法を行う専門職と捉えてもらえれば間違いないでしょう。

よく誤解されやすいのが、音楽療法や作業療法を行う人も臨床心理士と思われる時がありますが、それはまた違った職種であるので注意が必要と言えます。

臨床実務訓練経験で心理カウンセラーの能力を向上

臨床実務訓練は心理カウンセラーの価値を高める通過点で、能力があり資格が認められる事によりチャンスが得られますし、現場の経験に限らず能力を高める事が出来ますから、経験のステップアップとして活用する事に繋がります。

心理カウンセラーにも技術を高める事が求められますし、現場だけでは向上できる能力に限界がありますから、新しい経験が得られるチャンスである臨床実務訓練は、心理カウンセラーにとって逃す事が出来ない訓練です。

臨床実務訓練を経験する事によって、心理カウンセラーの経験は磨かれますから、将来的な転職でも有利になりますし、更に条件が良い仕事を求める事も可能になります。

収入が増える事でモチベーションも増加しますし、安心出来る生活を求める場合も大切な要素なので、臨床実務訓練を前向きに考える事により、将来の安心出来る生活が得られます。

心理カウンセラーの世界で仕事を続ける為には、継続的な技術の向上が重要ですし、現状で満足を行えば収入の増加は見込めませんから、意識を高めて仕事や技術アップに取り組む事が必要です。

臨床実務訓練のチャンスは技術力アップの一つに過ぎませんから、他の方法でも価値を高める事は可能ですが、価値のある経験である事に変わりはないので、心理カウンセラーが持つ価値を高める事ができます。