心理カウンセラーへ相談する場合の心構えや内容

心理カウンセラーは心の悩みを相談し、解決に導いてくれます。

初めての相談の場合、緊張してしまう人も多いでしょうが、ここでは心理カウンセラーへ相談する場合の心構えや内容についてまとめています。

心理カウンセラーへの相談が増えている

最近は心理カウンセラーに相談をする人が増えているといったことがいえます。

人の心理というものが健康などに影響を与えるということがわかるようにもなってきているので、心理カウンセラーに対する期待が高まってきているといったことがありますし、ストレスが多い社会となっていますから、いろいろな悩みを抱えている人がそれだけ多いといったことが背景にあると考えられます。

これまで、悩みなどの心理的な病について相談をするところはありませんでした。精神科医といったものもありましたが、精神科は精神の働きについて医療行為を行うのですが、薬などの投薬は行うのですが、患者の心的なケアといったものはそれほど重視されていませんでした。

そのため、患者の話をじっくりときくカウンセリングといったものはそれほど多くの時間を割いてはいませんでした。ですが、心理カウンセラーはカウンセリングというものを重視していて、患者のはなしをじっくりと聞くことから始まります。

話を聞いたうえで、助言であったりというようなカウンセリングとなっていきましょう。人の悩みの大半は話を聞いてもらうことで解決するともいわれています。話を聞くということはそれだけでも効果があることで大切なことなのです。

心理カウンセラーの資格を取って相談員になろう

心の悩み、人間関係の悩みなどひとしれず相談できない悩みというのは誰しももっているものですが、その悩みが強くなりすぎて普段の生活にまで影響を及ぼすことがあります。こういった方のために心理カウンセラーの資格を取って相談員になってみませんか。

悩み相談というと普段からやっていると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には専門的な知識、技術を学ぶ必要があります。そうしないと適切な対応が取れないのです。そのためにもまずは心理カウンセラーについての勉強をお勧めします。

どんなことを学ぶのかというと、まず知識としてカウンセリングとはどういうものか、心理的不調になるとどのような状況になるのか、悩みが強くなりすぎると病気と診断される場合がありますので、病院に繋ぐための精神疾患の知識、そのほか働く人のための支援としての法律的知識などを幅広く学びます。

そして欠かせないのが実習とのいうべきカウンセリングのスキルの学びです。人の話の聞き方、受け答えの仕方、記録のとりかたなど本で読んだり講義をただ聞いただけでは身につけられないことを実習を通して学びます。

こうした勉強をすることではれて心理カウンセラーとしてその人が前に進むお手伝いができる相談員になることができるのです。

心理カウンセラーに寄せられる相談内容

ストレス社会の中、心理カウンセラーに相談したいという人が増えています。心理カウンセラーに寄せられる相談内容としては、メンタル的なことや自己実現に関すること、心の病気に関することなどです。メンタル的なことの中には、ストレスが原因であることなどがあります。

ストレスには色々なものがあります。日常のちょっとした苛立ち、生活の変化、そして大事故や大災害などの影響が挙げられるでしょう。それから、学校のクラスメイトや会社の人とのトラブル、いじめ・無視、パワハラ・セクハラなども挙げられるでしょう。

また、勉強や仕事の負荷もあります。さらに家族との不和、家族の死、離婚、介護・子育てなどもあります。

この他、お金のトラブルなどもあります。自己実現に関することとしては、自分を受け入れることができないなどという悩みです。この病気に関することとしては、ウツ病や統合失調症などの悩みです。

このように様々な相談内容のものが、心理カウンセラーに寄せられます。ひきこもりから脱したい、あがり症をどうにかしたい、 孤独で涙が出てくると相談する人もいます。グチを聞いて欲しい、考えがまとまらないから相談に乗って欲しいという人もいます。

収入の相場と心理カウンセラーの環境条件

収入は仕事の対価として発生しますから、心理カウンセラーの収入にも相場はありますし、基準を知る事は求人とのマッチングで欠かせないので、予め情報を知る事が大切です。仕事は継続的に行われるので、働き易さは条件として心理カウンセラーにも必要ですし、環境が良ければ前向きに働く事が出来ますから、収入の相場と併せて考える事が必要です。

心理カウンセラーの業界も人材的な価値が求められるので、常に能力を磨く事は欠かせず、収入の相場に見合う価値を高める為には、積極的な学習が心理カウンセラーにも重要になります。学ぶべき事があれば、意欲次第で継続的な学習が行えますから、収入に見合う働きが行えますし、価値の向上によって相場以上の収入に繋がります。

信頼を得る事が出来れば、心理カウンセラーとして価値を高める事になりますし、新しい仕事に結び付く価値が得られるので、今後の可能性を広げる事が可能になります。

仕事の環境に不満が発生した場合は、コネクションを持つ事で転職が有利になるので、人材として価値があれば仕事の選び方が広がりますから、高額な収入を得る事も心理カウンセラーとして不可能ではなくなりますし、相場以上の収入を得る事が現実に出来ます。

信頼できる心理カウンセラーを探す方法

心理カウンセラーを探すときには、信頼できる医療機関に相談を行ってみるとよいでしょう。
心理カウンセラーとして活躍している方でも、持っている実力は違ってきます。
勉強して数日で取得できる資格を持っていても、心理学についての知識が不足しており、心の悩みを解消することはできません。
十分な知識を持っていないと、精神的な混乱を引き起こす可能性がありますので、医療機関に聞いておくとよいでしょう。

医療機関から紹介された心理カウンセラーであれば、十分な経験と知識を積んでいるため、心の状態を安定させられるようになるのです。
相談することで、冷静に自身の状態を見返すことができますし、心の悩みを持っている方でも前向きに生きていけるようになるのです。

医療機関によっては、院内に心理カウンセラーを常駐させていることもあるため、自身で探す手間もなくなってくるでしょう。
忙しい医師に変わって、悩みの相談に乗ってもらう事ができ、薬に頼った治療を受けずに済むようになるのです。
心の悩みもしっかりと聞いてもらったうえで安定を取り戻したいときには、事前に心理カウンセラーを探しておくとよいです
この時、実績を持っているのかに注目することで、心の状態も健康に変えていけるようになります。

成功する心理カウンセラーの選び方

心理カウンセラーといえど、臨床心理士や交流分析士、行動療法士、家族相談士、産業カウンセラー、キャリアカウンセラー、心理相談員、教育カウンセラーなど、様々な資格があります。日本では、カウンセラーという職業には国家資格はないため、カウンセラーという資格は民間の団体などが独自の基準において認定しているものです。

自分に合う心理カウンセラーを探す場合、適切な選び方をしなければ失敗してしまいます。まず、どのような資格を持っているカウンセラーかを確認し、取得している資格からどのような知識と専門性を持っているかを判断します。カウンセリングは、非常に幅が広い分野であるので、専門性をあらかじめ把握しておくことは大切ですが、心理カウンセラーは知識が豊富であればよいというものではありません。相談者との相性やカウンセラー自身の性格や考え方、経験や姿勢が大切です。

心理カウンセラーの選び方で最も重要なのが、信頼関係が築けるかということです。カウンセリングというものは、心理的な問題の解決や解消が目的ですが、カウンセラーの選択は、相談者の人生にとっても大きな選択になることが少なくありません。そのため、できるだけ複数の心理カウンセラーと電話や面談をするなりして、自分に合う心理カウンセラーを選ぶと安心です。