心理カウンセラーにも資格がある

心理カウンセラーとして働く場合は資格を持っていた方が便利です。

資格にもいくつかの種類がありますが、ここでは心理カウンセラーの資格の種類や要件などについてまとめています。

心理カウンセラーの資格の種類はどれほどあるか

人間には、様々な悩みがあります。その悩みに寄り添う職業が心理カウンセラーと言います。現在、心理カウンセラーは様々な場面や場所で活躍しています。そんな心理カウンセラーの資格の種類について紹介していきます。

最近、深刻な問題になっている学校でのいじめの問題。いじめで傷ついて不登校になる子や問題を起こす子に対してや、親が子育てに悩みを抱えていたりなどの場合に、専門の心理学知識を用いて心理相談を行うカウンセラーをスクールカウンセラーと呼びます。その他にも引きこもり支援員や学校心理、臨床発達心理士などもあります。

世界でも話題になっている日本の過労死の問題。働く人たちの悩みを専門の心理学的手法を用いて、抱えている悩みや問題を自らの力で解決できるように援助するカウンセラーを産業カウンセラーと呼びます。

先ほど述べたいじめや働きすぎによってやその他数ある悩みで、自殺するほどに追い込まれている方が多く、自殺までに至らないまでも精神疾患になっている方が多い中で、その悩みに寄り添い精神健康の回復や援助を行っているカウンセラーを臨床心理士と呼びます。

心理カウンセラーには、このほかにも様々な資格の種類があって、その分色々な知識もつけなければなりません。しかし、心理カウンセラーは人を救うことができるとても素晴らしい職業なのです。

心理カウンセラーの資格一覧をチェック

心理学を学んだ人が就くことができる職業に心理カウンセラーがあります。心理カウンセラーの場合は看護師や薬剤師とは違って国家資格を取得するわけではありません。

資格がなくても心理学を習得している人なら心理カウンセラーとして働くことは可能です。しかし、実際には資格を持っていないと相談者側としては信頼することができませんね。

心理学に関係する資格にはいくつかの種類があります。心理カウンセラーになって人の相談にのって上げたいと思ったら、資格一覧をチェックして自分に合う資格を見つけることから始めましょう。大学等の教育機関に通って取得する資格には、臨床心理士や臨床発達心理士、産業カウンセラー、認定心理士等があります。

学会が認定している資格には応用心理士をはじめ認定カウンセラー、家族相談士、行動療法士等多くの資格があります。さらに民間の団体が発行している資格もあります。

特別支援教育士やメンタル心理カウンセラー、チャイルドカウンセラー、子育て心理カウンセラー、メンタルケアアドバイザー、コミュニケーション心理士等、実に多くの資格があります。カンセラーとして本格的に活動したい方は、資格一覧で知った資格の中から複数を取得するのもいいでしょう。

心理カウンセラーの資格と資格付与基準について

心理カウンセラーにはさまざまな協会や任意団体などが独自の資格を設けていて、多くの任意資格があります。このような状態では、カウンセラーの養成カリキュラムの質の高いものや手軽なものが混ざり合ってしまいます。

そこで、カウンセラーの資質や基準を明確にし、安心して心のケアサービスを受けられるように、全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」が制定されました。

この認定資格のカリキュラムは、スキル教育、実習教育、プロフェッショナル適正教育の3つからなります。カウンセラーとしての現場実習は650時間必要としていて、資格取得のための履修時間は、他の類似資格と比べても多いのが特徴です。

資格には「上級」と「一般」があり、上級はプロにふさわしい基準で、一般は心理カウンセラーとして働くベースラインになります。

プロフェッショナル心理カウンセラーの資格付与基準についですが、受験資格は認定教育機関で定められた履修カリキュラムを修了し、推薦を受ける必要があります。資格試験は筆記試験と口頭試問があります。「一般」では一次試験で筆記、二次試験で口頭試問が行われます。

「上級」では「一般」とおなじ筆記と口頭試問に、一次試験で小論文が加わります。資格付与基準に当てはまり、資格試験に合格することで、資格を得ることができます。

心理カウンセラーとなる資格要件とは

悩み多き現代社会、多くの人の悩みを解決する助けになりたいと思い、そのために心理カウンセラーになるためにはどういう資格を取得すればいいのだろう、と考えている人もいるでしょう。結論から先に申し上げますと、心理カウンセラーになるための資格要件は何と「ない」のです。

社会には数多くの資格があり、その中には資格を持たなければ名乗れない「名称独占」や、資格がなければその業務をすることが法律上許されない「業務独占」のものも多く、だからこそ資格を取るべく人は努力します。

しかし、心理カウンセラーは、極端な話「文筆業」「詩人」と同じく、勝手に名乗ってもカウンセリングをしても法律には触れることはありません。

心理学関係の資格で最も有名で権威ある「臨床心理士」(これさえも国家資格ではありませんが)は、この資格を有する人を求める職場が多いのは事実ですが、カウンセリング行為自体に資格要件がある訳ではないのです。

以上のように、この「業界」では統一された資格が存在しません。そこで、心理カウンセラーとしてのスキルを磨きたいと考えている方は、いわゆる「士商法」への注意が必要です。その団体でしか社会的に認められていない「資格」を売ろうとしている団体も少なくないのです。

心理カウンセラーに必要な資格について

心理カウンセラーといっても、さまざまな種類があります。自分がどの心理カウンセラーになりたいかによって必要な資格が変わってきますので、自分がどの心理カウンセラーになりたいのか、それを初めに明確にすることが第一歩です。

心理カウンセラーの種類としては、スクールカウンセラー、産業カウンセラー、認定心理カウンセラー、臨床心理士、心理相談員、臨床発達心理士、認定心理士、学校心理士、ひきこもり支援心理士があります。例えば、産業カウンセラーでは、社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格をとることが望ましいとされています。

学校心理士では、学校心理士運営認定機構が認定している民間資格を取る必要があり、この資格を取得するためには大学と大学院で学校心理学関係の科目を取得する必要があります。またこの資格を持っていると準スクールカウンセラーという職に就くことができます。

臨床心理士は文部科学省が認定している財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定している資格を取得する必要があり、こちらは国家資格でなく民間資格になりますが、この資格を持っていないと公立学校のスクールカウンセラーになることはできません。この資格を取得する条件は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が指定している大学院を卒業していることです。

どの心理カウンセラーになりたいか見極めて、必要な資格を目指すことが大切です。

心理カウンセラーには民間資格が有ります

心理カウンセラーは心に悩みを持つ人の相談に応じる職業であり、治療に役立てられていると言います。人は心に悩みを抱えることで身体の一部に病気が発生し、病気の治療を行っても心の問題を解決しなければ病気の治療には繋がらないと言われています。

心理カウンセラーの仕事は、相手との対話により相手の悩みや不安感を取り除くと同時に、病気の原因となるものを探し出すのが仕事であり、相手が置かれている状況、立場と言ったことを考慮して、総合的に判断をしなければならない仕事でもあるのです。

尚、心理カウンセラーと言うのは国家資格と言うものは有りません。しかし、民間資格というものがあるのが特徴です。但し、民間資格は必ずしも必要とはされませんが、就職先の中には民間資格を保有している事が条件になっているケースが有ると言われているのです。

では、どのようにすれば民間資格を得ることが出来るのでしょうか。

資格には、財団法人の日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格する事で資格を得ることが出来るのですが、試験を受けるための資格というのがあり、この協会が指定を行っている大学院の修士課程、専門職の大学院の修了課程などが条件になっているのが特徴です。