心理カウンセラーと精神科医の違いについて

心理カウンセラーは人の深い悩みを聞いて解決に導いてあげるお仕事ですが、それって精神科医と何が違うのでしょうか?

ここでは心理カウンセラーと精神科医の違いについて解説しています。

心理カウンセラーと精神科医の大きな違い

心理カウンセラーと混同されてしまうことも多い精神科医ですが、2つは大きな違いがあります。心の問題を扱うところは2つの似ているところですが、クライアントに対する治療の仕方が大きく違います。ウツ病や統合失調症などの心の病にかかってしまった人に対して、心理カウンセラーは心理学者の立場で治療します。

成長モデルでクライアントを捉えます。成長モデルが何かと言えば、クライアントに心の問題を乗り越える力があると見ることです。例えばウツ病になってしまった人がいるとします。精神科医はウツ病を治します。具体的には薬物療法を行ったりします。

心理カウンセラーは、ウツ病になってしまった人に対して、そんな自分をどのように受け入れるか、またウツ病になってしまった状態で何ができるか、ウツ病になってしまったからこそできることは何かなどを、クライアントと一緒に考えます。

一方、精神科医は医学者の立場で治療します。医学においては分子レベルでウツ病になってしまった人を見る、つまりその人に薬物療法などを行います。また、精神分析などの精神療法も行います。心理カウンセラーは薬物を扱うことはできませんから、薬物療法を行うことはできません。

健康分野で活動する心理カウンセラーのための健康心理士資格

近年ではメタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病の蔓延が深刻になっていますが、これは暴飲暴食などの生活習慣とともに、そうした生活習慣を生み出した心理的なストレスの課題を露わにしたものともいえます。

心理学的なアプローチで健康の維持や疾病の予防を行う心理カウンセラーのしごとは重要ですが、この分野での適切な知識をもっていることを証明する民間資格のひとつが、「健康心理士」とよばれるものです。

「健康心理士」は、日本健康心理学会が認定を行う資格で、同学会の正会員または準会員を対象とし、面接試験・筆記試験によって審査されます。「健康心理士」としての心理カウンセラーの活動内容は、観察・テスト・面接などを通じたアセスメントやカウンセリング、健康教育プログラムの作成が主なものです。

学会の基準を満たした4年制大学の健康心理学科などの出身者は面接試験のみですが、それ以外の心理学関連の学科の出身者については、面接と筆記試験の両方となります。

これらを満たさない他の学科の出身者や、職場での心理カウンセラーなどとしての一定の実務経験を条件として受験しようとする場合には、面接・筆記試験に加えて、心理学検定2級以上という制約があります。

行動療法士としての心理カウンセラーについて

一般的に心理カウンセラーは、心理カウンセラーという資格があるわけではなく、様々な資格や理論を背景としてカウンセリングを行っています。しかしながら、心理カウンセラーの中でも信頼のおける資格を取得している人がいます。それが臨床心理士の有資格者です。

臨床心理士は指定大学院を卒業し、その後、資格試験に合格した者だけがなることができます。また、指定大学院に通っている間、理論や実践を学んでいるため、カウンセリングについてはかなり熟練した存在と言えます。そうした臨床心理士の中には行動療法を学び、行動療法士として働いている人もいます。

行動療法士として働いている臨床心理士は、カウンセリングを行いながら、相談に来られた方の不適切な行動を、条件付け等を用いて修正していきます。不適切な行動とは、わかりやすく言えば、高所恐怖症や広場恐怖、パニック障害、強迫性障害等があります。

これらの恐怖症や症状は、行動療法でかなりの改善をすることが認められており、アメリカでは行動改善の方法として主流となっており、それが日本にも伝わって、現在、注目されています。これと類似のものとして、認知行動療法もあり、ストレス社会に大いに役立つものとして、認知行動療法を扱う心理カウンセラーもまた注目されています。

心理カウンセラーの一種「交通心理士」とは

様々な資格のある「心理カウンセラー」ですが、特に交通に関する心理カウンセリングを専門に行う人を「交通心理士」と呼びます。厳密に言うと、交通心理士は心理カウンセラーの資格ではありませんが、現代の車社会において欠かすことの出来ない役割を担っています。

交通心理士の主な仕事は、「交通心理学」に関する研究です。最近では、車の運転者や歩行者の安全性確保、環境への配慮、そして車で移動する際の快適性や利便性に関する研究もなされています。また、交通心理学に関する心理カウンセラーとして、高齢化社会が進む日本において、高齢者がどのように交通に向き合うかについての研究や講習会なども催されています。

特に、高齢ドライバーは視力や認知力の低下により、重大な事故を引き起こす危険性が高くなります。そのため、高齢ドライバーに対する運転免許更新時講習に用いる新たな教育プログラムの開発も進められています。これによって、高齢化社会に柔軟に対応出来る教育方法が完成しつつあります。

また、車を運転する人の大半が出来ていない「一時停止」に関する交通指導も行っています。車が一時停止を怠ることで起こる事故は多数あります。交通安全に対する指導も、交通心理士の大事な役割です。

心理カウンセラーである交流分析士とは

交流分析士とは心理カウンセラー系資格の一つで、アメリカのエリック・バーンという名の精神分析科医が創った行動パターンから人間の心理を理解しようとした交流分析という分析方法を取得したものに贈られます。交流分析はTAとも表記されます。これは英語のTransactionl Analysisの略称になります。

TAは自律性を達成させることを目指すという特徴を持っています。エリック・バーンが定義する自律した存在としての人間の定義は自己を理解し、気づく事が出来る存在であるというものになります。

ここで言う気づきは自己を理解したうえで現状を楽しむこと、自発的な行動ができる事、他人と利害ではない暖かで誠実なやり取りができる事を言います。心理カウンセラー系の民間資格である交流分析士を取得するためには、まず日本交流分析学会に入会する必要があります。

入会は誰でもできるわけではなく、心理関連の職業に就いているか大学の学部以上もしくはそれと同じレベルの学識を有していると認められる必要があります。

そして入会した後で学会で2回以上の発表、学会誌等で1篇の著書作成、心理カウンセラー業務を実施経験5例、交流分析を利用した自己分析の実行、学会もしくは研修会への参加、学会に認定された研修スーパーバイザーによる推薦状の提出などで資格取得の申請を行い、書類選考にて合否が判定されます

心理カウンセラーと子育て心理カウンセラーの違いとは

心理カウンセラーとは悩みを抱えている方の相談を受けて、アドバイスを行う専門職のことです。相談者側としては心に深い悩みを抱えていても、精神科を受診することには抵抗があるという方が多いでしょう。その点心理カウンセラーなら気軽に相談できますし、誰かに悩みを打ち明けるだけでも気分がラクになるでしょう。

心理カウンセラーはただ悩みを聞くだけではなく、悩みを解決させるためのアドバイスも行います。自分の考えを押し付けたのでは正しいカウンセリングとは言えませんね。そのため心理カウンセラーになるためには、専門的な勉強をして資格を取得する必要があります。

大学や専門学校に進学して数年掛けて勉強する方もいますが、通信教育を利用して民間の資格を取得することも可能です。通信教育は仕事をしながら自宅学習が可能というメリットがあります。

子育てが一段落して社会に復帰したいという女性なら、子育て心理カウンセラーを目指してはいかがでしょうか?自分が経験してきた子育てに関する悩みを聞いてあげて、適切なアドバイスを行う仕事ですから、やりがいがありますね。

子育て心理カウンセラーになるには、自分の経験だけでなく専門的な学習も必要です。子育てに悩む女性をサポートしたい方は資格取得を目指しましょう。